CINQ 長財布

12月に入りレザーアイテム(バッグや革小物、お財布など)がちらほらと動き出しています。

定番で置いているCINQの長財布も冬ギフト、春財布に合わせて在庫はしかっりめに確保しております。

有名なブロガーさんが愛用していることから、話題になり全国からお問い合わせをいただくお財布です。

アルプス地方で育った牛の原皮を、植物性タンニンで丁寧になめしてあります。

シュリンク仕上げの表面には独特のしわがあり、細かいキズが目立ちません。

昔ながらの方法でイタリアの職人さんが時間をかけて仕上げた素材なので、使い込むほど手になじみ、よい艶が出ます。

購入された方からも使いやすいとのお声を多数いただいております。

長く使うものだからこそ、毎日手にするものだからこそ、きちんと選んで後悔はしてほしくないなと思います。

シンプルな見た目ですが、中を開くと仕切りやポケットの多さに驚きます。

よく家庭用のお財布と自分用のお財布で分けていらっしゃる方もいますが、収納力が高いのでこれひとつで済むかもしれませんね。

価格は¥18500+tax!! ハイブランドだからといって使いやすいってわけじゃないですからねぇ。価格も半分以下の値段ですー。

来年のお財布を下す日として一番いいのは1/27だったような…

それまでに準備ですよー

ラウンドジップウォレット

イタリアンレザーの長財布が入荷です。

この手に吸い付く感じ、いい革だなぁ。

お客様のご要望があったので今回はラウンドファスナータイプとなっております。

収納力もありつつ、見た目はスッキリです。

店頭でじっくり見ていただければわかるのですが、あぁ、ここにコレを、

ここにはアレだなって具合に頻繁に使うものとそうでもないものがうまく分けられる気がします。

出し入れしやすいマチ付きのポケットが3つ、

両サイドはお札入れとして、

中央のファスナー付きは小銭入れとしてお使いいただけます。

内側の手前と奥には、それぞれカードポケットが配置されています。

共に同じレイアウトで、カードポケットが6ヶ所、マチ無しロングポケットが1ヶ所。

合わせて、カードポケットが12ヶ所、ロングポケットが2ヶ所となっています。

レシートの整理やチケット、クーポン券や商品券など余裕でしまえます。

価格もお財布にしては割と買いやすいお値段ですよ。
キャメルは定番人気ですがNEWカラーのグレーも品があっていいですねぇ。
経年変化も楽しみのひとつです。
是非ご検討くださいませ。
¥15800+tax



日本製 牛革親子がま口

ころんと小ぶりの親子がま口が入荷です。

なんだか懐かしい雰囲気のがま口ですが、長財布や二つ折り財布のサブ的お財布としてオススメしたいですね。

お色はブラックです。

経年変化とともに、艶が増し、いい味わいが出てくるのが最大の魅力。

先日ご紹介した篠竹市場かご、そしてこのがま口、サザエさんは絶対持ってますね。

がま口をあけると、もうひとつの小さながま口があります。

小銭をいれてもいいし、紛失しがちなアクセサリーを入れるものよさそうです。
一緒に、小さながま口も入荷しております。

男性なんかは、こちらが使いやすいかもしれませんね。

遠い遠い青の時代。
(青だけど20歳超えてます)
皆が持ってるからという理由で頑張って買ったブランドのお財布。

初めて買った長財布は、小銭入れががま口使用になっていた。

そして天神でキラキラしながらプリクラを撮っていた時にスラれちまいました。

青いなぁ。

友達からお金を借りて八女まで帰ったなぁ。

それから現在に至るまで長財布を買っていないのはある種のトラウマでしょう。

そんな経験、今なら笑い話。

恋も夢中になるとまわりが見えなくなるって言うじゃない?

私はプリクラの画面に夢中になりすぎたってわけ。

帰りの電車の中、この世の不条理に涙をこらえるので必死だったわよね。

もちろん悔し涙です。
そうそう、暗い話は置いておいて、桃の話。

ご近所さんから桃をいただきました。

毎年この時期にご実家から送られてきた桃を御裾分けしてくださる優しきご近所さま。

これ、食べてみると違いがわかるのですが、長野県産の桃なんです。

シャキッとして、甘みも上品でちょっと大きいので食べ応え抜群。

今まで食べてきた桃とは全く違うと言ってもいいくらい。桃の概念をくつがえされた桃でした。

夫は果物興味ない人なんですが、こちらの桃を食べた時だけ、うまいうまいとすごい勢いで食べてました。

なんでも、長野でも作っている人は少ないらしく出まわらない品種のようです。

そんな桃がはるばる八女に、そして我が家へ来てくれる奇跡。

この世は奇跡だらけだね。

ありがとう。ごちそうさまでした。

うまく〆たと思って見返したら、桃の左上に娘の消しゴム発見。

忘れて行ったな…息子のやつも床に転がっていたけど。

経験だね、経験。

カッティングレザーブレスレット


saranamのレザーブレスが入荷です。

イタリア製のプエブロレザーを使用しています。1枚のレザーを10連にカットしているデザインで、何連もつけているかのようなボリュームが出せるんです。

箔のあるゴールド、シルバータイプとプエブロレザーの経年変化が楽しみなグレーの3種類になります。

ゴールドとシルバーは使い込むと箔が剥がれ、そこから下地のヌメ革がみえてくるのですが、そこがまたカッコイイんです。

グレーはだんだん艶が増してきます。

私は来月の結婚式につけちゃおうと思ってますよ。

35が参加する披露宴の装い。
煌びやかな私をみせてやろうじゃないの。なんて気合はまったくなく(笑)

あー足見せたくないわ―。
ヒール掃きたくないわー。
紅もってないわー。

そんな感じで、とりあえずフォーマルがとても苦手です。

しかしながら、大人の女性が身に着けるブレスとしては、こちらのゴールド、シルバーともにとても優秀。

みにつけるのも簡単で、レザーにしてはとてもリーズナブルです。
大人の品格も持ち合わせておりますし、日常使いもできるっていうのがイイ。
画像を参考に、気になる方は是非ご試着しにきてください。
お待ちしております。










腕周り18.5cm 幅3cm


雑記:

今朝、灯油を運んでいたらバランスを崩し、側頭部を壁際に強打し転倒しました。いまだに側頭部が痛い私です。

大人が転ぶのは珍しいので、目撃した子供も大人もとてつもなく驚くらしい。

得に娘は目を丸くして駆け寄ってきまして、心配そうに私を覗き込んでました。

保育所へ向かう車の中で、娘がさっきの出来事にまだ興奮していまして、

もー本当びっくりしたんだけどって。

一番びっくりしたのは、この私。

老い。

感じました。


師走だね//

忙しいのを言い訳にしたくない。
けれどやっぱり頭の中は日常のことプラスでやることがたくさんですね。

さてさてそんな最中、新しくお取扱いすることになったブランドのご紹介です。
“saranam”とはインドのパーリー語で「帰依する」の意

福岡で2005年に誕生したファッション雑貨ブランドです。
素材の風合いを最大限活かす為に真鍮の素材で仕上げイタリアンタンニンレザーをメインに使用し作り込み過ぎずに使う方の個性が表情として出てくる革製品です。


コンパクトな三つ折りの財布。手のひらに納まるくらいのサイズなのに実用性が高く、お札を曲げずに収納することができます。カード入れも3つ折りにしては多くパンツのポケットに入るのでバッグを持たない男性にもおすすめです。

saranamのモノ作りは、つくりこまれすぎない未完成な空気感を大事にしてるので完成させるのは使う私達。とはいえ、経年変化でどんどん魅力的になるので完成する日はずっと来ないのかもしれません。大事にしたくなる、そんな存在感のお財布です。今年お財布を新調したばかりの私ですが、最近ずっと一緒にいるので心がゆらゆら天国ですよ。

シルバーとゴールド
【エコムラレスの革について】
エコムラレスは箔をのせた革で表面にヤスリをかけることで独特のムラ感があります。使い込むと箔が剥がれてきて地のヌメ革が出てきます。そのカッコイイこと。
下の画像は経年変化後のエコムラレスのゴールドになります。(お財布の種類は別です)
まったくの別物へと進化!これまたカッコイイですね。進化の仕方は人それぞれですのでご参照までに。



ブラックとレッド
【プエブロの革について】
イタリアの牛革で、栗の木等から取れる植物性のタンニンをなめし剤として使用し時間をかけてゆっくりとなめす方法で作られているとてもナチュラルな革です。仕上げに表面を手作業により金タワシですり、細かな文様が入っているので出来上がりは乾燥して毛羽立っているように見えますが、使い込むにつれ艶が出て色が濃くなり革味がとても良くなっていくのが特徴です。






どちらも魅力ある革です。

【PEEKABOO】

新しくお取扱いすることになった革小物をご紹介です。
【PEEKABOO】いないいないばぁという意味を持ったこちらのブランド。
名前とは裏腹にハイセンスなレザーハンドメイドブランドとして九州をはじめ関東方面にもフアンがいる作家さまでございます。
普段はオーダーメイドを専門にBAGやベルトをつくっていらっしゃいます。
おもに男性フアンが多い作家さまですが、ご縁があり当店でもお取扱いする運びとなりました。



こちらは多脂しぼり加工ヌメ革(牛革)を使ったシンプルなレザーブレスレットです。シンプルなスタイリングに欠かせないひと品です。つけるのも簡単で男性にも女性にも使えるよう2つ穴でサイズ調整可能です。シルバーアクセサリーとの相性も良いので重ね付も◎。どんなコーディネートにもしっくりと馴染むので、お守りのように毎日着用したいブレスレットです。
革ならではの経年変化も楽しみですね。

えーと。ウメノ商店店主のブレスレットが主張しすぎて全く目に入らない。シンプルが負けている。
私も毎日つけております。ふつうはこんなに相性よくつけれるんですよー

新しくお取扱いするからなのか、八女価格が実現しております。
驚きの価格です。いやいやホント。
ここでは言いたくないので店頭まで見に来てくださいっ!!!
長くご使用いただけるのが革小物のいいところ、愛着もって革を育ててくださいね。
こちらの革小物はすべてリペア可能【可能な限り】です。安心してお使いください。

リングでペアってるカップルより、だんぜんこっちやろもん。

イタリアンレザーアイテム

イタリアンレザーのプエブロを使用し、日本国内で丁寧に縫製を行ったキーケースです。
100%植物性タンニンでゆっくりとなめされた牛革の表面を、真鍮ブラシでわざと毛羽立たせています。このレザーの魅力はなんといっても経年変化。最初は紙のようなマットな質感ですが、使い込む程に美しい深みのある色・ツヤが表れます。before/afterが本当に別物なんですよね。ぷっくりと可愛らしい形も使っていくうちにスマートな形に。ポケットを留めるボタンの真鍮は空気に触れだんだんと渋くなっていきますので、それぞれの経年変化を楽しみながら使っていただけたらと思います。

先日、1年くらい前に買ってくれたお客様に経年変化をみせていただいたら、ちょっと興奮しちゃいましたね。チョコ色のキーケースでしたが艶々でとってもかっこよくなっていました。この経年変化に魅了され、虜になる人がとても多い魅力的な牛革です。プエブロは男性に人気のある革なので、父の日ギフトとしてもおすすめします。

小銭やカード、薬等を入れるポケットが裏側についています。「 ちょっとそこまで」という時にも便利なアイテムです。



こちらは同じプエブロを使用したシューホーンキーリングです。こちらは価格的にもお求めやすいですよ。

プエブロキーケース¥5500+tax
プエブロシューホーン¥2500+tax


【お手入れ方法】
・使い始めにオイルを塗ってしまうと、革本来の経年変化が楽しめませんのでツヤ・色に深みが現れてからのお手入れおすすめしています。
・柔らかい布で乾拭き後、オイル等を薄く塗り、オイルが乾いたら再度乾拭きを行います。
・軽いひっかき傷程度でしたら、オイルを使用しなくても、乾拭きをすると目立たなくなります。
・万一、雨や水に濡れてしまった場合、乾いた布で擦らず、軽く押し当てて下さい。

BANK ポシェット

お腹PPで始まった金曜日。
この頃PPがひどくビオフェルミンでごまかしている日々です。
さてクラスカから届いたレザーショルダーバッグをご紹介です。

シンプルでスタンダードなデザインのポシェットです。昔の銀行員とか郵便局員みたいなクラシカルな雰囲気ですが、こちらは合成皮革製です。本革ではなくあえて合成皮革の質感を選んだ結果、クラシカルで魅力的な雰囲気に加え、リーズナブルな価格で提供できたというブランドを称賛したいとおもいます(笑)

肩掛けでも斜め掛けでも使いやすい、軽やかなポシェットですが、ショルダーの長さ調節はついておりません。その分すきりとしたシルエットにみえます。

少しおめかししてのお出かけにも映えます。高価なお洋服に負けない佇まいだと思います。金色のロゴもさりげなくて素敵です。コンパクトすぎないので長財布や折りたたみ傘も横向きにはいりますよ。

外側のスリムなオープンポケットには、スマホや定期券などを。 “MADE IN JAPAN” の文字に恥じないような縫製のしっかり感。日本製はこうでなくちゃ!内側はすべすべ、さらりとした質感。本革だと雨などの心配もあるかと思いますが、濡れても汚れても拭いてきれいに保て、メンテナンスが簡単なのもポイントです。



BANKポシェット
¥6000+tax

カードケース

DSCN6163雪がチラつく…なんてレベルではない本日の天気。
顔にぶち当たってきましたね。
雪で喜ぶはずの子供たちも、その寒さに顔をゆがめて登校いたしました。
そんな中、沢山のご来店ありがとうございました。


バレンタインのギフトとして、新卒の皆さんへのギフトとして。
オススメのカードケースが入荷いたしました。
先日ご紹介したアリゾナの革とは違い上品な感じなので、スーツなどご着用のビジネスシーンはこちらをオススメします。DSCN6150背面ポケットをつけたシンプルで機能的な二つ折りの名刺入れです。型押しならではの、均一なシボの風合いと光沢感が魅力のノブレッサは、カーフスキンの中でも最上級素材です。
DSCN6151
ノブレッサカーフは厳選された原皮が用いられており、その繊細かつ気品ある仕上がりは、数多の型押し素材の中でもトップクラス。

ドイツならではの重厚な上質感と鮮やかな色使いは秀逸で、艶と色合いが増し、味の深まりをお楽しみいただけます。
きめの細かい型押し革は、さらりとした手触りで、汗ばみがちな夏場でも使いやすい素材です。
DSCN6154
ヌメ革に比べて、経年変化は少ないものの、徐々に艶が増して柔らかくなっていきますし、水ジミやアタリ傷の心配が少ないのも特徴です。ノブレッサカーフといえば、あのエルメスも使っている革なんですよね。例えエルメスの刻印がないとしても、その革の上質さは見ただけでご理解いただけるものだと思います。本革ならではの醍醐味を十分にお楽しみいただきたいカードケースですよ。
DSCN6155
さてさて、名刺入れとしての機能はいたってシンプルに。マチがない分、スーツからも取り出しやすく、機能的です。メインポケットは15~20枚の名刺が入れられます(合わせると30枚程収納可能)またカブセの裏と背面にもマチ無しのカードポケットを設け、定期券や電子マネーなどのカード類を収納できますし、いただいた名刺を分けるポケットとしてもご利用いただけるかと思います。
DSCN6153

お色は女性に人気のトープ、ユニセックスで使えるゴールド、定番のブラックです。

雑貨店をするようになり、今まで名刺すら持っていたなかった私が、よく名刺交換させていただくようになりました。
同じ業種の方々や、テレビ局の方、お客様まで様々です。みなさん素敵な名刺入れをお持ちで・・・
かたや私は財布からそっと抜き取る始末。
大人の身だしなみアイテム、大事です。
だって34ですもの。

¥5000+tax


くるみぼたんのカードケース

マチがないのに意外と収納できるシンプルな袋縫いカードケースが入荷です。
アリゾナの柔らかなフォルムと同色の革でくるんだホックが特徴的。

30代、もういい大人なので、革製品を大事に使いたい年頃だなと思い入荷いたしました。
とてもシンプルでファッション性の高いカードケースに仕上がっています。

DSCN6143
御色はRED/YELLOW/BLUEの3点です。BLACKは早々に旅立ってしまいました。
DSCN6144
スリムタイプながら、一般的な厚みの名刺で約30枚程度、厚手なカード類(クレジットカードやキャッシュカードなど)を約10枚程度収納できます。

いつもは使わないけど、いつかのために使うんだよなっていうカードたくさんありますよね。
たとえば、たまにしか行かない美容室とかパン屋さん、電気屋さんのポイントカード、いろんな科目の診察券など。

お財布をスマートに保つためにはカード入れを別に持つのが理想で便利です。
大事に使えば耐久性も経年変化も魅力的ですよ。
DSCN6147

こうやってカードぱんぱんに入れ込んだときの革の膨らみがなんともカワユイ。
この赤は使っていくうちに艶々した大人の赤に育っていくんですが、持っている方も革と一緒に艶めく女性になっていくんでしょうね。(あ、男性がお持ちになってもいいんですよ!もちろん)
DSCN6146
¥3000+tax
DSCN6145

アクセサリーケースとしてピルケースとして、イヤホンケースとしても活躍してくれそうです。