アクと戦って勝利せよ。

すっかり秋。
私の秋を感じた瞬間。それは本日、松嶋奈々子のパブロンCMを見た時でした。
あぁ、寒暖の差もあるしね、風邪ひくよね。
って事で、きっとシチューや鍋のCMもそろそろ増えてくるのではなかろうか?
鍋?シチュー?灰汁?
ということで、アクだけの為に作られたアク取り専用のお玉のご紹介。
DSCN3808
こちらがそのアク取りスプーンです。何だ普通のお玉じゃないか!と思われる方はチッチッチッ!DSCN3809
・先が尖っているので具のすきまの細かいあくをスイスイと気持よく取れます。
・一般的なお玉だと鍋に接する点が1点ですくいにくいですが、あくとりスプーンはなだらかなカーブで鍋肌にぴったりフィット。
・表面に浮いたあくだけを取りやすいように、平らなフチ。
・あくだけ残してスープだけ戻せるように何度も穴のサイズと位置を研究。大切なスープを鍋に戻せます。(←コレコレ、コレが嫌だったのよね、いつも)
1500円+税

_

Leyeの商品、他にもあります。昨年キッチングッズベスト10にも選ばれていた2つをご紹介。
・軽量味噌マドラー!クルンと回して、いつもの味が手軽に作れる味噌マドラー。小さい方が大さじ1杯(1人分)大きいほうが大さじ2杯です。
210-1622_sub4
・おろしスプーン!生姜やニンニクなど少量だけすりおろしたい時にとっても便利なおろしスプーンです。
_

土橋市場

ちょっと今日はブログを頑張っちゃおうと思います。せいやー!
DSCN3775
9/21(日)土橋事変 其の弐 -秋の夜長の昼市-

11:00-16:00開催です。あとちょっと、もうちょっと。
なのでこの場所の事を詳しくご説明できたらと思います。

戦後闇市から始まった土橋市場。
ふと市場を見上げると、今の時代にはない手描きのカツオの看板。乾物屋さんのなごりです。そう、ここは八女の衣食住の【食】をまかなっていた場所。
駄菓子屋に花屋、タバコ屋。狭い通路には沢山の人と賑わう声、子供たちの走る足音、目を閉じるとそんな風景が蘇ってきそうです。とはいえ、私もまだ30代なので、そんな時代を知るよしもなく、古き良き時代だったのだろうという想像でしかありません。
1013-0028-000-3
時代は高度成長期、今度は夜の市場へと姿を変えます。懐にお金をいれたバカボンのパパのようなサラリーマンや農家の方々が、夜の町へ意気揚々と出かけていく魅惑の場所。ツケで支払ができていたような時代。夜の蝶たちに貢ぎ、騙され、泣き、そしてまたこの場所で励まされ、貢ぎ、騙され…あ、これも想像です。

今はどんな土橋市場になっているんでしょうか。昼と夜の顔がある、まだまだ成長中の魅惑スポットとでも言いましょうか。私達はこのノスタルジックなゆったりした場所が好きなので、みなさんに知ってほしいと思っています。
10301360_544672558983834_6813234347208006751_n
この場所を古くから知る方の中には、このままの姿でとか、寂れたままの方が雰囲気があるのに、なんてことを遠ーくからおっしゃる方も少なくありません。おっしゃってる意味はわかるのですが、周りを見渡せば、このような場所がどんどん崩されているのが現状です。どげんかせんといかん!なんて強い使命感を持っているわけでもないし、私達が守っているんだという意識もありませんが、どうぞあたたかい目で見守っていただけたら嬉しく思います。

長々と土橋市場の説明をしてしまったので、事変の説明はまた今度!





白壁エリアから本町エリア、更には立花、上陽まで。

福岡Walker9月号!
【穴場の宝庫、八女市へGO】
素敵なタイトルがついたページがありましたよ。
あら!ウメノ雑貨店やSugar treeも載ってるー!
あら!あらあら!これは見なくちゃーー!
_
八女もこんな情報誌に載るようになったのねーとつくづく、本当つくづく思います。今年に入ってからも続々素敵なお店がオープンしているし、まだまだオープン予定のお店も!
1日じゃまわりきれない!また行かなくちゃ!って町になるとスゴクいいと思います。じわじわでいいんです。じわじわがいいんです。


ところで九州Walkerからいつ福岡Walkerになったのかしら?

Riki Clock

ときには凛と佇む花の様に。ときには光り輝く宝石のように。そんなコンセプトを掲げているLemnosの代表ともいえる時計です。
DSCN3801
Riki Clock入荷です。
日本を代表するデザイナー渡辺力氏が2003年にデザインしたRiki Clock。なんと92歳当時のデザインです。大き目の文字盤、太さ、長さにメリハリのある針、THE 時計といった感じですよね。見やすい!それが一番大事な気がします。派手さはありませんが、どんなインテリアともマッチしてくれることでしょう。
DSCN3806
この時計をくるっと一周させているプライウッドのボディはタンバリンやドラムなどの楽器製作専門の職人によって作られています。タンバリン等の楽器はもう日本では作られていので、その曲げの技術を時計に採用しているってわけです。
DSCN3807
文字盤の6の上にさりげなくRIKIのロゴと下の方にMADE IN JAPANの文字。

時計って壊れない限り(とはいえ日本製ってなかなか壊れるものではないですよね)買い換えたりはしないので、おうちの顔となる、一番見る頻度が高いリビングなどの時計には大変オススメですね。例えば新築のお祝いに。例えばご結婚のお祝いに。