ベストなベスト

久々にirorihaお洋服紹介です。



モスグリーンのベスト。
いやん、これまた可愛らしい。
カクカクしたボタンが3つついております。

背中の方はというと…



まぁ、なんて可愛い、もこもこ具合。ネイビーが素敵。
irorihaさん、毎度のことながら1点ものなのでお早目に。
ハンドメイドで丁寧に丁寧に作られております。
お値段¥2900 サイズは80
sold out
よかばい、こりゃよかばい。

ロールロールロール

210-1622_sub4

すっかり秋。そろそろ冬。
だいぶ寒さが身に染みる今日この頃。

本日ご紹介するのは、ウメノ雑貨店の1番バッター
かぐらやロールさんです。
ウメノ雑貨店の人気者です。
DSCN2789
非常に便利なこのロール。
もともとは1本の長い筒状の布で
自分で好きな長さに切って楽しむことが出来る優れものです。
もちろん切ってもほつれません。
私は真ん中から切ってアームウォーマーとして使用中。
クシュクシュさせて裾からボーダーをチラ見せすると可愛いのです。
そして何より暖かい(これにつきます)
切らなければマフラーに…、飽きてしまったら子どものレッグウォーマーに…
またまた飽きてしまったらチャイルドシートやベビーカーの紐部分に装着したり…
使い方は色々、あなた次第なのです。

本日の夕飯



帰宅すると、なななんとT氏が作ってくれていました。
お風呂も沸かしてありまして、洗濯も取り込んでくれておりました。
楽チン…
ありがたい限りです。

気になるメニューは
もやしと豆腐のスープ
キャベツの豚肉炒め
ちくわピーマン和え
息子には小さいおにぎりシリーズ

働く世のお父様方
嬉しいものですよ、こんなサプライズ。
まずくても、この気持ちが大事です。
いいですか?もう一度言います。
まずくても、この気持ちが大事なんです。

ごちそうさまでした。
そして、ありがとうございました。
(この場を借りて御礼申し上げます事をお許し下さい テヘ)

ピエロさんに変身だ



入荷しました。
なんとも可愛らしいタートルとパンツの登場です。

ピエロが着用していそうなネイビーのタートル
サンタさんのネイビーバージョンと表現してもいいかな。

大人じゃ着こなすのは到底無理ですが、子供ならなんのその。
肌触りもよく、これ一枚で注目の的になること間違いなし。
うーん。娘にも一枚購入しちゃおうか…ウズウズ

もうひとつはパンツ



正体不明のものがぶら下がっておりますが…
これ揺れるとリンリン♪と、地味に鈴の音がします。
私も届いてから発見しました(なんとも嬉しい誤算です)
男の子にももちろんオススメです。

タートル(ネイビー) 
・XS(80)S(90)M(100)L(110)¥2580
パンツ(ブラウン・チャコール)
・XS(80)S(90)M(100)L(110)¥3320


ハンカチーフ(入荷済)

黒猫のハンカチーフのご紹介です。


280mm×390mm / 綿100% / 二重ガーゼ
¥630


この絵は1891年生まれの洋画家、童画家の清水良雄さんの作品。
控えめで賢そうな黒猫はどことなくクラッシックな雰囲気。
素材は二重ガーゼなので肌触りがよく、赤ちゃんにも◎
大人も思わずスリスリしたくなる気持ち良さです。

黒猫ってミステリアスでなんだか惹かれるんですよね。
お気に入りの一枚になりそうです。


お向かいさん



開店祝いにコレいただいちゃいましたーーー。
ありがとうございます。



八女女(ヤメジョ)の皆様に朗報。
ウメノ雑貨店のお向かいさん(㊨斜め前)はただ今改装中。
なんとお洋服や雑貨のお店が出来るんです。
ありがたやーありがたやー
素敵なオーナーさんが揃える、これまた素敵なお洋服に雑貨…
早く出来ないものかと首を長くして待っております。
私がちらちらチェックしときますので、きっと速報でお知らせできるかと思います。

ケーキは家族でバクバク頂きました。
ごちそうさまでした。

ドバドバちゃんと少女M

本日の小さなお客様

Mちゃん2歳
赤のタータンチェックを羽織って登場。
店のマスコットどばどばちゃんとの一枚です。
グリーンのベレー帽をお買い上げ。



後姿はこんな感じ。
ボンボンがナイス。



ますますのお洒落ガールになりました。
キャワイイっ、お買い上げありがとうございました。

女子用TOPS



本日ご紹介いたしますのは
ビタミンカラーのとっくりTOPSであります。(本当はオニュTシャツといいます)
いやー女子はカワイイ。
この子はどう見ても外国の香りがしますが
THE 日本人が着用しても可愛いに決まってます。

名前の通り首元まであるので暖かだし
生地もしっかりしているのでお部屋の中なら一枚でも◎
袖、首もとがブリブリになっておりますので重ね着でチラ見せするのもいいですね。

シンプルですが、このただのシンプルってやつがJAPAN製品にはなかなかないんですよ。そうですよね?世のお母様方。

size 100~140まであり。お値段¥1980-

※尚、インポート商品の為、ジャストフィットに作られているのが特徴です。
お買い求めの際は通常着ているサイズの1~2サイズ上をオススメしています。
ご確認の上お買い求めください。

匠の技を

佐賀県西部、日本磁器発祥の地としてしられる有田町。

有田焼といえば誰もが一度は聞いたことのある焼き物ではないでしょうか。

私の持つイメージとしては、

古風、豪華、伝統、高価、古伊万里、骨董、なんでも鑑定団、素敵やん。の人…

まぁ、こんな感じでしょうか。

豪華絢爛なデザインも生活を優雅にしてくれそうですが
大事なお皿やマグ、割れないようにと飾るだけでは、本来の意味をなくしてしまい
どうももったいない。使ってなんぼ。そう思います。

私どもウメノ雑貨店が提案するのは生活により密着したもの。
シンプルで飽きのこないデザイン、それでいて丈夫、なのにちゃっかり有田焼。
窯元さんとじっくり話し合い、色や形、何度も試行錯誤し作りあげたマグ。
昨日ようやく届きました。



お色はblue,red,greenの3色。
お値段は¥2500-
容量200㏄

(…→こね→成形→素焼→絵付→本焼→…)とういうように各工程ごとに、担当の職人さんが次々と作り上げていく窯元さんに比べ、こちらは最初から最後までの工程をすべてひとりでされています。
オンリーワン!!!職人魂ここにあり。
※全ての工程を紹介すると気が遠くなりそうなのではしょります。

ひとつひとつ少しずつ色が違うのはこのためです。
機械ではできませんから。
窯元さんにお願いして、お値段も有田焼ではありえない価格で提供いたします。

最近たて続けにお茶碗やお皿やコップを割ったり欠けさせたりしている私。
雑なんです。
サンプルのマグもいつものようにガッチャンガッチャン洗ってやりました。
最近では割ってやろうという勢いでガッチャンガッチャンさせておりますが
欠けもしない。息子や娘が雑に乾杯ごっこしても大丈夫でした。
(もちろん本気で割ろうと思えば割れます)
非常に優秀に仕上がっております。



マグの底には王冠とARITAのロゴを刻印。
有田焼=陶器の王様
だと思っていたので、ブランド名はARITA-KING.
手にすっぽりおさまる大きさです。
今回登場したのはほんの第1段…

さてさてARITA-KING 本日より取扱開始いたします。