香典返し

3連休!!

って気づいた時はすでに前日でした。

慌ただしい日々をさらに慌ただしくさせたのは豪雨。

毎年恒例のーって言葉は使いたくないくらいの毎年具合で、被害にあわれた方を想うと胸が痛みます。

命があった、それだけで。とテレビでもおっしゃってますが、家や車を失ったら並大抵のことでは立ち直れないですよね。

でも、そのくらい恐ろしい目に合われたんだろうなってその一言で思います。

被害に地域の皆さまへ心よりお見舞い申し上げますと共に一刻も早い復旧をお祈りしております。



私6月は何をしていたかというと、大切な常連さんの香典返しをお手伝いさせていただいておりました。

結婚式の引き出物や出産の内祝などはさせていただくことも多いのですが、香典返しは親族以外は初めてでした。

大切な方を亡くされたばかりなのに、やることが盛りだくさん。

きっと故人を思う暇などないんじゃないだろうかというくらいの忙しさですよね。

みなさんにお世話になったからと一生懸命選んでいただいたので当店もできる限りのことをお手伝いさせていただいたつもりです。

とはいえ、専門店とはちがい、多々面倒なこともお願いしたかと思いますが、他にはないお返しになったのではないかなと思います。

私は直接お会いしたことはなかったのですが、とても明るい周りに愛された方だったようです。

もう何やってんのよ。って言いたくなるような、そんな方。

四九日法要の様子を動画で見せていただいたのですが、故人のご友人たちも参加され、法要中というよりまるで宴会のようでした。

きっとにぎやかなのが好きだった方なのでご友人たちもあえてされたんでしょうね。


少し前、親族のお葬式に行ったときに主人に、あなたが死んだらどんなお葬式にしてほしい?と尋ねたことがあるのですが、

とりあえず喪服は禁止で、会場はZeppで。と言われたのを思い出しました(笑)

絶対しませんが、覚えておこうとは思います。



愛された方というのは、裏を返せば周りを愛した方なのかなと思います。

よくしてもらえるというのは、その方がよくしていらっしゃったんだと思うんです。




ようやく四九日が経ち、ご依頼された方々の元へ順番に発送をしているところです。

残された家族からのありがとうございます。お世話になりました。が無事に届きますように。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です