バスケットの使い方etc

本日は曇り空の中ご来店ありがとうございます。

最近初めましての方が多く大変ありがたい限りです。

そんな初めましての方がよく買ってくださる籠シリーズを少しばかり紹介です。

プエブコのワイヤーバスケットは雰囲気抜群でインテリアにもってこいです。

あれを入れたいから籠が欲しいというより、この籠が欲しいけれどさて何を入れようかな、と 後者の方が圧倒的に多いんですよね。

今日も何を入れたらいいと思います?とのご相談を3件いただきました。

ウメノ商店のトイレットペーパー、実はプエブコのかごに入ってます。

トイレットペーパーって隠したくなるようですが、家族が多いと意外と頻繁に替えます。

なので堂々と見せちゃえばいいんです。山盛り入れましょうってことではなく、籠の大きさに合わせてバランスよく5個とか6個とか。

他は定番で小物入れ。

スリッパを立てて収納したり、キャップとかベレー帽とかの帽子入れ、ニット系のものはひっかかりが心配なのでNGです。

潔くスーパーのレジ袋を入れるって使い方も好きだなぁ。

大きい縦長のバスケットにはずどんと観葉植物を。

小さめのには垂らすタイプの観葉植物が似合う気がします。

あ、ドライフラワーとかもかっこよく飾れそうですね。

お菓子入れだっていいし、じゃがいもだってきっと似合うわ。

好きに使うのが一番です。

定位置に置いておくのではなく、ランダムにいろんな場所で使ってみてください。

使い方の幅が広がって増々愛おしくなると思います。






サーモジャグ キート再入荷

【サーモジャグキート】が再入荷しております。

いやほんと売れてます!!

真空二重構造の保温ポットです。
今までも各メーカーさんから発売されていますが、それが欲しいと思えるデザインだったのかということ。

天然木を使ったハンドルがアクセントのシンプルなスタイル。保温保冷性の高い真空断熱構造はもちろん、少ない力で回せるフタやワンタッチ開閉の注ぎ口と、使いたくなる気持ちよさをデザインしています。

①実容量1.3L。真空魔法瓶で保温効果は1時間で90℃以上、6時間で71℃以上を保ちます。
②ステンレス製のボディに天然木(ビーチウッド)のハンドルを採用。洗練されたフォルムと温かみのあるデザインが特徴です。
③シンプルな佇まいはインテリアとしても◎。カフェや飲食店の備品としても最適です。
④丈夫なダブルウォールステンレスはキャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンでも活躍します。

12月はクリスマスパーティーや忘年会、そしてみんなが集まるお正月の食卓で活躍しそうです。

お酒の席ではお湯割り用にそっと
日々の食卓ではお茶用にそっと
子供たちには麦茶を入れてそっと

今なら揃っておりますのでお早目に。

そういえば裏のウメノ商店、毎週木曜 夜限定 で屋台営業はじめました。

台湾からの勉強会からはや1ヶ月、とうとう始動であります。

屋台限定メニューなので、いつもと違う雰囲気を楽しめます。

先日プレオープンで私もお邪魔しましたが、お客さんとお客さんの距離が、そして店主とお客さんの距離がとても近しい。

小さなスペースではじめましても、お久しぶりも和気あいあいと時間が過ぎていきました。

夜の方が雰囲気満点でございます。

是非勇気を出して、暖簾をくぐってみてください(まだ暖簾はありませんけどね)

ちなみに防寒は必須ですよ。

パッチワークキルト

パッチワークキルトといえば、ハワイのあの人を思い出すのだけれど。
(キャシー中島さん)

あのハンドメイドのホッコリ感、優しい色使い、お母さんたちが好きそうなイメージです。

アノ良さがなかなかわからなかったんですが、キルトがどうこういうよりデザインが好きじゃなかったんだなって気づきました。

出会ってしまったの、理想のパッチワークキルトに。
Busshuから可愛いパッチワークキルトが届きました。

一針ずつ丁寧にハンドメイドで繋ぎ合わせた大判のパッチワークキルトです。

小さなハギレを一枚一枚丁寧につなぎ合わせて、大判の絵柄を作っています。

プリントではないので、膨大な時間がかかりますが、パッチワークでしか出せない味があるのです。

大きさは140×180、ちょうどシングルの布団くらいの大きさです。

1900s初頭に作られていたアメリカンキルトをイメージして、素朴ながらもどこかメンズライクな雰囲気に仕上がっています。


新品ですが長年使い込んだようなクタッとした風合いも特徴です。

ベッドカバーやソファーカバー、敷物として、長く愛着を持って使っていただきたい一枚です。

私なら断然敷物だなぁ。

お店で使うならガーーンと壁面に飾っちゃうかも。

こんなのを紹介するたびにベッドが欲しくなります。ベッドを手放して早4年…そろそろ寝室を着飾りたい。
ハンドメイドでチクチクと時間をかけてつくったパッチワークには、一枚一枚作り手の愛情が込められています。

後染めすることで、何とも言えない使い込んだ色合がでます。

穴が開いたら補修しながら10年20年と付き合っていただきたいなと思います。

SUBU

3年目のSUBU 10/05 発売

誰も知らない冬のサンダルとして発売され今年で3年目。

ダウンのような暖かさと、起毛加工の内側の生地と4層構造のインソールが足全体にフィットし、優しい履き心地を創り出します。

すぐに家に戻るのに、寒い外で普通のサンダルや裸足で冷たいスニーカーを履くのはとても苦痛だ。
そのような時、SUBUは寒い冬でも暖かく足を包み込み、裸足のままでも外に快適に出る事ができる。また、4層のインソールは家でのリラックス以上の気持ち良さをあなたにもたらしてくれるだろう。「ファッションとしての日用品を追求する」というのは、人々の暮らしに提案するデザインしたプロダクトという事だ。ただ他よりもオシャレなサンダルなどそういう事ではなく、人々の暮らしにフィットするサンダルなのだ。
あえて言うが、SUBUは10マイル歩くのに適したサンダルではない。それ以上にSUBUを履くタイミングの価値やリラックス感を提案する事ができる。
(SUBUオフィシャルサイトより抜粋)


一昨年も昨年も大活躍だったこのサンダル。

9月入荷、12月には店頭には並んでおりませんでした。

全国から問い合わせもあり、メーカーも完売。

欲しくても買えない方も大勢いらっしゃいました。

今年はなんと6カラー、4サイズとバリエーションが増えたことでパワーアップしております。

数もそこそこ確保しておりますので、とりあえずは安心。

でもお早目にね。(だって店頭にてお客様が履いたら、そのままレジに持ってきちゃうくらいの人気モノ)



カラーはblack,red,kahki,bule,camo,gray 

あぁ、どれも捨てがたい。コンプリートしたくなっちゃう。

ダウンを履いたように温かく、ファッション性、実用性、コスパも二重丸でございます。

実は昨年、主人にもいる?と声をかけてたんですが、いらない。とそっけない返事。

しかし何度となく私のSUBUを履いている姿を目撃。

家では素足になることが多い主人ですが、やはり真冬、外へ行く時は素足は寒いですよね。

SUBUは素足で履いても温かいんです。

外へ行く理由として、ちょっと車に忘れ物とか、ちょっとコンビニへとか、ちょっとゴミ出しへとか、ちょっと荷物が、ちょっと集金が来たから。

考えてみれば、ちょっとの多いこと多いこと。

子供さんのサッカーや野球など屋外での観戦時、寒いオフィス用としてもご購入いただきましたよ。

0サイズ 21.5-23.5
1サイズ 23.5-25.5
2サイズ 25.5-27.5
3サイズ 27.5-29.5

サイズが細かく分かれたことでより一層快適に履いていただけると確信しております。

得に3サイズは昨年数名入らないと諦めた方もいらっしゃったので今年是非に。

¥3400+tax しかも安い!

そしてそして下の画像のSUBU ampも今年仲間入りしたプレミアムタイプです。

アッパー素材にコーデュラ(アウトドア用品などにもよく使われている耐久性に優れたファブリック)を使用しているので、

摩擦、耐水性、耐久性が普通のSUBUよりどーんとあがりました。まさにプレミアム!!

かかとがあり、こっちは靴といってもいいくらいの感じですよね。

もちろんかかと踏んでもいい2WAYタイプです。

こちらのサイズは0サイズのみご用意しております。

他のサイズをご希望の方はお取り寄せとなります。

¥6800+tax

ルームシューズ

ルームシューズのご紹介。

ちょっと秋めいてきたもんだから嬉しくて。

だってコレ8月に入荷してたやつなんです。

全体はフェルト、後ろのパッチは馬革、ソールの赤に、底は牛革べロアという作り。

大好物の塊のようなルームシューズです。

どちらの色もいいでしょうが!!

靴下を履いてから履くことを前提としてあるので、ゆったりめの作りとなっています。(23-24㎝の方向け)

秋冬は(たぶん今年も)寒いけれど、小物達もお洋服たちも可愛いので楽しく過ごしましょう。






¥3780

篠竹市場かご

9月です。

夏の迫力ある雲やギラギラと照る太陽も嫌いではありませんが、秋が一番好きな季節です。

まだまだ暑いですが、秋物を少しずつご紹介できればと思います。

あ、そうそう私、アクセサリーをつくるkaicoさんがお勧めしていたエムグラム診断というのをやってみたんですけどね。

105問くらいの簡単な質問に答えていくだけで私の素を診断してくれるっていうものです。

いやー。なんかね、自分をようやく肯定できたというか、幼少期の自分を思い出してしまいました。

努力でなんとかはなるもんなのですが、素というテーマを与えてあげれば間違いないと思いました。

標準的な日本人と比べらたら
・社交性が超特異的に低い
・活動性が超特異的に低い
・強靭性が特異的に低い
・主体性が特異的に低い


通知表に例えるならば、△ばかり

おみくじに例えるならば、凶か大凶か。

でもこれ、別に悪いですよと言っている訳じゃないんですね。

私だけが持っている才能として認めてくれているんです。

群れない。媚びない。(才能がこれって)

もっと詳しく解説してくれてるんですが、簡単にいうとこの10文字に納まったようです。

どうやって武器にすればいいのか皆目見当がつきませんが、武器になるよう鍛えていこうと思います。

いや、鍛えちゃダメな気がする。


ということで、面舵いっぱいひねり、商品紹介と参りますわよ。

岩手で作られている篠竹市場かご

篠竹と呼ばれる、岩手県の山間部に自生している熊笹に似た細い竹で編まれた買物かごが入荷です。

あまり道具を使わず、指先のみできれいに仕上げられた職人の技が光る一品です。

人間の手でひとつひとつ編んでおり、更に職人たちの後継者不足により大量生産はおろか、生産性はとても低いものです。

日本の美しい生活用品として昔から親しまれ、使われてきたかごは、お買い物からピクニック、お野菜の収納かごなどにも重宝します。

持ち手は、荷物を入れて持ったときに手が痛くならないような工夫が施されています。

大根や白菜、ニンジンがよく似合うかごだこと。

かごは通気性がいいので、お買いものへ行ってそのまま保管することにも長けています。竹なだけに。

1つ持っていると長く長く使えます。

お安くはありませんが、おすすめですよ。

サザエさんも持っているに違いない。

¥10800~

※天然素材を100%使い、手仕事だけで作られていますので、色味や形には個体差が出ますことを予めご了承ください。
※素材の性質上、黒ずみ・ささくれ等見られる場合がございます。

日本製(岩手県)



fog linen work

fog linen workより秋冬の新作エプロンが届きました。

高品質のリトアニアリネンを使ったロングエプロンは洋服を着ているような可愛さです。

それに耐久性もGOOD!!

使い込めば使い込むほどに味わいのあるくたくたっとした質感になります。

飾りすぎず、ラフすぎず、そんな大人に女性にちょうどいい作業着とでもいいましょうか。

今季のリネンは珍しくピンクが登場。

とっても可愛いですよね。

お探しの方は是非。

¥4600~







○ リネンの特徴

リネンは天然素材の中でも特に丈夫で水にぬれると強さを増す繊維です。繊維の中が中空になっており、水分を吸湿・発散しやすいので吸水性に優れ、乾きが早いのが特徴です。また繊維のなかに雑菌をためにくく、清潔にお使い頂けます。
はじめはパリッとハリのある感触ですが、数回洗うと柔らかく、そして洗いこむうちにくたっとした感じに変化します。
おろしたてのリネン、使い込んで肌に馴染んできたリネン、どちらもそれぞれの風合いを楽しめるのもリネンの特徴です。

IGUSA RUG

夏休み期間中の営業時間は13時より16時半までです。

い草ラグ 再入荷しております。

猛暑のせいか、我が家ではとても活躍しております。

気になっている方は是非。

柄はこれのみとなりました。


RIVERS【KEAT】

RIVERSの新作が届きました。

2018年の秋冬商品、すでにスタートしております。

デザインにこだわっているメーカーさん、日本もだいぶ増えてきました。

もちろんその分、スペックがそこを上回っていないといけないんですけどね。

どちらかというとJAPAN製品はそこらへんはまず大丈夫です。

環境のおかげというか。

例えば電車は時間通りに来る、順番に並ぶ、当たり前のようで当たり前でない。

真面目真面目な完璧主義ともいえる気質を持った文化ですからね。

さてさて本題に戻ります。

真空二重構造の保温ポットが入荷です。

保温ポットの入荷は覚えているだけでも4、5年前のような気がします。

それまで、お!!と思えるものがなかったのですが、さすが【RIVERS】私のツボをついてきますねー

天然木【ビーチ材】を使ったハンドルがアクセントのシンプルなスタイル。

インテリアを邪魔しないこのデザインいいですよね。

カフェに置いてありそうな感じです。

保温保冷性の高い真空断熱構造はもちろん、少ない力で回せるフタやワンタッチ開閉の注ぎ口、使う人の事を考えた作りになっています。

丈夫なダブルウォールステンレスはキャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンでも活躍します。

ペットボトルの飲み物はどうしてもぬるくなっちゃうので、入れ替えてみんなでワイワイもよさそうですね。

とはいえ、メインは自宅で使うことを考えたい。

実容量は1.3L、真空魔法瓶で保温効果は1時間で90℃以上、6時間で71℃以上を保ちます。

朝入れた冷水も夕方まで冷たいので我が家で使う場合は麦茶がメインかなと思います。

もちろん保温もOKなので、よく珈琲を飲む方(私私ー)は朝沢山淹れてオフィスやご自宅でお使いください。

ぐいんと中まで手を入れて洗えるのもおすすめポイントです。

店頭並べてすぐにシルバーが旅立ってしまいました。

在庫黒のみ

再入荷したらまたご連絡します。

¥4600(税込)

コットンブランケット

senovins コットンブランケットをご紹介です。

まだか。まだか。と待ちに待っていたブランケットです。

一昨年くらいでしょうか・・・

長男がCMで見たヒヤリと感じるケットが欲しいと言ったので、例のお値段以上な場所へ買いに走ったんですね。

買った当時は気持ちいい。俺のだ。と言い張ってたんですが、

最近じゃ私が使っている蚊帳のブランケットばかり使うもんで、私があのヒヤリを使うハメになっておりました。

年齢とともにケミカルなもの、化成の衣料品などを少しずつ遠ざけていくようになったのも重なり、あのケミカルづくしのケットを処分しようと決めたのが今年。

結局、天然素材が気持ちいいし、涼しいんですよね。

贅沢だとはわかっているけれど、私は買い直すと決めたんだ!自分の好きなものを使って何が悪い!そんな言い訳を自分にしつつ夫にはこっそり。

リトアニア製のコットンブランケットは北欧の病院などでも使われており、しっとり柔らかくとっても気持ちのいい肌触りです。

夏だけでなく、ソファーカバーやベッドカバーとしても1年中使える素材でどんなライフスタイルとも馴染むデザインです。

青いラインSENOVINSのロゴが可愛いですよね。

コットンは下着の素材としてもよく使われている素材ですが、夏は涼しく、冬は暖かい。

肌触りが柔らかく、摩擦がおこりにくいので肌の弱い方や敏感な方には適した素材となります。

また吸水性が高く汗を外に出してくれるため蒸れを起こしにくいという特徴があります。

他の素材に比べると、やや高いのですが、見た目や肌触りなど、トータル的には満足できるんじゃないかなと思っています。

サイズは大き目のW130×L205です。

ブランケットとして、ベッドカバーやソファーカバーとして1年中使っていただきたいブランケットです。

¥10800(税込)