ヂェン先生の日常着

暮らしの手帖で紹介され、じわじわと知られている日常着

台湾のデザイナー 鄭惠中(ヂェンホエジョン)先生が提案する日常着です。

老若男女すべての人が気持ちよく着られる服・・・流行に流されない確かな服は着てみて初めて服になるというか。

かっちりもしていないので見た目だけでの判定となると、負けてもしかたないというか。

いったい誰と争ってるのかって?(笑)

ただ、着ていただけたら、こっちのもん。

老若男女に愛されるお洋服って、そいういうことですよね。着心地の良さ!これにつきます。

綿麻の自然素材でさらっとした肌触りが、ゆったりと身体を包み込んでくれるので

はじめて着た時、おぉおぉぉぉぉーと声にならなかった声を発しました。

その着心地の良さから夏は特におすすめです。

実は店頭にはカットソーしか届いてないんです。

ちょっと生産が追い付いてないようで、6月頃にパンツやスカートが入ってくるのかなって感じです。

のんきに待っていたら、6月なんてすぐきちゃいますね。

楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です