白鳥缶切

意外な人気もの、こちら。
DSCN4378
白鳥缶切です。
再入荷を繰り返している意外な商品なのですが、このレトロなパッケージがまた可愛い。
そして中はというと、愛らしい白鳥のなんともとぼけたお顔がナイスです。
DSCN4375
缶切なのでこの鋭いグサッと刺すところがなくちゃ話になりませんね。くちばしは栓抜きにもなります。日本の缶詰は親切なので缶切なしでも開けられるタイプがほとんどですよね。でもたまに、缶切りがなくちゃ開けられない缶詰に遭遇するんですよねぇ。外国のお土産とかだと、ほとんど缶切がいるタイプです。
そんな時の為に、是非こちらを!サイズも小さいので邪魔になることはないですよ。
DSCN4376
昔は桃の缶詰もミカンの缶詰も缶切で開けるのが普通でしたが、時代は変わりましたね。若人たちは缶切りの使い方しらないのではなかろうかと思います。
今ではこの開ける作業がなんとも貴重で楽しかったりするのかもしれません。缶が開く音っていうんですかね、あれ、嫌いじゃないですけどね。
DSCN4379
パッケージの裏側には親切丁寧な説明書きがございます。昔から変わってないパッケージなんでしょうね。お値段も昔から変わってないのでしょうね。
216円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です