fall

右の肩が朝からもげそうに痛いです。

だいたい昨今の身体の不調といえば、この右肩痛か慢性鼻炎な梅野です。

これって四十肩ってやつじゃないよね。と頭をよぎっては、いやいや筋肉の問題だと勝手に片付けております。

さて、ようやく長袖1枚が心地の良い気温になりましたね。

秋服がちらほら入荷しております。

リネンのダブルガーゼ生地で仕立てたジャケットです。

身幅をゆったりと取ったワイドシルエットながら、ショート丈ですっきりとした印象のジャケットです。

きちんと感のあるジャケットですが袖口を軽くロールアップしてラフに着るのもおすすめです。

ゆったりパンツと組み合わせると可愛いです。

実はセットアップで同じ生地のワイドパンツもあります。

ちょっとした御呼ばれ(ちょっとしたおよばれてなんだ?セレブじゃあるまいし)にも使えます。

松澤紀美子さんのポシェット

毎年お盆は開けようか、いやいや閉めちゃおうかと悩むのですが帰省してご来店してくださる方がチラホラいらっしゃるので、今年もまったり開けてます。

こちらから近寄ることが苦手な店主なため、みなさんが貴重な時間を使って会いに来てくれるって嬉しいんですよー

顔には出しておりませんが、猛烈に幸福感じてます。

昨晩、預かってもらっている子供たちを迎えに行くついてでに仏壇に手を合わせてきました。

仏壇の前に正座して、御中元を横に置き、線香の香をかぎながらのひと時。

生前口に出来なかったことや、誰にも言わない心根とかを脳内交信というか、話すんですよね。

で、色々と思い出すんですよ、昔の事。

ハンバートハンバートのただいまって曲がお盆にドハマリしている気がします。

【ただいま】

これは兄ちゃん これは姉ちゃん
そしてこれはぼくの
みんな今日は来れなくて
ぼくが代わりに来た

忘れてなんていないよ
ただちょっと忙しい
この前の正月も
その前も会ってない



ねえねえ そこはどんなところですか
ねえねえ 床の下の梅酒はまだ?

あのね姉ちゃんのとこの子
寝返りうったって
それと兄ちゃん 今の人と
結婚するかもって

そうそうこの間ね 叔母さんが来て
置いてったおはぎが おなじ味だった

お線香の匂いなんて
好きじゃなかったけど
なぜか今日はもう少し
嗅いでいたくなった


お盆、みなさんも脳内交信してみてください。

さてさて本題はこちら(笑)

松澤紀美子さんデザインの黒の本革ポシェットが入荷しました。

布作家である松澤さんの作る鞄は、使う人々のことをとことん考えて試行錯誤の上生まれます。

使って改良して、使って改良して、美しく、使いやすく。

そのこだわりの鞄をclaskadoが革鞄として再生したものが今回のポシェットになります。

丸いコロンとした形と柔らかい本革のくたりとした質感は、さまざまなシーンで活躍すると思いますよ。

つい先日、三回忌の法要があったのですが、主人の父から【ラフな格好でいいからね。】と言われ、
お姉さん【長男の奥さん】と私【次男の嫁】はどんな格好にするか二人で話し合いました。

ラフって言われても、親戚のおばちゃんたちも来るしねぇ。

でも喪服はアツイですよね。

とかなんとか話し合いを重ね、とりあえず品はあるけれど暑くない格好で。

昨年から結婚式や卒園、入学など。ある程度のセレモニー的なことをこなしていたので、服や靴は、そうだあれにしよう。とすぐ思い浮かんだんです。

問題はバッグでした。

35オーバーにも関わらず普通に使える普通のバッグを持っていない。

結局母からのお下がりの喪服に合わせるバッグを持っていったのですが、恰好はラフ風なのにバッグだけかっちりなりすぎてウーン。というコーディネートに/////

そんな私みたいな人へ

きっと使える。絶対使える。

¥17280(税込)

miiThaaii

インドの男性が着用するシャツをアレンジしたアミタロングシャツが入荷です。

昨日うちの専属モデルと撮影会。

今回のカメラマンはポンコツな私です。

もっと腕があれば、より素晴らしさを伝えられるのに。と悔しい気持ちでいっぱい…

画像から感じ取る1.2倍くらいの可愛さだと思っていただければフェアですね。

胸元にボタン、両サイドにポケット、ポケット下にはスリットが入ります。

ゆったりとしたシルエットで1枚はもちろん重ね着も楽しめます。

薄手なので、緩めのロングスカートやパンツにINしても使えそうです。

暑くなるので長袖は…と躊躇される方も多いかと思います。

しかしながら、暑い国の人たちは半袖を着てないですよね?

高温多湿のインドとかアラブ諸国の人たちは日差しから身体を守るため身体だけでなく、顔も頭もターバンのようなもので覆っています。

暑いからこそ長袖なのです。

サラサラのコットン100%の生地を使っており柔らかい肌触りは素肌にとても優しいです。

綺麗なオレンジとブルー、定番の白が入荷しています。
染色は日本でおこなっており、日本人に合う絶妙なカラーリングとなっています。

私はちょっと…と自信がない方も、是非チャレンジしてみてください。

意外とイケるんですって(だって私がそうだったから)




ふわっと揺れるブルーのシャツを着てる君はまるでナウシカだね。
アミタロングシャツ
¥9200+tax


miiThaaii<ミーターイー>は、南インドの男性がスカートのように腰に巻いて身につける日常着「ルンギ」のマドラスチェック生地を使って様々な商品を製作するブランド。生地そのものの販売をはじめ、シャツやスカート、ワンピースのウェア類、トートバッグやスカーフ、ハンカチなど豊富なアイテムを展開しています。今回はチェック柄のアイテムに加え新たに、インドの風合い豊かなコットンを1点1点日本で後染めして製作されたウェアもリリース。高温多湿の気候で誕生したコットンは柔らかで馴染みが良く、さらっとした肌触りと薄手で風通しが良いのが特徴。暖かくなるこれからの時期や、夏のジメジメした気候でも心地よく着られるアイテムとなっております。

maitri pop-up shop

この度、“maitri”のpop-up shopを開催することとなりました。

maitri(マイトリー)のアクセサリーが一同に見れる期間となります。

期間は6/14から7/1までの2週間となります。

夏にぴったりのアイテムが目白押しです。

是非この機会にご来店いただけたらと思います。













手仕事が活きたビーズクラッチバッグ、ジグザグ刺繍クラッチバッグ

カラフルな刺繍やビーズを一針一針丁寧に縫製。普段使いはもちろんですが、結婚式やパーティーなどにもおすすめです。

最近では女性だけでなく男性もクラッチを持っていて、わーお洒落な男性が増えたもんだと思っていた次第です。

夫も使っているのですが、財布、スマホ、鍵くらいしか持ち歩かない男性の方にこそ使ってもらいたいバッグです。










【maitri】
タイの山岳民族の生活から生まれた伝統的な文化や技術を基に、人の手による“ものづくり”を、もっと世界に発信できないかという思いからmaitriは始まりました。世界の歴史と文化の継承と、maitriの世界観をミックスし表現する事で、使い込む程に愛着が沸くアイテム作りを心がけています。きもちのよい布や手織りの布などをつかい、ハンドメイドならではの人と素材のぬくもりが感じられる物を提案したいと思います。

hacuのアームカバー

sunshade long gloves

くつしたのhacuからアームカバーが登場です。

日焼け対策はもちろん、表面に虫よけ加工を施した特殊繊維を使用しています。

長さが60センチありますので袖の短いTシャツやブラウスを着た時に肌を露出せずしっかりカバーできますよ。

さらに肌に触れる裏面には天然保湿成分コラーゲンと一体化させた新繊維を使用しています。

また洗濯によって虫よけ、保湿効果に影響が出ることはほとんどないとか。半永久的に効果は持続するようです。

虫よけ、紫外線カット、保湿を兼ね備えたアームカバー、期待してよさそうですね。

つなぎ目なし、薄手でゆったりとした着け心地。

素材はナイロンです。手の指部分はずり落ちないように細めの作りとなっていますのでご注意ください。


¥2160

父の日 2

今日もモーモーとなくウシガエルの観察に行ったら、出会ったのはこの子達でした。

すっぽん氏

画像には映ってませんが4匹おりまして、あまりの集合体にうわっ!!!と後ろに下がってしまいました。

この掘は生き物の宝庫らしいです。

ズームで寄ってみました。

この画像をスタッフ野田さんに見せると、『わ♡捕まえたい。』とのこと。

『え?食べるの?』って聞くと、『抱っこしたい。』とのこと。

彼女には犬猫のようなレベルのような可愛さに写っているようです。

好みって色々あるからね。

さて雑談は置いといて・・・

本日も父の日におすすめの商品です。

その名も『疲れにくいくつした』2&9

よく歩くビジネスマンのために作られています。

足の甲や足裏、かかと、サイドに編み方を変えたラインを入れることで、テーピング効果を持たせました。

左右で型を変え、土踏まずを支える形状にして疲労を軽減。

つま先にすべり止め効果のある特殊な糸を使い、足と靴下、靴下と靴がすべらず、無駄な動きが減るので疲れにくくなり、歩幅も伸びます。

口ゴム部分はやさしい履き心地ながら、幅が広く、ずり落ち防止の糸も編み込んでいるのでずれにくいのが特徴。

スーツに合わせやすい色がベースなので見えない部分に鮮やかな色があるんです。

丈も長めに作ってあります。

抗菌防臭糸を使用し、左右がわかりやすいよう右足だけに2&9のロゴが入ってます。

使う人のことをとことん考えて作られた靴下だなぁって思います。

どうぞビジネスマンだけでなく、農家さんも職人さんも是非。

冠婚葬祭にも使えるお色です。
疲れた疲れた言ってるお父さんへ、旦那さんへ、気持ちをプレゼントしてください。

¥1728(税込)

fog linen work

今日はまったりな一日でした。

最近はちょこちょこ忙しくて目が回るようだったので、ゆったり営業させてもらえて感謝でした。

これが続くととてつもなく凹むのですが(笑)

各地では運動会があってるみたいです。

我が家は来週土曜が運動会なので、両店舗ともおやすみいたします。

さてさてfog linen workより色々細々、そして可愛いものが沢山届いてます。

ざっくりご紹介することになります。

ご了承くださいませ。


ブラスキーリングトライアングル

経年変化で味のでる、ブラス(真鍮)をつかったシンプルで小さなキーリング。

シンプルなキーリングにまとめておけば、バッグやポーチの中でも見つかりやすく便利ですね。

年月を重ねるほどに良い色合いに変化していくブラスも楽しめます。
¥486


ブラスナンバーピン

アメリカのオフィスなどのロッカーで使われている、ナンバー入りのピン。番号札代わりにしたり、アイデア次第でいろいろ使えそうです。
¥378


ブラスビーズネックレス

シルバービーズネックレス

ハンドメイドのビーズならではの素朴な表情が印象的。こんなにシンプルでもつけているとネック回りが華やかになります。
¥2700


パイピングの色がアクセントになって、フェミニンな印象のエプロンです。

身幅が狭く、さっと身につけやすいデザイン。お料理教室やお稽古などにも。

リトアニアリネンは使えば使うほど素敵になりますよ。

リネンオーバーエプロン

もはやエプロンというより立派なお洋服ですね。

ジャンバースカートのようなエプロンは、被るだけ。

家にいる時は中にシンプルなTシャツとレギンスをあわせるだけで、格好がつくので、部屋着としても便利です。

この画像はモデルさんなので、私160㎝が着るともう少し着丈は長めになります。

スネくらいの長さなので、モデルさんよりお洋服感がでます。
¥10584


今季はこれが一番おすすめであります。

フランスのアンティークの作業着のデザインを着やすいように改良したサロンドレスです。

とっても可愛いんです。

何回も洗濯してくたくたになったら大のお気に入りになるだろうなと試着中ウハウハするくらいでした。

紐を結ぶ位置でいろいろな着こなしができます。

身体に巻く形のドレスなのですが巻かないとベストのようになるので、それはそれで可愛いんですよ。
¥18144

是非ともご試着くださいねー

ヂェン先生の日常着

暮らしの手帖で紹介され、じわじわと知られている日常着

台湾のデザイナー 鄭惠中(ヂェンホエジョン)先生が提案する日常着です。

老若男女すべての人が気持ちよく着られる服・・・流行に流されない確かな服は着てみて初めて服になるというか。

かっちりもしていないので見た目だけでの判定となると、負けてもしかたないというか。

いったい誰と争ってるのかって?(笑)

ただ、着ていただけたら、こっちのもん。

老若男女に愛されるお洋服って、そいういうことですよね。着心地の良さ!これにつきます。

綿麻の自然素材でさらっとした肌触りが、ゆったりと身体を包み込んでくれるので

はじめて着た時、おぉおぉぉぉぉーと声にならなかった声を発しました。

その着心地の良さから夏は特におすすめです。

実は店頭にはカットソーしか届いてないんです。

ちょっと生産が追い付いてないようで、6月頃にパンツやスカートが入ってくるのかなって感じです。

のんきに待っていたら、6月なんてすぐきちゃいますね。

楽しみです。

yohaku

この度、東京のyohakuというブランドのお洋服をお取扱いすることとなりました。
知るきっかけは【うなぎの寝床】さん(うちから徒歩5分くらい)であった展示会に参加してあったのですが、気になっていたけれど行けなかった。

これが始まりです。

ある日、お店に来てくださったうなぎのハルさんにそのお話しをしたところ、ご紹介しますよ。の一言。

それから、うなぎさんで取り扱ってあるyohakuさんの服を見に行き、話を聞き(うなぎさんに)、試着し、でとんとんとんってわけです。

yohakuさんを調べていると、やっていることが面白くて、そして共感できる部分が多くて、そしてすごく近くに信頼できるファンがいたことが大きな決め手となりました。

下に書いてることはyohakuさんのhpより抜粋させてもらったのですが、是非みなさんにも読んでもらいたいと思います。





“よい服”を、あなたへ

服を作って、20年。

作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

【よい服】って、何だろう。

品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・

どれも、後付けの理由でしかありません。

【よい服】

それは

【つい、手に取ってしまう服】では、ないだろうか。

朝起きて、今日着る服を選ぶ時、

アレコレと考える前に “ふと” 手がのびる服。

無意識に、身体が、心が、選ぶ服。

それが、他の誰でもない

“自分”にとっての 【よい服】 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc…

自分達が思いつく限りの “最善” を尽くして

yohakuは、これまでもこれからも

あなたにとっての “よい服” を作り続けていきます。





当店でもお取扱いすることが決まり、信頼できるファンが喜んでくれました。

絶対いいと思う。

その言葉、本日服たちが到着して確信に変わりました。

絶対いいと思う。
(あ、でもこれは長く長く着てから言うべきかな。)

是非店頭にてお確かめください。

hacu×点と線製作所


春らしい靴下が届きます。

点と線模様製作所とhacuのコラボソックスが登場です。先にhacuのサイトで発売の発表があったのですが、きゃー可愛い!と発売を心待ちにしておりました。

可憐なニンジンの花をあしらったデザイン。履き口は締め付け感が少なくなるよう工夫しています。

スカートはもちろん ロールアップしたパンツの足元にちらりと覗かせても可愛いですね。

シンプルなデザインのhacuですが、点と線模様製作所とのコラボでは乙女な靴下に仕上がっています。

こっちは普段何気なく見かける野草を題材にデザインされています。

この可愛さは罪だわ。即買いしてしまうに違いない。