リンクチューブベース


まるで試験管を連ねた様なユニークなデザイン。それでいて、形を変えて動きを出せる、連結を外して使える、パーツを分解してお手入れ出来る、といった実利を伴う賢さも兼ね備えています。野に咲く花やお花屋さんでみつくろってもらったお花を飾ってみましょう。ドライでも様になると思います。

専用のお手入れブラシも付属してあるのでお掃除は水筒を洗うような感じで◎
躍るようにお花を飾りませんか?
※入荷分はゴールドのみです。

¥1944(税込)

安くない。けれど手放せなくなるくらいイイもの。

Basshu 【made in 泉大津】日本の毛布シェア率97%を誇る大阪で作られたウール100%のブランケットが秋冬に登場です。デザイン、品質ともに自信をもっておすすめできるブランケットです。



私の中でもちょっと高いかもしれないなーと葛藤がありました。
安価なアクリルやポリエステル等の合成繊維のものでもいいと思うんです。それなりに暖かですし。
でもね、コートに2万円、3万円、4万円かけるなら、おうちでゆったり寒さや疲れを取るブランケットに強いこだわりを持ってもいいのでは?と思ったんですよね。カシミアとかリネンとか質のいいものをまとうなら、ブランケットやラグも質のイイものを永く長く使って愛着のあるものにしてほしいと思います。10年使えば年間2000円。うん。これを大切に長く使うことにしよう。葛藤なんて一瞬で吹き飛びました。

1800年代初頭、北アメリカで生産されていた肉厚のブランケットの風合いがデザインベースとなっています。

生地作りから縫製に至るすべての工程にこだわり、日本屈指の毛布の産地、泉大津の工場で生産しています。極上な滑らかさで、寝具としてもソファカバーとしても使える贅沢な大判サイズ。ヴィンテージの風合いを再現する為に、原料の英国産ブリティッシュウールと、オセアニア産のメリノウールの配合を何度も試作を繰り返して行き着いた配合でのクオリティとなっており、結果柔らかいだけでなく適度にコシのある風合いに。また、泉大津産地の特徴である起毛加工についても、毛布のように深く起毛するのではなく、薄く起毛加工を施す事によって、本物のヴィンテージのような風合いを再現したんだとか。新しい商品であっても、前からそこにあったかのように自然にお部屋のシーンにマッチします。

ため息が出るほどカッコイイなー。

アクリルやポリエステルものにビンテージという言葉は存在しない。ビンテージとして存在しているのはウール100%などの質のいいものなんです。毛玉ができたってかまわない。だってそれが味になるんですもの。白髪やシミみたいなもんですよ(あーこれはちょっと気になるけどね)是非店頭にてご覧ください。

早速並べたら第一号のお客様。
共感していただいて嬉しく思います。

¥20000~
WOOL100% 
made in japan(osaka)
お洗濯は※ドライクリーニング





about
【BasShu】ブランド名はBanshu-ori(播州織)に由来します。自然で柔らかな播州織り独特の風合いに魅せられ2007年にブランドスタート。今では播州織だけでなく、日本各地の良質な素材にこだわり、デザインから生産までを一貫して国内で手がけるジャパンメイドのインテリア・ファブリックブランドです。細部にまでこだわっているカッコイイメーカーです。

ネルシャツのようなブランケット

ネルシャツのようなブランケットも届いてますよ。
大判サイズのボアブランケットは裏面が毛布のようなボア素材。
インテリアにもなじむカラーリングです。
おうちで使うなら断然大判がおすすめですよ。





150×100
¥3800+tax

2WAYスリッパ

定番の2WAYスリッパが入荷しています。

毎年、チェック柄やストライプ柄が主流でしたが
今季はシンプルに無地(WH・SL)でございます。
私のおすすめは流行のシルバーです。

合皮素材で汚れても簡単に拭き取れる(実はありそうでなかった素材かも)ので、今まで可愛かったけれど汚れを気にして嫌煙しがちだった白にも是非挑戦してほしいなと思います。
かかとを立てることで2WAYでご使用頂けますよ。
店頭にでご試着ください。
¥2200~




TAUKOウールブランケット

少しずつ寒くなってきましたね。皆さま体調はいかがでしょうか。
昼と夜の寒暖差が激しいので朝から我が家の子供たちの鼻水をすする音がしており、あぁ秋だな、寒いんだなと思った私です(母ならばもっと他に思うことあるよね)
我が家にはまだ扇風機がおりますが、そろそろ夏と秋のバトンタッチをしてあげなくては。
ということでTAUKOウールブランケットをご紹介です。


表地のやわらかなウールの感触と、裏地は暖かなシープボア生地になっております。
寒いのは好きではありませんが、寒いからこそ、このふわふわのぬくぬくの柔らかいブランケットに癒されるんですよね。何かに耐えるからこその喜びっつーか…あ、はい。

北欧のあたたかみのあるデザインでほっこりした動物たちが描かれています。
ブルーはトリ、オレンジは猫です。このくすんだカラーが秋冬は可愛いんですよね。

無地と違って、柄物(特に動物柄)は子供たちが喜ぶんです。
どちらもとっても可愛いんですが、可愛すぎないところが大人も子供も使え、素敵なインテリアにもなじむポイントになります。

通常のブランケットと違い、ボタンがついているので留めてストールとしてお使いいただけます。身幅も50×150あるので女性ならゆったりと手を動かせますし、ポケットにカイロなんて入れたしまいには最高の防寒着となることでしょう。
リビングだけでなくお車の中やアウトドアでも活躍してくれそうです。
ギフトにもおすすめですよ。
¥5000」+tax

そういえば最近来たお客様から何でも色々あるねぇと言われたのですが、確かに何でもある。
お洋服もキッチン雑貨もインテリア雑貨もアクセサリーも調味料までも。
よくもまぁ、こんな狭い店にガチャガチャとおいているわと自分でも驚きますが、自分でセレクトしている以上すべての雑貨はそれなりの知識をもって販売しておりますので、お気軽に何でもお尋ねください。

重ねて便利なスタッキングコンテナー

工業製品さながらのシンプルでラフな雰囲気を持ったプラスチック製コンテナーです。こんなのあるあるあるよね。ですが、こんなカラーがなかなかないのです。重ねる向きを変えることでスタッキングする深さが変わるので、使わない時はコンパクトに収納も可能。 軽量で持ち運びもしやすいデザインです。うちの野田曰く、指一本で持てるよ!とのことですが、持てないことはないです(笑)

材質はPP(ポリプロピレン)で、底面には擦れ、ハンドルもバリ(突起)などがあり、海外の製品のようなラフな質感なのですが、汚れも気にせずガンガン使える実用品としておすすめです。 ステッカー貼ったり、ステンシルしたり自分好みにカスタマイズしてみてください。

おひとつ1296円なのも嬉しいですよね。工具入れ、掃除道具入れ、おもちゃ箱、衣類収納、本や雑誌の整理など、幅広い用途に使えるマルチな収納なので、いくつか揃えて身の回りのものを整理してください。




整理整頓


工具などを持ち運ぶためのキャディボックスを机上収納に適したスモールサイズにアレンジした「ストレージキャディ」が入荷いたしました。なんだか絵の具の水入れみたいな形状。私の時代は黄色いバケツみたいなやつでしたが、今はこんな形ですよね。

はじめに言っちゃいますが、まーーーー便利。
4つに仕切られた大中小のポケット、深さが絶妙なんです。すごく使いやすいです。おかげでごちゃごちゃしてた私のデスクが片付きました。私は文具を中心にお片付けしましたが、工具をいれてもよし、裁縫道具やお薬などの救急箱として、お化粧品の整理に、リモコン入れとして、色々な用途にお使いいただけると思います。取っ手がついているので必要な時にさっと持ち運べるのもいいですね。

お色はネイビーとグリーンです。正直どちらも好きな色なので迷いましたが、グリーンに。アーミー過ぎないグリーンでお気に入りです。

¥1000+tax

MOLDED PULP BOX


Molded Pulp Box
ダンボール(古紙)80%と新聞紙(古紙)20%を使用した古紙100%の収納ボックス/収納ケースが届きました。古紙とはいえ、インテリア性の高いお洒落な収納ボックスで、CASA BRUTUSなど様々なお洒落雑誌でもよく見かけますね。

上蓋やボックス本体にさまざまな凹凸をつける事で紙でありながらも構造的にとても強い強度になっております。

靴や雑誌の整理などに一役買う、積み重ねも可能な収納BOXです。ベッド下のデットスペースに季節外のお洋服を入れて置くのもいいですし、玩具をごちゃごちゃと入れたり、根菜類を入れたり、ガーデニンググッズを置いて玄関先にってのもいいですね。
使ってないゲームとかコードごと一気に片付けてテレビ横にスタンバイさせとく。フタを閉めちゃえばそれがインテリアになっていい味だしてくれるしと使い方の妄想がとまりません。
耐荷量8キロ、5段まで重ねることができます。
本体自体は軽いので女性でも取扱いやすいです。



過去色々商品化してきたが本当に環境に配慮していたのだろうか?! このままで良いのだろうか?! という疑問から2008年に生まれたプロジェクトがRSDP(RE_STANDARD PROJECT)。こちらはその製品になります。

もう一度無理のないバランスのとれた地球環境に戻ることを願って「今出来ることから少しだけでも行動しよう」と、現在考えられるベストな素材や加工を選択し、製品化したものです。そして、1% FOR THE PLANET のメンバーとしても参加しています。

1% FOR THE PLANET とは2002年に設立された非営利団体で、自然環境保護に貢献するビジネスを奨励することを目的にしています。参加企業は年間売上の1%を献身的な草の根環境保護団体に寄付することで、その活動を支援します。アウトドア関連の企業のほかにもミュージシャンやレストラン、ワイナリー、グラフィック・デザイナー、印刷会社など世界から多様な企業が参加しています。

好きなものを買って、楽しんで、地球にやさしくて、更に環境の為に寄付していることになるわけです。
是非店頭にてご覧ください。

¥1900+tax



SOU・SOU

四季折々のデザインを創る京都のテキスタイルブランドSOU・SOUがスタックストーとコラボ。

スペースを無駄にしない四角い形と細部にまでこだわったデザイン、素材の柔らかさによってもたらされる安全性と機能性を持つ、日本とフランスの収納から生まれたスタックストーバケットです。

縦方向の空間効率とインテリア性により、シリーズ販売累計130万点を超えるロングセラーとなりました。そのバケットに印刷を「載せる」のではなく、図版の持つ質感までを表現する柄バケットは、製造国であるフランスはもとより、特殊な印刷や樹脂フィルム製造を手掛ける、世界でも希少な製造元らとの協業によって生まれました。使い方は自由。好きな柄のバケットに好きなものを放り込んで。

早春のやわらかな緑の中に丸いかわいいつぼみがふくらみを増し、寒さの中、少しずつ春の温かさがしのびこんでくる。そんなつぼみが花開く、うららかな春を表現した柄です。子供部屋の収納カゴとしても人気です。また食品衛生法をクリアした安心素材を使っているので、食品を直接入れても大丈夫です。さらに耐熱耐冷温度が広いので、熱い砂浜で荷物入れに使ったり、氷を入れてドリンククーラーとして使用できます。お部屋がぱっと明るくなりそうです。


重なるよ

インテリアにかかせないのがカゴ!我が家にも、そして雑貨店にも色々な種類を置いている籠バカは私。
こちらはPUEBUCOのアイアンバスケットです。かっこいいでしょ。

元々はシューズボックスとして作られたのですが靴の収納だけでなく、キッチンやリビングなど様々な空間で活躍します。
パスタや調味料などをまとめて収納するだけで、キッチンをスタイリッシュに演出してくれます。他にも雑誌やタオル類をまとめて入れたり、リモコンなどテーブルで散らかりがちなものをまとめるのに便利です。

最近では多肉などの小さな植物をワイヤーボックスに入れて、お部屋のインテリアにするのですが、そんなのにもおすすめです。
見た目だけでなく、利便性にも優れているので1つ2つ3つと揃えてみてください。


とりあえず、言いたいことは、好きなものに囲まれて暮らすというのはとても素晴らしい。
例えそれがシンプルなものでなくとも、派手なものでも、好きなものがごちゃごちゃと置かれている部屋には統一性がある。
よく雑貨屋をやっていて、好きなものに囲まれて仕事できるっていいですねと言われるのだけど、当たり前にとても居心地がいいです。どこを見渡しても私が好きで集めたものばかりですから。この店に統一性はあるかと聞かれたら、正直ナイと思います。でも私が好きだという統一性はあります。それでいいんじゃないかなって。
似たり寄ったりのお店はどこにでもあるから、私なりの癖が出ているお店でいいんだって思います。というか、表の飲食店は癖がすごいですけどね(笑)