トタンの米びつ

『平松洋子の台所』平松洋子さんご愛用の様々なキッチン用品が紹介されているエッセイに出てきます。
その表紙となっているのがこちらのブリキの米櫃(びつ)です。

東京蔵前のトタン工場で一点一点手づくりしているトタン製品。鉄板に亜鉛メッキを施したトタン板は耐久性が高く、中に収納したものを、湿気やほこりから守ってくれます。昔ながらの米びつは、靴や小物を収納するのにちょうど良い大きさ。ネームフォルダーを付けることで収納ボックスとしても使えます。








東京の下町にある、木造モルタルの町工場。
ここで、トタン製品が作られています。
開業は昭和21年。工場の中には、大きなプレス機などの機械のほか、
型、材料の鉄の板、道具が所狭しと置かれています。

こちらの工場では、鉄板に亜鉛メッキをほどこしたトタンの板を使っています。
トタンは水や火に強く、中に入れたものを湿気から守ります。
トタン製品を作る工程は、まず板を切り、型に合わせて切断機で切ります。
続いて、端を曲げて形成し、パーツを付けて出来上がります。
すべての工程が手作業。丈夫で、長持ち。職人さんのぬくもりが感じられる生活道具です。
変わらないデザインです。年を経るごとに変色しても、品質は変わりません。

こうやって大事に使えば、ピカピカだったトタンはくすみを増しぐっと味わいぶかくなります。

トタン米びつ7㎏ ¥3700+tax
トタン米びつ15㎏ ¥4600+tax

一生使えると思ったら安いのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です