ARITA-KING

先日お越し下さったお客様のお話。

5/1移転オープンしてドキドキしながらお店にたったあの日。
ご家族連れでお越しになったK様一家。
13664782_632460540263743_1008133762_n
その時、当店オリジナルのARITA-KINGに一目ぼれしてくださってお買い求めいただきました。
遠く上海に住んでいらっしゃるそうです。
K様にはその時在庫のなかったレッドとターコイズをご予約していただいていました。
今回出来上がったので2か月ぶりにはるばる上海より取りに来て頂いたという訳です。
マグのデザイン、カラー、サイズ、どれも誉めてくださいまして感激。
aritaking2
モノづくりに関しては、調味料も何でもそうなのですが、簡単に出来るものではありません。
4年前にARITA-KINGを作った時、何度も何度もやり直しをお願いし、窯元さんを困らせたりもしました。
でも妥協せず作ったので出来上がった時はとても嬉しかったし、4年経つ今も大切にしている商品のひとつになっています。
aritaking02
K様よりお礼のメールをいただきましたのでかいつまんでご紹介。

こちらは今日上海に戻り早速今回買ったARITA-KINGで珈琲を一杯飲みました。
中国は日本でもよく報道されている通りストレスが溜まる国ですので
”どのカップでコーヒーを飲もうか”と考える事が実は大きなストレス解消に
なっていることが自分で分かりました。
今回の3つのカップがまた貢献してくれる事と思います。
本当にいい物だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


なんて嬉しいお言葉でしょう。まさかアリタキングが上海に行くことになるなんて思ってもみませんでしたが、自分たちが遠くへ行けない分、分身のような商品たちが色々なところへと旅立っていくというのは感慨深いものです。

マグの中では決して安いものではありません。しかし一点一点、気の遠くなる様な過程を経て出来ています。
私の思い過ごしかもしれませんが(笑)ARITA-KINGは大切に使って下さる方に多く出会っているマグのような気がします。
これからも大切に育てていきたいと思います。K様ありがとうございました。


131_58_2_1_1438052355
※変化のある釉薬を使用しているため、色に個体差があります。
約Φ80mm×H80mm/200㏄(10分目)
電子レンジ・食洗機 使用可
直火・オーブン   使用不可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です