癖と暮らす

【GO OUT】大好きな雑誌です。アウトドア雑誌なのですが、友人が貸してくれたこれはお部屋特集なので、我が家でニヤニヤしながら見てるんです。どうやら、というか、やはり私は男子脳らしく、載っているお部屋の癖にしびれています。

昔はシンプルなモデルルームのようなお部屋が好きだったんだけど。
年々ごちゃごちゃと癖がひどい部屋が好きになっています。
これはそんなお部屋ばかりが載ってる。

それは雑貨屋をはじめて、色々な雑貨を見て触れて、という実績もあるのでしょうが、インスピレーションをガンガンにうけたのは癖のあるお店の人と知り合えたからだろうなと思います。(悪口ではないむしろほめ言葉であります)

先日行った久留米のLUSCAFEは、はじめはシンプルなカッコイイお店だったんですが、あれから5年(笑)
店主の癖がすごいことになっています。画像がないのでお伝えできないのですが、グリーンやら玩具やら剥製やらなんやらが色々なところにディスプレイされています。私の好きが置かれている訳ではなく、あくまで店主の好きが置かれているお店ですが、すごくカッコイイ。そして不思議と落ち着くんですよ。

癖と言えば隣のウメノ商店もなんですが、店主が好きなものが店内にたくさん。おもに昭和レトロなもの。お客さんの事を完全に無視しているような偏り具合だけれど、やってきた人たちはきょろきょろとあちこちを見渡して、なんとも楽しそう(に私にはみえます)
主人の脳みその中身がダイレクトに空間に出ている。オーナーの癖が出ちゃうからチェーン店より個人店が好きなのよ。

これは好きなインテリアブランドの方が言っていた言葉なのですが、

人に見せることを前提にしていない空間。狭くても散らかってても、テイストめちゃくちゃでも自分にとっての居心地の良さが最優先(前者の店主はまさにこれ)


まさにその通り。私が思っていることを上手にまとめてあるー!
これよこれよ。視界の中に自分の好きないろんなものがあるからこそ、色々とひらめくし、癒されるし、落ち着くのだ。
キッチンは我が家でいう私の部屋みたいなものなんですが、少しずつ集めたキッチンアイテムたちをごちゃごちゃとぶら下げています。
ぼこぼこになったトレーがあったり、くたびれたリネンのキッチンクロスがあったり、飴色になった調理ベラがあったり、買ったときとは明らかに違うその風合いは、どれもこれも私の視界に入ってきては、夕方のくたびれたテンションをあげてくれます。
きっと子供が巣立った時に余る部屋が出てくるんだろうけど、その時にお部屋づくりの楽しみができるんなら子が巣立つことも寂しくないような気がする。でもまだまだ。まだまだ癖が足りない。
いつもその新メンバーを探すのが楽しみのひとつです。
少しずつ少しずつ…

いい暮らしをしていると思われたいのではない。センスがいいと思われたいのでもない。モデルルームのようなどこにでもあるようなお部屋はつまらない。好きなものに囲まれて暮らしたいと思っている。そしてお店側としては、好きなものに囲まれて暮らしてほしいなと心から思う。

お盆送り火

まったりゆったりな盆最終日【終戦記念日】です。
今年はお姑さんの初盆。あっという間の1年でした。
ミンミンとなる病室で、義母と合唱の声が聞こえるね、なんて話してたのがついこの間のようです。

娘におばあちゃんの事は覚えてるよね?と聞くと、うん。面白いおばあちゃんだったよね。と答えたので、あぁ覚えてるってホッとしました。共に生きることは、時に面倒ではあるけれど、末っ子多聞と1年でも一緒に生きてくれたことに感謝している。太く人生を生きた義母のことを、こんな人だったんよと話をしてあげよう。きっと目を丸くして驚くに違いない。

私の好きなハンバートハンバートの新しいアルバムに入っている『ただいま』っていう曲の歌詞がお盆にしっくりきたのでよかったら。



ただいま

これは兄ちゃん これは姉ちゃん
そしてこれはぼくの
みんな今日は来れなくて
ぼくが代わりに来た

忘れてなんていないよ
ただちょっと忙しい
この前の正月も
その前も会ってない

ねえねえ そこはどんなところですか
ねえねえ 床の下の梅酒はまだ?

あのね姉ちゃんのとこの子
寝返りうったって
それと兄ちゃん 今の人と
結婚するかもって

そうそうこの間ね 叔母さんが来て
置いてったおはぎが おなじ味だった

お線香の匂いなんて
好きじゃなかったけど
なぜか今日はもう少し
嗅いでいたくなった







あぁ、センチメンタルに浸っている場合ではなかった。
家を片付けなくては。
家が汚い。
でもそんなこと言ってられるのって幸せなことよね。
会えるうちにいろんな人に会っておこう。

明日はおやすみです。

クリスマスからお正月へ

ようやくクリスマスが終わったと思ったら、もうお正月の準備へ
師走って、完全にこの時期のことを指すんだ!!と確信する車の多さ。
一番事故が多い月でもありますので、みなさん安全運転で参りましょう。
dscn6029
今朝方、実家から蠟梅をもらってきました。
きっと母がお正月に飾ろうと畑からとってきた蠟梅なんだと確信しましたが
盗みました。後で謝っておこうと思います。
dscn6032
また来年もよろしくお願いいたします。

ストーブと次男

いよいよ寒くなりましたね。
我が家の1歳児の為にストーブを出す事をためらっていたウメノ家ですが、
とうとう我慢ならず出しちゃいました。
450-20130207132641115778
良くご覧いただけると解るかと思いますが、
ストーブガードを注文していたんです。
それが届いたのが昨日。
大きな段ボールで結構な重量でしたが、ご覧ください。
このカッコよさの極み。
1215-401-p1a
やんちゃ坊主がいても安心だね。
それに暖房と違って身体が芯から温まります。
手放せないね。

最高。生ビール最高。

昨晩は旦那さんに子ども達3人を預けて実に半年ぶりくらいの飲み会でした。
(うぉぉぉぉー嬉しい奇声)

ドラマ【逃げ恥 第8話】で繰り広げられた飲み会を自分たちに重ね何度も予習し臨んだ乾杯は最高でした。

(最高。生ビール最高。のくだりを乾杯の度に熱演)
450-20130207132641115778
主人に居酒屋まで送ってもらい、5時から飲むという幸せ。(もう一度あの時に帰りたい)

皆に共通するのは日々子育てと仕事を頑張っているということ。
くだらない話もしつつ、話の大半は子ども達のこと。

ちゃんと育ってくれているだろうか、とか、
こういうところが〇〇だから、とか、
こんなことがあって、とか。

その色んなモヤモヤをだーーっと話した日。
家庭というベースがあるからこそ頑張れるわけで、
そばで同じように頑張っている同士がいるからまた頑張れるわけで、
刺激と癒しと麦汁を補給できた飲み会でした。

さて今年も残り25日。
がんばろう。

ウメノ商店ランチ

先日はオムカリーをご紹介しましたが
dscn5836
本日のランチはその道20年の梅野が作る、たこ焼き。でございます。
dscn5883
たこ焼きに使う生地は八女の梅野製粉さんのもの。
明治創業の老舗の製粉所で地元、福岡県筑後平野産の小麦を原料に使用し、創業当時の製法で挽きつづけているものを使っています。
こちらは塩とソースのハーフです。
塩はあっさりしているので、より生地の美味しさやキャベツたちの美味しさが解りやすいです。

ソースはナインソースをたぷーりかけているので、生地とソースのコラボレーションがぱねぇです。
さー食べるぞ!!って言う時に決まってお客さん。
あぁ。

冷えても美味しかったもん(泣)

夏の終わりに

ゆっくりとパソコンの前に座ることもままならなかった8月。
いつの間にか9月になっておりました。

8月の頭に主人のお母さんが旅立ちました。
香典返しを当店が承ることになり、今はその準備に追われております。

いつもなら淡々と作業するのですが、
ミンミンと蝉がなく暑い日に、
入院先の病室で『外は暑かろう』『いや、ここも暑いよ』なんて何気ない会話をしたことや、はじめて会った時のことや怒られたこと。孫を喜ばせる顔とか。イロイロと、本当に色々と思いだされ、ギフトを包んでは手が止まり、また包んでは、、、その繰り返しです。

男の子3人を育ててきたお母さんで、世話好きで、よく気のまわる、大勢が集まるのが大好きな、まるっとひとまとめで言うと強い、とても強いお母さんでした。
やはり嫁という立場なので苦手意識もあり、結婚して8年のらりくらりとやってきたように思います。
もっと話せばよかったのかな、もっと会いに行けばよかったのかなと、色々考える日々です。

3人の子育てに加え、夫婦共々お店も営んでいるので、実家へなかなか顔を出せなかった私に
『子育てが大変なのはわかる。後をどうするかは思いやりたい』とバシっと言われたことがあります。
その言葉がぐるぐると頭をめぐって、ガンガンと心に響いております。

『ほーら。そげんなるやろうが。私の言うた通りにせんけん後悔しとろうが。』とかなんとか言ってんだろうな。
『ホントだった、お母さんの言う通りでした。』って答えたら、得意気な顔をするのが目に浮かぶ。

香典返しを私がやるということで自分のその気持ちに少しばかり折り合いをつけれているんだけれど。なんだかそれもすべて母の計画のような気がしています(笑)そんなこんなで、もうしばらくブログ更新はできそうもありません。FBやインスタ(ID umenozakkaten)ではちょこちょこUPしているので、そちらをご覧ください。


『お母さん、パシッとやるから任せといて!!!』

ARITA-KING

先日お越し下さったお客様のお話。

5/1移転オープンしてドキドキしながらお店にたったあの日。
ご家族連れでお越しになったK様一家。
13664782_632460540263743_1008133762_n
その時、当店オリジナルのARITA-KINGに一目ぼれしてくださってお買い求めいただきました。
遠く上海に住んでいらっしゃるそうです。
K様にはその時在庫のなかったレッドとターコイズをご予約していただいていました。
今回出来上がったので2か月ぶりにはるばる上海より取りに来て頂いたという訳です。
マグのデザイン、カラー、サイズ、どれも誉めてくださいまして感激。
aritaking2
モノづくりに関しては、調味料も何でもそうなのですが、簡単に出来るものではありません。
4年前にARITA-KINGを作った時、何度も何度もやり直しをお願いし、窯元さんを困らせたりもしました。
でも妥協せず作ったので出来上がった時はとても嬉しかったし、4年経つ今も大切にしている商品のひとつになっています。
aritaking02
K様よりお礼のメールをいただきましたのでかいつまんでご紹介。

こちらは今日上海に戻り早速今回買ったARITA-KINGで珈琲を一杯飲みました。
中国は日本でもよく報道されている通りストレスが溜まる国ですので
”どのカップでコーヒーを飲もうか”と考える事が実は大きなストレス解消に
なっていることが自分で分かりました。
今回の3つのカップがまた貢献してくれる事と思います。
本当にいい物だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


なんて嬉しいお言葉でしょう。まさかアリタキングが上海に行くことになるなんて思ってもみませんでしたが、自分たちが遠くへ行けない分、分身のような商品たちが色々なところへと旅立っていくというのは感慨深いものです。

マグの中では決して安いものではありません。しかし一点一点、気の遠くなる様な過程を経て出来ています。
私の思い過ごしかもしれませんが(笑)ARITA-KINGは大切に使って下さる方に多く出会っているマグのような気がします。
これからも大切に育てていきたいと思います。K様ありがとうございました。


131_58_2_1_1438052355
※変化のある釉薬を使用しているため、色に個体差があります。
約Φ80mm×H80mm/200㏄(10分目)
電子レンジ・食洗機 使用可
直火・オーブン   使用不可

初誕生

本日無事に次男が1歳の誕生日を迎えました。
慌しく過ぎて行った1年ですが、すくすく、すくすく、ぶくぶく、想像以上に大きく成長してくれております。
これもひとえに皆様のおかげです。1歳のお誕生日といえば、餅踏み&選び取り。
長男の帰りを待っていたため、夕方からのスタート。夕方といえば、保育所から帰宅し、超絶腹減っていて機嫌が悪い時間帯の次男。いつも夕飯を作っている時にグズグズがはじまるんです。不安は的中し号泣、結局、紅白の餅は尻で踏まれ、びよんびよんに・・・
13263682_939381339512952_8516267474292047007_n
一升餅を大地になぞらえ、草鞋(わらじ)を履かせた足でお餅の上に立たせ、「しっかり地に足をつけて歩いていけるように」とか「一生を強く歩ききる足腰の強い人間になるように」などという願いが込められてるそうです。彼はしっかりと地に尻をつけて人生を歩いていく強い人間になることでしょう。
DSCN5180
選び取りは、ボールや電卓、ハサミに定規、ウクレレにお札、様々なアイテムを並べ、赤ちゃんの将来を占うてきな行事です。当たるもんでもないのでしょうが、これが一番盛り上がります。しかし次男は並べている場所に来てもなかなかとらない。B型のマイペースぶりを超絶発揮。家族は根気強く待ちます。待ちます。とらない。待ちます。・・・ようやくとったのは1万円札!
んをぉぉぉぉーーーーーという金に卑しい大人の黄色い声と拍手がとびかいました。

金持ちになる才能があるという占い結果でしたが、なんと我が家は3人とも1万円札!将来大豪邸に住めるのかしら…それとも立派な施設に放り込まれるのかしら…どっちにしろ母さんは強く生きていくから心配しないで。
DSCN5174
これからも3人仲良く、健康で、よかったら20才までくらいには自立を。それまで頑張って育てますからね。
おめでとう多聞!産まれてきてくれてありがとうね。

ここでちょっくら商売っ気を出しますね。お許しを(笑)
今回の初誕生には両家の祖父母を呼びお祝いしたのですが、こうやってちょっとした気持ちを内祝として差し上げるとより一層お祝いの気持ちが高まります。人気なのは当店オリジナルの調味料3本セットの他に、星燈社の茶筒や中川政七商店のふきんです。毎日使えるイイモノであること、あまり流通していない素敵なデザイン等からお選びいただくことが多いように思います。
今回私は夏前(梅雨前)ということもあり、薄手の乾きやすいギフトボックスに入ったオココロタオルと中川政七商店の富士山布きん(めでたいので)とkatakataさんデザインの可愛らしスポンジにしました。
店頭には並んでいないオススメの商品もございますので、お早目にご相談していただければと思います。
DSCN5182

DSCN5185

DSCN5187

DSCN5188

感謝

無事4/22をもって土橋市場のウメノ雑貨店の営業を終了することができました。
最後は土橋らしく、のんびりとゆっくりと仲間が集ってくれて、楽しく一日を過ごすことができました。3年半もの間、ご愛顧くださいまして誠にありがとうございました。
13054500_595736953936102_1582716916_o
本日4/23午前中に夜逃げレベルの早さで片付け、すっからかんになった店内。
モノがなくなったら、4年前に土間打ちをし、まだ幼かった長男と長女の足跡を乾く前のモルタルにつけたことを思い出しました。
必死でやってきた3年半でした。とにかく必死で、最初の1年はあまり覚えておりません…
13073045_595737000602764_941658717_o
何もなかった土橋市場でしたが、気づけば周りには沢山の仲間ができていました。
周りに恵まれた事がここでやってよかったと思わせてくれる1番の理由です。
ほぼ同じ時期にオープンし、暇な時も忙しい時も、あーだこーだとくだらない話をしながら共に過ごし、笑顔も涙も受け止めてくれた+10の10さん。この場を借りてはっきりと言わせてもらいますが、全く持って同世代ではありません(10さんがレアな若さを保っているのと私が少しだけ老けてるだけ)とても可愛らしい人ですが、芯の強いブレない女性で、商売とはなんぞやを教えてくれたのがオットだとしたら、自分のあり方とか接客の仕方とか、母親のあり方とかを教えてくれたのが10さんです。
お人よしのくせに、お世辞をまるで言わないので、似合わない時は似合わない、似合う時は似合うと誉めてくれる裏表のない人。普通は似合うと言えば、お客さんは買っちゃうもんなんですが、商売っ気がないのかなんなのか。おかげで私にもその教えが根付いてしまったようで売上につながりません(笑)でもその人柄とセンスがお客さんを魅了しているんだと思います。
オットにも感謝してますが、やっぱりこの人がいたから頑張れたし強くなれたし、道しるべを示してくれたから安心してやれたんだと思います。本当に本当に感謝しています。少し離れてしまうけど、やっぱり色々な話を聞いて欲しいので、ちょくちょく遊びにいかせてもらうつもりでいます。あと忘れちゃいけないのが縁の下の力持ちの渡辺さん。なんだかんだすごく優しくて、ひとまわり下の私にもずっと敬語で、でもすっごく頼りになるTHE商売人。女性やご年配の方ばかりの土橋市場で渡辺さんの存在はどれほど心強かったか。男友達はいないと言っていた私の唯一の男友達だと勝手に思っています(笑)ありのままで話せるオット以外の唯一の男性かもしれないです。あ、男として見てないとかではないですが、器用で女子力も高いし、なにより次男と顔が似ているので特別な気持ちをもっております。また一緒に美味しいもの食べましょうね。
13054539_595737203936077_551525129_o
3番目に仲間になってくれたのが同級生であり、ルームシェアもしていたsugar treeの里美。物静かだけど芯の強い真面目で優しい性格。私にはもったいない友達で、何かを強く主張することもないけれど、そっと寄り添って居心地のいい雰囲気を作ってくれる人です。私のラッピングの師匠は実は彼女。母親になってCafeはやめてしまったけれど、土橋の憩いの場所として私の憩いの場所としてソコに居てくれたことは10さん同様に強い心の支えでした。
それからあれよあれよと仲間は増えていきました。ナッピーの木下夫妻にもすごくお世話になりました。奥さんのしゅーこさんは私が産休育休中に雑貨店を開けてくれ、無理難題にも文句言わず引き受けてくれました。綺麗好きで根が真面目なのがわかる店内でした。私が帰ってきたら一気にもとに戻ってしまったんですけどね。旦那さんのりゅーたさんは白壁に移転する前のウメノ商店に長い間お手伝いに来てくれていました。物静かだけれどこちらもやっぱり真面目でそんな2人が土橋に若い層を沢山呼び込んでくれ、今では小学生から高校生が集まる憩いの場をつくってくれました。賑やかな声は土橋の元気の源だと思います。
ビブリオチックの2人は私が妊娠出産でどうにもできなくなった時、ほぼ全てのイベント業務を引き受け見事に成功させてくれた頼もしい存在。正直こちらもお人よしでウメノに振り回されちゃったりするんですが、パーフェクトにやってくれ、土橋に新しい風を巻き込んでくれました。Uぴょんは同級生なんですが、美人さんで頭脳明晰、いつも落ち着いている。密かにその冷静さをどこで壊せるかを目標にやっておりましたが案の定目標達成ならず(笑)相方の先生は、私の子育て相談にいつものってくれて(だから先生と呼ぶ)物知り博士。フランス語とイラストを操るピーターパンで、私のハートをつかんで離しません。これからもちょくちょく相談にいこうと思います。
neuの柿原くん、世界堂の宮崎くんもある意味人たらしで土橋のマダムのお気に入り。彼らが仲間になったことで、年配者が多かった土橋市場の強い即戦力となってくれました。個性豊かなメンバーが揃い、誰かがそこにいて、毎日が楽しかったなって切なくなります。
本当にお世話になりました。本当に楽しかったです。本当にありがとうございました。
心にぽっかり穴が開いちゃうのでリハビリを兼ねてちょくちょく遊びにいきますね。
こんなカタチでの御挨拶になりましたが、面と向かっては言えないので。
みんなーありがとねーー
私が言うのもおこがましいですが、これからの土橋市場もウメノ商店もウメノ雑貨店もどうぞよろしくお願いいたします。
八女楽しい町です。


P.S 長文読んでくださってありがとうございました。
一応言っておきますが、ウメ嫁は呑んでいるということを念頭に置いておいてもらえると助かります。