hacuを履く

本日は太宰府にて展示会でした。
バイト野田にお店を任せ、ビューンと行ってまいりましたよ。
ひとまず、天満宮へ参拝。
そして展示会場へ!!

お洒落な人ばかりでいつも緊張するのですが、毎回少しずつ人と話せるようになっています(バイヤー失格・その前に接客大丈夫なのか)
というわけで、今回見てきた商材たちはそのうち雑貨店に並ぶかと思いますのでお楽しみに。
あ!そうそう!久々におみくじを引いたら、小吉でした。
変化の年になるそうです。
いい意味でね。

さて、hacuの今回のくつしたcotton rib socksをご紹介。

綿糸を撚ってざっくり厚地で編立てたリブソックスです。
足底にもリブが施してあるのが他には見ないので気に入ってます。
使用してある綿は 毛羽立ちの少なく さらりとした肌触りです。

日常使いしたい靴下は丈夫でシンプルで、でも可愛いのに越したことはないですよね。hacuの靴下は本当に丈夫。3足千円です!!とまではいきませんが、アパレル系の靴下よりも断然お得です。それなりに長く使え、可愛くて優秀な靴下ばかりです。うちにhacuのリピーターさんがいるのはきっとそんな良さをわかってくれているからだと思います。

お店やってるんですが、主婦感は抜けないんですよね。
hacuのコスパは◎
買って後悔させません(どっかの売り文句みたい)

¥972

ウメノ商店20周年記念モデルTシャツ

ウメノ商店オリジナルT-shats 20周年記念モデル 2017/03/12発売

表はいつものMOTOMACHIデザインですが、裏に脇腹に肩にウメノ商店のオリジナルメンバーたちが大集合しています。

20周年を記念し、詰め込みすぎるぐらい詰め込んだスペシャルなTシャツとは店主の今までの想いを込めた超自信作。ウメノ商店ベストアルバムTシャツを是非!!

当店のTシャツは耐久性があるのでユニフォームとして使用されている店舗さんもいらっしゃいます。私も10年前に作ってもらったTシャツを持っていますが、色あせてはいるものの型はいまだにちゃんとしてます。&以前梅野が自分だけのために作った【ウCAP】も満を持して発売となります。



男性中肉中背やや筋トレにより上半身でかめの梅野オーナーが着るとこんな感じです。





なんと、このTシャツかキャップを被ってウメノ商店(夜の部)に来店してくださったかたは飲食代から20%引きになるそうですよー。なんてお得な20周年なのかしらー。(詳しくはウメノ商店FBかインスタをご覧ください)








サイズ、カラーに限りがありますので、ご予約承っております。もう残り少ないものもあります。
ゲットされたい方はお早めに。女性の方は下記をご参照ください。

160(ladys S)
S(ladys М)
M(ladys L)
L

カラーは黒or白となります。

東京町珈琲

ウメノ商店で出しているオリジナル珈琲が美味しいと評判になりまして、持ち帰りたいと多数のお客様に言われまして、確かに美味しいよねと夫婦で話しまして、作っちゃう?なんて話しから、ようやく形になりました。

私たちの生活になくてはならない珈琲。
珈琲飲んだら行こう。とか
珈琲飲んで一休みしよう。とか
いつもスタートとストップのきっかけをくれます。

酸味があるもの、ないもの、コクがあるもの、香り高いもの。
私たちが美味しいと思う珈琲を作りました。
ドリップ用です。

東京町珈琲 2017/3/12 発売です。

トウキョウマチって読むんじゃなくて、ヒガシキョウマチって読みます。
ラベルは【くろくも舎】デザインをハンコにして、ひとつひとつ手押ししております(ウメノオーナーが)


さてさて、お客様の中に40代を迎えた方が何人かいらっしゃいまして、人生の折り返し地点に来たので、好きなことをやるとか、悔いのない人生にしたいとか、そんなお話をよくしてくださいます。
私は今年35で、40までもう少しあるのですが、諸先輩方が教えてくれた自由というものを、早めに取り入れてみようと思います。うまく説明はできませんが、鳥籠の中にいると思っていたけれど実はそんなことなくて、いつでも大空に飛び立てるところにいるのに、自分で出ようとしなかっただけで。
自分でみえない籠を作ってその中に入っていたんだなって気づきました。
さーおもしろくなるぞ。
おもしろくするぞ。

諸先輩方、気づかせてくれてありがとうございます。

お茶の道具

雰囲気作りって大切な気がします。
特にキッチンは母(私)の聖域なので、気に入ったものを使うと日々の家事のテンションも上がるってもんです。

大量生産でもなく美術工芸品でもない、町工場や農村の職人が作る素朴な日用品、お求めやすく、使い勝手がいい。そんな商材を扱う松野屋からお茶に関するあれこれが入荷です。

絶対美味しいお茶が出てくるに違いないとすら思ってしまいます。
雰囲気って大事。
いやいや、いつものお茶が美味しくなるんだって!!

竹の茶こしを使う事で、お茶の香りを損なう事なく、美味しいお茶がいただけます。 茶こし以外にも、おみそやだしをとるのにお使い頂くこともできます。一緒に写っている茶筒は星燈社のもの。
なかなか可愛い茶筒ってないですよね。
コレ本当おすすめです。

使わないときも可愛くて可愛くてにやにやしちゃいそうです。


昔懐かしいアルマイト素材の急須です。アルマイトといえば、私が小学生のころは、この素材の食器でした。
なにより丈夫です。雰囲気ありますよねー。
アルマイト銀河急須7号
*サイズ:150×110×H115mm 約130g
*容量:0.5ℓ
¥2200+tax

直に入荷するのが、同じアルマイト素材のレンゲ。
パクチー人気急上昇ですが、アジア系のお料理との相性抜群です。
お値段もお手頃価格なので我が家にもお招きする予定。

¥300+tax

シラカベレッドカーペット

さてさて3/12はテラコヤノミノイチが当店の真裏で開催(笑)
さらに、ウメノ商店の駐車場が会場の白壁レッドカーペットも同時開催です。

え?なに?なに?と思われる方も多数いらっしゃるかと思いますが、
八女、久留米、うきはの飲食店仲間を呼び、真ん中にレッドカーペットを敷き詰め、わいわいガヤガヤと開催されます。こちら昨年の様子ですが、まだ外壁工事も終わっていないウメノ商店。もちろん雑貨店はまだなかったよね。

こちら昨年の様子。超盛り上がりましたが途中で雨が。
今年はお天気のまま終われますように。

縦にずずずいーーーっと長いので、奥まで入ってきてくださいね。なんなら、私のところへも(裏に1人さみしくおります)
美味しいところこそ奥にあるかもしれませんよ(笑)
気になるラインナップは・・・

・久留米
ルスカフェ(私の癒しのカフェ、黒糖ラテ最高)
情熱焼き鳥祭(久留米の人気持ち帰り店・冷えてもうまいカルビがおすすめ)
ベトナム料理ネーネ(パクチー人気の前から、ここのパクチー料理が大好き)
・うきは
ネコノテシャ(いつもだいたい毎回満席のカフェ・アップルパイ最高、アップルパイ持って来いやー)
・八女
メキシコ料理アステカ(本場の味が楽しめる唯一無二のお店・ブリトーはマストです)
秀屋(老舗ハンバーグ店・今回はハンバーグ弁当だってーウォー!!食べたい)
チキチキバンバン(八女のイベントにだけ現れるうまうまチキンバー専門店・甘辛のたれが最高よ)
スプーンティーノ(居酒屋こうろのイベントの時の仮の姿・麻棒豆腐のおこげ丼て聞いただけで食べたくなるよね)
ウメノ商店(シラカベヤキを食べたことのない方はこの機会に!うまいんだから)

ウメノ雑貨店(裏で通常営業・1時間はやく開店・たくさん入荷してるんだから裏にも来てよ)

以上のメンバーで盛り上げる所存です。
よろぴこぴこー

会場までのアクセス
□九州自動車道 八女インター ⇒国道442号線黒木方面へ約15分
□九州自動車道 広川インター ⇒国道3号線を熊本方面へ約25分

公共交通機関
□JR鹿児島本線 羽犬塚駅  ⇒堀川バス 福島停 下車
□西鉄福岡大牟田線 久留米駅⇒西鉄バス 福島停 下車
 

腹ペコあおむし

倉敷の三宅商店カフェ工房が丁寧に作った、かわいすぎるジャムが入荷いたしました。

子供たちに何度となく読み聞かせした腹ペコあおむし。
月曜日、火曜日、と色々なものを食べて大きくなるリズム感のあるお話しに引き込まれますよね。
そんな腹ペコあおむしの著者エリック・カールのイラストの瓶に入ったかわいい季節のジャムシリーズ。季節とともに登場するジャム、今回はキウイ・オレンジ・ミルク・ストロベリー・レモン・ラフランスの6種類です。



季節に寄り添ったフルーツジャムです。甘さ控えめのジャムはパンやヨーグルト、そしてアイスクリームにもぴったりです。食卓でもその可愛さを発揮してくれるので、目があったらニンマリしちゃいます。

ギフトにそっとつけてあげるのも◎
もうじきホワイトデーなので、こんなお返しもいいですよね。


¥650+tax