匠の技を

佐賀県西部、日本磁器発祥の地としてしられる有田町。

有田焼といえば誰もが一度は聞いたことのある焼き物ではないでしょうか。

私の持つイメージとしては、

古風、豪華、伝統、高価、古伊万里、骨董、なんでも鑑定団、素敵やん。の人…

まぁ、こんな感じでしょうか。

豪華絢爛なデザインも生活を優雅にしてくれそうですが
大事なお皿やマグ、割れないようにと飾るだけでは、本来の意味をなくしてしまい
どうももったいない。使ってなんぼ。そう思います。

私どもウメノ雑貨店が提案するのは生活により密着したもの。
シンプルで飽きのこないデザイン、それでいて丈夫、なのにちゃっかり有田焼。
窯元さんとじっくり話し合い、色や形、何度も試行錯誤し作りあげたマグ。
昨日ようやく届きました。



お色はblue,red,greenの3色。
お値段は¥2500-
容量200㏄

(…→こね→成形→素焼→絵付→本焼→…)とういうように各工程ごとに、担当の職人さんが次々と作り上げていく窯元さんに比べ、こちらは最初から最後までの工程をすべてひとりでされています。
オンリーワン!!!職人魂ここにあり。
※全ての工程を紹介すると気が遠くなりそうなのではしょります。

ひとつひとつ少しずつ色が違うのはこのためです。
機械ではできませんから。
窯元さんにお願いして、お値段も有田焼ではありえない価格で提供いたします。

最近たて続けにお茶碗やお皿やコップを割ったり欠けさせたりしている私。
雑なんです。
サンプルのマグもいつものようにガッチャンガッチャン洗ってやりました。
最近では割ってやろうという勢いでガッチャンガッチャンさせておりますが
欠けもしない。息子や娘が雑に乾杯ごっこしても大丈夫でした。
(もちろん本気で割ろうと思えば割れます)
非常に優秀に仕上がっております。



マグの底には王冠とARITAのロゴを刻印。
有田焼=陶器の王様
だと思っていたので、ブランド名はARITA-KING.
手にすっぽりおさまる大きさです。
今回登場したのはほんの第1段…

さてさてARITA-KING 本日より取扱開始いたします。




差し入れ

八女のうまい処 秀屋のKよちゃんから
差し入れが届きましたーーー。ニンマリ。



先日のまかない飯グランプリで惜しくも3位だったこの牛すじ丼
ネーミングを440(ヨシオ)丼に改め期間限定で販売されております。
ワンコインでおつりが来ちゃうもんねー
440丼ミニ 350円也
小食女子にはミニでちょうどいいかもね。
男子はメインメニュー+440丼でこれでもかというくらい肉を堪能してください。
私は日曜日の秀屋定食に目がありません。ここだけの話。



ずっとずっと食べたかった440丼
トロントロンの牛すじともやし。トロン、シャキ、トロン、シャキ
うまかーーー。皆様もこの食感を是非味わうといい。
トロン、シャキ、トロン、シャキーーーーン。

追記
冷えても美味いということは、出来立てはより美味いということ。
今ならKよちゃんスマイル¥0です。