大事な面接や商談に。

1/11 すっかり新年。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

今まで沢山のBAGをお取扱いしておりましたが、今回セレクトしてみたのがビジネス用です。

もちろんOL経験は数年ございますが、たくさんの資料を持ち帰るような職種でもなく、移動する職種でもない。

私の経験なんて当てにならない!ということで、親しき人にご相談した梅野です。

価格、品質、機能的にもベストと思えるバッグをご用意しましたので、お探しの方は是非店頭にてお試しください。




こちらのバッグは前回入荷しあっという間に旅立ったので今回もすぐに入荷しております。

同じものを入荷するのがそんなに好きではない私です。質感だけ別のものに代えておりますのでご了承ください。

こちらは一枚ものの合皮を使用し、軽さ、シンプルなフォルム、たっぷりの用量がポイントです。

A4サイズもさくっと入りますし、何より驚愕の¥3900+taxという価格が最大のウリ!!

こちらはファスナーやボタン等で閉じることができないタイプのトートなのですがその分お値段もお求めやすいんです。

でもご安心を。内側の真ん中に取り外し可能なポーチがついているため、大切な小物類など、貴重品は内側のポーチに入れ、中身を隠せます。

お財布やスマホなど、相手にみせたくないものを入れるのにも最適な気がします。

つづきまして、こちらは完全に新入荷。先に紹介したものより大きめです。

さすがバッグメーカーが作ったビジネスバッグなだけあって、考え抜いて作られていると私でもわかります。

【ビジネスシーンにふさわしいマナー】と【毎日使いに欠かせない機能性】にこだわった働く女性のための2WAYトートバッグです。

肩掛けタイプでは失礼となるシーンには、きちんとした印象を与える手持ちトートしてスマートな顔して持ってください。

無事商談が終わったら、重い荷物が負担にならぬようショルダーとして使います。

本体は大きく3つの部屋に分かれています。さらにファスナーポケットや小分けポケット、ボトルホルダーも付属。

荷物をスッキリと整理して収納でき、なおかつ出し入れしやすいのが魅力です。

コンビニやランチでお金を出すときも、さくっと床に置いて汚れを気にしないでいいよう本体底面には鋲がついています。

商談中の床に置いたバッグからの資料出しもサラっとスムーズにできちゃいます(きっと)

ドリンクホルダーも装備。

外ポケットには迷子になりがちな鍵やICカードをいれて。


本体にはお手入れ簡単で軽量なエコレザーを採用。

大人だからこそ本革というのもわかるんですが、大人だからこそ体力、筋力落ちてます。

本革はそりゃ見た目はカッコイイです。が、高価な上、手入れが必要、さらに重い、そこに資料が入ると更に重くなるわけで、雨なんて降ってきたしまいにゃ自分よりバッグが濡れないか気になってしまいそうです。(貧乏性か)

さて問題、どちらがフェイクでしょうか?

並べて撮っても簡単にはわからないのではないでしょうか?

それくらい合皮の進化は進んでいるんです。
(ちなみに下のバッグが本牛革)
普段使いにはなるべく軽くて手入れが簡単なのがおすすめです。

さてさて長々と連ねてまいりましたが以上のことを踏まえ、私のビジネスバッグプレゼンは終了です。

ビジネスウーマンのみなさん、いかがでしたでしょうか?

言葉じゃ伝えきれないので、是非店頭にでご確認いただければと思います。

下の画像は同じバッグの質感違いになります。(入荷予定)

¥6800+tax


レトロなメガネケース


ハイタイドのレトロシリーズが絶好調です。

もうすぐ文具女子博が開催ですが、きっとまた素敵な文具たちが世にでるんだろうなー

こちらのレトロシリーズは昨年発売、そして文具女子博でも人気だったシリーズです。

確か、文具女子たちが選ぶ賞に入賞したんじゃなかったかな。

全カラー揃っております。

細々としたものをいれることができるのですが、お薬やイヤリングなどのなくしがちなアクセサリー入れとしてもオススメです。

一緒に入荷予定だったメガネケースもようやく入荷してきたのでこっちもご紹介です。

レトロな形が味わいのある形。THEとつけたくなるようなメガネケースですよね。

やや大きめなメガネやサングラスも余裕で入ります。

クラシックな雰囲気で、机に出しておいても可愛い。

ワンポイントで鳥のイラストと、内側にもメガネマークがかくれて、開けたときにも嬉しい気分になります。

眼鏡父さん、眼鏡母さん、眼鏡息子、みんなでお揃いなんていかがでしょうか。

1296円

made in USA

12/15 快晴

気持ちのいい土曜日です。

大掃除という言葉が頭をよぎりますが、みなさんはちゃんとやる派ですか?(笑)

思い起こせば、師走の日曜日は父が庭の手入れをし始め、母はお座敷にせっせと掃除機をかけていて、、、

掃除が終わった後の何も床に転がっていない部屋に何かしらスッキリした気分になったのを覚えています。

きっと散らかしたのは私達兄弟だったんだろうけども。

掃除すると心がすっきりする。という気持ちは、こういうところで覚えたに違いない。

なので、やっぱり休みの日は掃除やらなきゃな。(やるまいと思っていたのに、これを書いてやる気になってる不思議さよ)

さて商品紹介です。

先日のHERITAGE TOTE 遅れてバイカラーのTOTEとショルダータイプが入荷してきました。

先に入荷してきたTOTEはすでに旅立ちましたが、バイカラータイプもいいでしょ。








hello hello

時代はぐんぐん進んでいきますね。

来年は消費税もあがるし、年号も変わるし、ようこそ新しい時代へ!と迎えられても

首をひねりひねりしか前に進めないような気がします。

変わることへのワクワクよりドキドキが勝ってますね。

paypayだって話題になって知って数日してキャンペーンが終わってしまったので

くそー乗り遅れたという気持ちより、あら、意味も解らず終わってしまったって感じ。

そんなことを梅こぶ茶を飲みながら思う金曜日の午後です。

さてさて、商品紹介といきましょう。

AMPASAND 福岡のバッグブランドです。

何かとお役に立てれるバッグになるかと思います。

made in japanにこだわったソフトポーチバックはアウターコーディネートのアクセントや、ほどよいモード感を演出したい大人の女性にオススメです。

ちっちゃいバッグって可愛いですよね。

肩掛けにも、斜め掛けにも対応している長さ調節のできるストラップです。

牛革本来が持つナチュラルな風合いを活かす為、余計なコーティングは極力省かれています。

インナーはコットン仕様で小物を入れるためのポケットが1つ、ファスナー付きポケットが1つです。

長財布がちょうど入るよう設計されており、なおかつ柔らかい肌触りと軽さがあるので是非日常使いにも。

アウトポケットは、バッグのポケット仕様であまり見かけない玉縁仕様です。

スマホもきっちり収納できました。

サイズ(cm):w 25 x h 14 x d 3

ひとつひとつの縫製が丁寧で、ところどころ使われている真鍮のパーツが大人のカッコよさを引き立てていますね。

異素材の組み合わせってハマるとすごくカッコイイですよね。



ブラックとグレーの2カラーです。

暗くなりがちな冬の装いにはグレーがおすすめかな。

Ampersand(アンパサンド)

インターナショナルベーシックをテーマに、シンプルで機能的な商品に遊び心をプラスし、完成されすぎないモノ作りを意識して提案し続けます。

Ampersandとは人と人を結ぶ時に使われる言葉です。私たちが創るモノを通じて、多くの人が繋り、使用して頂いて「happy」になれるモノ作りを目指しています。

土曜日は遅れてOPENとなります

今週の12/8土曜日は子供たちの発表会があるので午後からのOPENとなります。

発表会、息子たちの学年は手話をやるそうです。

私も小学生の時、自分の名前だけは覚えたんですが梅野に姓を変えたら う と のぞみ だけしかわからなくなりました。

私の名前は うのぞみ ですとなら挨拶可能です。

さて2005年にうまれたレザープロダクトDURAM FACTORYのご紹介。

「シンプルであること」「使い勝手が良いこと」「永く使えること」という基本的な要素を追求したものづくりを行っています。
それらはすべて職人たちの手作業によってつくられており、さらに実際に使ってみて細かな改良が何度も重ねられた結果、本当に使いやすいフォルムが導き出されます。

厚さ3mmのレザーを編み上げた個性的なキーホルダーです。

ワンタッチで着脱が簡単にできるのでベルトや鞄に取り付けておけば必要な時にいつでも取り出せる機能的な作りになっています。

フラップは編み上げているので可動性が良く自由に曲げることができます。

独特のシボ感とやわらかさが特徴の革は、使い始めから手になじむ肌触りの良さ。

金属部分は全て真鍮製、使い込むほどに鈍い色合いに変化します。

毎日のように手にするスマホ、財布、鍵。

私の想いを常に持ち歩いてちょうだいって方にとってキーホルダーはギフトとして最適かもしれませんね。

価格は¥3240です。

ちなみに私が欲しいものはルンバです。

ルンバが稼働している時は常にありがとうあなた。と感謝を述べることでしょう。

ましゅふわタートルネック

さっきまで【僕らは奇跡でできている】という高橋一生のドラマを見てたのですが、どうやら次回が最終話。

高橋一生さん扮する主人公【かずきさん】のファッション、毎回可愛いんですよ。

ずばり私の好きなファッションですね。

そんなかずきさんもドラマで着ていた(同じじゃないです)タートルネックをご紹介。

YARRA ましゅふわコットンタートル ¥5900+tax(フリーサイズ)

YARRA(ヤラ)とは、オーストラリアの先住民族のアボリジニの言葉で“ゆったり流れる”の意味。
ゆったりとくつろいで過ごす時間に溶け込むような、大人のカジュアルウェアを提案するブランドのお取扱いスタートです。

ましゅふわ=柔らかく気持ちのいいマシュマロのような肌触りからの、この名前。

日本製です。

適度な厚みが温かく、寒い時期に嬉しいタートルは使い回しのきくスタンダードなカラーを揃えております。

昨日は暑くて、久留米のルスカフェでアイスコーヒー頼みそうになったけど着実に季節は冬へと近づいているはず。

急に寒くなるんだよね、絶対。





タートルネックって1枚だけでも様になるのですが、シャツのインナーとして重ねるとまた可愛い。

そして色、どれも使い回しのきくカラーで可愛いです。

是非クローゼットに1枚仲間入りさせてあげてください。



そういや、先日から副鼻腔炎患っているんですが、毎年1度の処方、1度の通院で治せていたのに、長引いて治らないんです。

昨日の休みを利用してもう一回受診したんですが、あれ?どうした?っていう先生の表情が印象的でした。

確実に歳を重ねております。

治せていたものが治せない。

これは一大事です。

hacu2018W

hacu 冬の新作第二弾 昨日発売されました。

届くのは来週中頃になるかと思いますが、一足先にご紹介。

毎年この時期に発売される冬ごもり2018 

今年のテーマはスパイスらしく今年はクローブ、カルダモン、スターアニス、ブラックペッパー、ローリエが靴下に!!!

贅沢な総パイルで内側はパイル地を起毛させているためとってもあったかいです。

お部屋履きとしても人気です。そして価格が安い!これなら2000円…いやもっとする気がします。



こちらも毎年配色を変えて発売されるパレットという名前がついた靴下。

太めのウール混の糸で編立てたゆったりとした一足です。



そしてこちらも毎年人気のTETE (手袋)です。

カシミヤ混のやわらかな肌触りの手袋でビビッドなレッド、ブルーと合わせやすいグレーの無地のTETE(手袋)です。
今年はスマホ対応糸(指先の黒い部分)を使っているので手袋をつけたままスマホを操作が可能に!

そしてそして寒がりさん必見のwool knit pantsも発売。

ホールガーメント(完全無縫製)で履き心地も快適◎お尻部分はふくらみを持たせて立体的に編んであるのでフィットします。

昨年より股上が長くなっておへそが隠れるくらいまでの丈がありお腹をすっぽり包み込むことができます。

これホント暖かいんですよー。寒い冬は毎日履きたいくらい。

丈が長いのでそのままかかとまですっぽり包んだり、足首のあたりでクシュっとしたり、折り返してレギンス風にも。
入荷数少ないのでお早目に。



そしてそして今年新発売組がこちら。
kirikabu(キリカブ)と名付けられたネック&ヘッドウォーマーとedaと名付けられたフィンガーレスのハンドウォーマーです。

下記(hacuさんのサイトより抜粋)
これまで手編みでしかできなかったケーブル編みを丸編み機で編むことができるようになりました。
横編み機でも 平面でしか編むことができず筒状にするには縫製が必要でした。
筒状で編みつつ立体的なケーブル編が可能となった最初の一品です。

昨年発売予定だったようですが、色々な問題が出てしまい発売までたどり着かなかったそうです。
それをひとつひとつクリアしてできた1年越しのリベンジ作品。
ひとつの製品ができあがるまで、繰り返し繰り返し、こうでもない、ああでもないを何度も何度もされたんだろうな。

hacu のお取扱いは2014年の1月からだったのでもうすぐ5年目!
シンプルで質のいい靴下を買いやすい価格で。
それは今も変わらず、でも5年前よりどんどん進化されていて、ここ最近の活躍には目を見張るものがあります。(上から目線だわ)
毎回すごいなぁと思わせてくれ、私もhacuを置く店として恥じないよう頑張らなくてはと思わせてくれる存在です。

冬は寒いけれど靴下が楽しめる季節です。
今まで愛用してくださった方も、初めましての方も。
是非ご検討ください。


くつしたをhacu 2018AW

少し寒くなってきて、さすがに素足でうろうろはできなくなってきましたね。

hacuの新作が入荷しておりますのでサクサクどどどどっと紹介いたします。

今回ハイソックスが多く入荷しております。

パンツばかりでハイソックスは履かないわって方もいらっしゃるかと思いますが、ワイドなパンツ、ロングスカート、どちらも可愛いのですが冬は風通しが良すぎて寒いんです。

そんな時にハイソックス!あぁ持っててよかったってきっと思うはずですよ。
さてさてこちらは点と線模様製作所とhacuが作った第二弾のくつした。

北の冬の木々がクロスステッチの図案のように描かれている1足。

シンプルな靴下が多いhacuですが、コラボでこんなに可愛らしい柄が出来上がりましたよー

素材はニュージーランドメリノウールを使用。ふんわり、そして温かいです。 



こちらも点と線模様製作所とのコラボです。

かかとから上の背面に影絵のような草花の模様をあしらいました。

めっちゃ可愛いですね。





wool no gomu longウール混のロングソックスは履き心地抜群です。

履き口にゴムが無く締め付け感がないのに程よくフィット。

ワイドめのパンツやロングスカート、膝丈のスカートの下にタイツ替わりにどうぞ。

あったかいですよ。





hacuのストライプは久々のリニューアルですね。

シンプルながらも履いた時の可愛さはなかなかの破壊力です。

落ち着いたアイボリーがおすすめです。





今回の私のお気に入りはこちら。

ニュージーランドメリノウールを使用したシンプルなリブソックスです。

細いリブと中細のリブがミックスされた1足ですね。

ビビットなピンクは得に一押し。折ってもいいし、そのままでもいいし。

ベーシックなネイビーとライトグレーも使いやすいお色でお洋服との相性も◎です。





hacuの代名詞にもなりそうな大人気の冬のあたたかな「cabbage」の新作です。

キャベツの葉っぱを広げたような丸い形の柄を編みこんでいます。

足底はふかふかのパイルソックスですので冬あたたかく履いていただけます。

早くもネットでは売り切れ続出。

店頭にて是非是非ご覧くださいねー






kutu

サーモスタット繊維

ヨーロッパで呼ばれているリネンの名称のことです。


夏に活躍しそうなリネンですが、リネンはウールの5倍、シルクの19倍、熱伝導が高いと言われている素材です。

繊維に含む空気が体温で温まり、身体を温かく包み込んでくれるので一年を通して活躍するんです。

四季のある日本の気候に大変向いている素材というわけです。

お取扱いし始めた時は20代でしたが、ようやく自分の歳がfog linen worksの大人の服に似合う年齢に追い付いてきた気がします。

新作のウールリネンのジャケットは肌寒い時にカーディガンのかわりに羽織るのに便利。

このリネンが3年くらい経った時にくたくたっと身体のラインに沿う感じになるんだろうなと妄想するとニヤニヤもんです。

前はボタンホールにリネンのテープを通して結ぶデザインとなっています。

ドロップショルダーでアームホールが広く、カジュアルにもエレガントにも。

fogのお洋服は着た時、シルエットのキレイさが逸脱してますよね。と、他のお洋服メーカーさんと話したばかりです。

30代後半から40代、50代と大人の女性の身体のラインをキレイに見せてくれます。

代表兼デザイナーの関根さんのテーマは目立たずひっそり。

ひっそりどこに行っても邪魔することなく置いてもらえるようなもの。

とはいえ、あれはfogのお洋服だな!って好きな方なら一発でわかるはず!

好きな人は春夏に1着、秋冬に1着とコレクションしている人が多いのもこのブランドのすごさですね。

そしてこのモデルさん、察するに(いつも40代くらいのモデルさんなので)私より結構上なんだろうけど、透明感半端ない。そして可愛らしい。

こちらは10月初旬に入荷の予定です。

この時期は新商品がどどどどと入る時期。

梱包をあけるのがいつも楽しみです。

fall

右の肩が朝からもげそうに痛いです。

だいたい昨今の身体の不調といえば、この右肩痛か慢性鼻炎な梅野です。

これって四十肩ってやつじゃないよね。と頭をよぎっては、いやいや筋肉の問題だと勝手に片付けております。

さて、ようやく長袖1枚が心地の良い気温になりましたね。

秋服がちらほら入荷しております。

リネンのダブルガーゼ生地で仕立てたジャケットです。

身幅をゆったりと取ったワイドシルエットながら、ショート丈ですっきりとした印象のジャケットです。

きちんと感のあるジャケットですが袖口を軽くロールアップしてラフに着るのもおすすめです。

ゆったりパンツと組み合わせると可愛いです。

実はセットアップで同じ生地のワイドパンツもあります。

ちょっとした御呼ばれ(ちょっとしたおよばれてなんだ?セレブじゃあるまいし)にも使えます。