ベビーロンパース

前開きタイプのベビーロンパースです。
夏はこれ一枚で。秋冬春はインナーとして大活躍するかと。
生地もしっかりしていますし、何より着心地がいい(と思います)

着脱させやすく、うつ伏せになっても痛くないスナップボタン式。柔らかく、やさしいオーガニックコットンを使用しているので赤ちゃんのデリケートな肌にも安心です。思わずスリスリしたくなる肌触りはホンモノの質の良さを感じずにはいられません。

性別を問わないナチュラルカラーのシンプルデザイン。かわいらしいコットンバッグに入っているので外出時の着替え用にも。汗かきの赤ちゃんには何枚あってもうれしいロンパースは、出産のお祝いに最適です。生後1~3ヶ月用。


¥1800+tax

KINTO浅漬鉢 

滋賀県のキッチンメーカーKINTOから浅漬鉢が入荷しています。
昨日、歩いて20秒くらいのお蕎麦屋さん史蔵で大根の朝漬けを食べまして、たいそう美味しかったので、私もチャレンジしてみようと思いこの記事を書いています。

毎年この時期は入荷しているのですが、佇まいも実用性も気に入っています。
是非みなさんの食卓にも。

いびつでどこか温かみのあるガラスで可愛いですよね。いつも袋に漬けて、タッパーに移し替えてるであろう浅漬けをこちらの容器で全部やってしまうってだけの話です。移し替える必要もなく、手軽に手作り浅漬けが楽しめます。

季節の野菜でも冷蔵庫の残り野菜でもとにかく手軽に美味しく作れるのが浅漬けの良いところ。夕方に仕込んで、早く漬かるものであれば1時間ほど冷蔵庫で冷やしておくと、夕食時にはひんやりシャキッとした浅漬けがいただけます。材料に対し2~3%の塩でつけ水:砂糖:酢を1:1:1にして(ちゃっかりお蕎麦屋さんにレシピを聞いたのさ)

夏はとりあえずさっぱりしたものが欲しくなりますよね。おかずを1品増やしたいとき、お酒のアテにしたいとき、食卓にそのまま出せるのでおすすめです。


小 ¥1000+tax
大 ¥1200+tax

ずっと使える

くらしの道具を取り扱う松野屋さんから和歌山の職人さんが作ったシュロ長柄ほうきが入荷いたしました。

棕櫚(シュロ)とはヤシ科植物の幹の繊維のこと。
植物繊維は水に弱いのですが、こちらの棕櫚は油分を多く含むので耐水性があり水洗いすることもできるんです。
我が家も3年ほど前から使っているのですが、私の抜け毛にはじまり、キッチンやリビングの掃除に一役買ってくれています。

たまに掃除機出すのが面倒なことってありますよね?
小さい子がいると特に食べ散らかしは多々。というか、毎回なので、さささっと掃いてしまうほうが楽なんです。

棕櫚は柔らかく油分があるため床に傷がつきにくく埃が舞い上がりにくいという特徴を持っています。畳はもちろんですが、棕櫚の油分がツヤを出してくれるのでフローリングでも大活躍です。

箒はホームセンターなどで購入したことがありますが、いつの間にか折れてしまったり、可愛くない(これけっこう大きな理由)という理由で使わなかったりで長持ちしませんでした。
実用性を重視するなら棕櫚の箒です。大切に使えば20年以上、使い込むほどに味が出て一生で3本と言われてるほど長く愛用していただけます。

私の記憶では学校で使っていたように思うのですが、学校の掃除用具ってすごくイイものばかり使ってるんですよね。今思うと丈夫でないとやってけないし、日本の手仕事を子供たちに実際に使って感じてもらうためだったのでは?と勝手に思っております。

そういえば、ここ八女市はお茶が有名なのですが、息子の小学校に八女茶が飲めるサーバー(ボタンを押せば緑茶が出る機械)給茶機なるものが設置されたそうです。なんてすばらしい。学校で八女の緑茶が飲めるなんて!!!と、大変うらやましく思っています。愛媛はミカンジュースがでる蛇口があったような・・・・
息子に聞くと、『そうばい!でも飲んではいけません!って紙に書いて貼ってあるとばい。』という報告を受けました。スタートは夏休みが終わってからなのかもしれませんね。きっとそうよそうよ。

さて、話は脱線しましたが、棕櫚ほうきのお手入れとしては、柄にひっかける紐がついているので使用後は吊り下げておく(毛先を傷めない)、たまに束子などで水洗い(金具は水につけないよう)して陰干し、バットにして遊ばない、またがって魔法使いごっこしない等を守っていただければ長く愛用できるかと思います。


棕櫚長柄ほうき¥6200+tax

【Monica Johansson】

新しいアクセサリーブランドをご紹介です。
ずっとずっと欲しかった(個人的に)アクセサリーが私の元にやってきました。
まだまだ手に入れるのは先の事だろうと思っていたのですが。



スウェーデン北部で生まれ育った【Monica Johansson】は1980年からアクセサリーの製作をはじめました。
トナカイを飼い、トナカイの肉を食べ生活し遊牧生活を送りながら固有の文化を築いてきたサーミ族の地を受け継ぐ彼女が、アクセサリー作りを始めたのは自然なことでした。

ラップランドで生きるトナカイ遊牧民、サーミ族の伝統手工芸(ドゥオッチ)の一つとして生まれたこのアクセサリーは大自然の対話から生み出されています。素材には万能で捨てることのない資源であるトナカイの皮や角、さらには腱までも使用しており、それを使うことは共に生きたトナカイに敬意を払うということ。

また装飾として使用されている光沢のある銀糸はピューター(錫)と4パーセントのシルバー(ニッケルフリー)からできた合金の糸であり、使い込むほどに輝きが増します。サーミ族に受け継がれている刺繍がこれです。ピューターを使用して刺繍する装飾品を作るという歴史は約1600年頃と伝えられています。

1800年頃、新興深い人は自分を飾り付けるべきではないというレスタディアンリバイバルより一度姿を消してしまうのですが、1900年頃から再度見直されるようになりました。製作者であるMonica Johanssonは、このままサーミ族の誇り、長い歴史と文化が永遠に消えてなくならないようにという想いからアクセサリー製作をしています。もちろんすべてがハンドメイドです。


Monicaが初めに製作したモデルが置いているモデルになります。
サーミ族の中で幸福をもたらすトナカイの角を留め具として使用されたブレスレットは今でもなお普段から肌身離さず身に着けるシンボルとして伝え続けられています。

福岡でも知ってるところでは1店舗のみのお取扱いで、いつもそれがあるわけではない幻のアクセサリー。見れば見るほど欲しくって(このアクセサリーのBACK BORNなんて知る由もなかったのですが、数が少ないのはそういうことだったと納得)
こうやってやってきてくれたのは私の執着というか(笑)念みたいなものがスウェーデンまで届いたのかと思っております。

みなさんにご紹介できることを、とてもとても嬉しく思っております。
みなさんの身体の一部になってくれるお守りのようなアクセサリーになるはずです。
こちらをベースにして、少しずつデザインの異なるブレスレットを重ねてつける姿も素敵です。細いもの同士や時計と重ねたり、シンプルに1つでも様になります。その人なりのアレンジで新たなデザインを生み出すことができます。
何かの記念に(例えばご夫婦やカップルでお揃いに。)頑張ったご褒美に(私はこれ)是非店頭にてご覧ください。


¥16000+tax


以下詳細

レザーの部分はトナカイの皮です。
トナカイは柔らかい肌触りで馴染みやすく、温かみを感じさせる心地よい肌触りが特徴です。薄くて軽く、柔軟性に優れていながら油分を多く含み保湿力があって耐久性にも優れています。使い込むことで色合いはより深く、自然な光沢を増していきます。また革は馴染んでくると若干伸び、柔らかく腕になじむ素材となっていきます。

留め具はトナカイの角を加工して作られています。
トナカイの角は権力の象徴とされており、極寒の雪の中、餌を掘り出す役割を果たすというような頑丈なもの。年に1度生え変わるため、形を整えて磨くと美しいため多くの装飾品に使用されています。

このアクセサリーの一番の魅力はなんといっても銀糸。この刺繍に使用されるピューター素材の銀糸には96パーセントの錫と4パーセントのシルバーの合金です。錫は金、銀につづく高価な金属として知られており、酸化しにくく耐変色性に強く、金のように水を浄化する能力があると言われています。また耐抗菌作用が強く金属アレルギーにもなりにくい素材です(アレルギー体質の私にはピッタリ)そして、シルバーとの合金であることにより非常に柔らかいという錫の特徴に硬さを加え、銀白色の美しい金属光沢を永く保ち輝きが増します。

お手入れについて
お手入れは1か月に1度ほど綿素材の布で乾拭きしてください。
シャワーや水仕事の際に着用し水分が付着しても問題ありませんが、きれいな状態を保つためにもはずしていただくことをお勧めします。愛着をもって頻繁に身に着けていると自然な油分が補給され難しお手入れは気にせず気軽に楽しんでいただくことができます。





飯碗

ベーシックなお茶椀が入荷いたしました。
毎日かかさず使うものなので、シンプルで飽きのこない、それでいてぬくもりのあるものを。

土物ならではの素朴な雰囲気とやさしい白に包まれた風合いが、炊き立ての白いご飯を何倍にも美味しくしてくれそうです。

ほっこり。そんな食卓にしてくれる器ですね。黒点や釉薬の流れもみられ、1点1点表情が違います。シンプルながらも底と高台部分が広い綺麗なフォルムは可愛らしくもあり、上品な雰囲気も兼ね備えています。またツルツルと滑らかで綺麗な質感です。サイズは大と小の2種類があります。

ご飯茶碗以外に副菜用の鉢としても。普段使いにはもちろん、贈り物としても是非。

茶碗(波佐見焼き)
大 ¥2160
小 ¥1944



歯ブラシスタンド(ペンスタンド)

ボーダーが可愛いクラスカの歯ブラシ立ての入荷です。

こちら波佐見焼きでできています。実は私も自宅で使っているんですが、佇まいがなかなか可愛いし、とても便利です。

作りは至ってシンプル。この筒状の陶器に歯ブラシを立てるだけ。
底に穴があるので、水はけがよく、汚れてもすぐに汚れが落ちます。

我が家は5人家族なので横並びに5つ並べているのですが、個々がそれぞれきちんと持ち場に立ててくれるので散らかることもありません。もちろんたまに掃除はしなくてはいけないのですが、陶器なので汚れ落ちもいいし、清潔に保てます。

歯ブラシだけでなくペンも立てられます。

私がよく使っている星野源ライブツアー2017コンティニューで買ったニセアキラのペンを挿してみました。ライブのグッズなのでそれなりの価格なのですが、すごくクダラナイところが気に入っています。

ニセアキラがミラーボールの場所から地上に舞い落ちてくるスピードとキラキラが落ちてくるスピードの差がありすぎるところも好きです。是非皆さんもお気に入りのペンをスタンバイさせてみてくださいね。

エマニエルTシャツ

すっかりブログが滞っておりました。

みなさんお元気でしたか?

お盆の日程をお知らせです。
お盆期間中は休まず営業いたします。
営業時間だけ12時からのOPENになるのでご注意くださいませ。

いつもこの期間中だけお会いすることができる帰省組さんたちのご来店もお待ちしております。
エマニエルTシャツの新作
今回はジャミラコワイ氏とのコラボです。

仮面の下の夫の瞳が少しだけキラキラしていて、なんだかちょっとだけ気持ち悪いです。

(無題)

宮崎への旅。

弾丸で宮崎へ旅行してきました。
大分くらいまでならなんとか運転できるのですが、宮崎まではまだ行ったことがない。
そう。我が家はなぜか運転手は私。
普通お母さんは助手席というポジションにいるのですが、出会ったときから助手席には夫がおりました。
しかも、数日前から夫の痛&風の発作が起き、家族旅行もいけるのかままならない感じ。
しかしながら、いつも土日に祖父母宅へ預けている3人の夏をこのまま終わらせてはいけないと
強行で行ってまいりました。

いやー宮崎は暑かった。
そして海は最高に気持ちよかった。
子供たちもずっと笑顔で、夫はずっと足を引きずっていて、太陽はサンサンでいい旅になりました。













とてもとてもGOOD DAYSになりました。