展示会へ

展示会に行ってまいりました。

いつも早く巻いて(終わらせて)福岡の美味しいもの食べるぞーと思っているのですが、毎度5時間缶詰め。

今回はより長く…10時から15時までの6時間滞在となりました。

会場にはいつも一口サイズのチョコレートが用意してあるので、途中3つくらい食べるんです。

お腹がすきすぎて糖分不足に陥ると脳みその回転が鈍くなり、何も選べない状態になっちゃうので。

今回は5つは食べた気がします。

なぜに6時間もかかったかというと(それでも巻いた方)私の好みが沢山だったから。

やー、ほんと仕事なんですけど楽しい。そしてものすごく疲れる。これぞ展示会。

昨年大ヒットしたあの靴の予約もしてきましたよ。

ヒットすると価格も少しあがるけれど進化して(色もサイズも豊富に)よりイイものになっていくんです。

どうぞ9月入荷(すんごい先だけど)をお楽しみにしていただければと思います。

ぼんぼり祭りだよー

本日より八女ぼんぼり祭りです。
店内のピンク集めてみました。

今日はやけにコレが売れるなぁと思っていたら、1296円→410円 まさかの値段つけ間違いしてました。
やっちまいましたね。店主が気づいたのでセールは終了です(笑)暖かくなってきたのでぼんぼり祭りごゆっくりお楽しみくださいませ。

2018年はじまりー

あけましておめでとうございます。
初売、たくさんの方にご来店いただき、ありがとうございました。
セールは明日までですよ。

早速決意表明いたします!

今年は潔癖症なところを柔らかくしたいと思います。
あ、現実世界ではまったく潔癖ではなく、むしろ、なーなーですが。
善悪において潔癖なんですよね。えぇ。
柔らかくというと聞こえが悪いのですが、
潔癖なところを他人に押し付けずにやっていきたいという意味です。
私は私、あなたはあなた。という気持ちになれば、
いろいろと楽になるような気がします。(闇)

さてさて、決意のけの字も関係なかった告白は置いといて

1月の半ばあたりに新ブランドが入荷してきます。
うちがどのくらいのメーカーさんとお付き合いしているかと考えると
余裕で100は超えるのですが、新メンバーはインテリアに強力な力を与えてくれるに違いないです。

私が大事にしているのは、まず見た目(基本私の好みの問題です)
そして、機能性(耐久性、操作性など)、その次にコスパというか、価格です。
ただ、イイものっていうのはある程度お金がかかってるので、
デザインや素材などを見極めてのコスパとなります。
安けりゃいいってもんでもないし、
高けりゃいいってもんでもないです。

みなさんに納得し喜んでもらえるもの。
生活を豊かにするというより、生活する皆さんの心を豊かにしてくれる商品。
それを探し出すこと、提案すること、そこはいつまでも潔癖症であり続けたいと思います。
今年もウメノ雑貨店を!!!ついでにウメノ商店も(二の次)よろしくお願いいたします。

御挨拶


あっという間に1年ですね。
今年1年ウメノ雑貨店に(ウメノ商店も)来店してくださった皆さま誠にありがとうございました。
さきほど今年最後の営業も無事に終わり、明日から酒におぼれることしか考えておりません。
とはいえ、そんなに強いほうではないので量的には、20センチの水量で幼児が溺れるレベルです。(は?って思った方ごめんなさい。うまい例えが全く浮かばず・・・)

今年は色々な刺激をいただき、ぬるま湯につかっていた自分から脱皮できたような気がします。脱皮できたのはいいのですが、35歳まだまだ青二才なだけあって、勘違い野郎になったりもしました。小3の息子がたくましくなったような、いきってるような感じに成長中なんですが、私も似たようなもんです。来年は(つっても明後日からですが)初心にかえり、ちょいベテラン風ふかしてるけど、そこそこ謙虚だよね、あいつ。みたいな感じになろうと思います。

最後まで何言ってんのかさっぱりでしたが、来年もよろしくお願いいたします。

年始は1/6スタート(濃厚・ぶれる可能性あり)です。
ウメノ商店は1/2(夜の部)よりスタートです。



5周年

本日2017/11/03ウメノ雑貨店5周年を迎えました。
各地でイベントがあっていますが、今日は本当にいい天気でした。
5年前と比べると八女も随分かわりました。
お店も増えたし、八女を訪れる人も増えたかと思います。
雑貨店も私もだいぶたくましくなっているのではないでしょうか。
まだまだ子供が小さいので営業時間も短く、やれることにも限りがありますが
やってみたいことは脳内にインプットしております。
明日から6年目。
ぼちぼちいきますのでよろしくお願いいたします。

本町夜市

遅くなりましたが、9/24本町夜市大成功でした。

お天気にも恵まれ終始お客様、飲食もとぎれることなく12時から21時まで長く長く楽しんでいただけたのではないでしょうか。
私も裏でひっそりやっておりましたが、たくさんのお客様に足をお運びいただきました。
おかげで店内がちょっぴり寂しげです。ありがとうございます。

今回で2回目となった本町夜市。はじまりは、祭り期間中こっち(白壁界隈)でも何かイベントしてくださいよーっていう話からだったそうです(主人談)何がいいかと考えたところ、幼少期のヨアソビのわくわく感を思い出した梅野が夜市をやろうと飲食店仲間を誘いました。
夜市でやるビンゴ大会の協賛をSNSで呼び掛けると、あっという間に100を超える協賛が集まりました。
お店をやっている人だけでなく、自腹をきって協賛してくれる方もいらっしゃいました。
八女界隈に粋な大人が沢山います。
でもそれは粋な大人がいる町が私達を育てたからかもしれません。
そういった意味では伝統継承。

参加してくださったお客さま、出店者さま、演者さま、近隣の皆さま、ご協賛くださった皆さま、すべての皆さまに感謝申し上げます。
ご協力してくださらなければ、こんなに素敵な大人や子供たちの笑顔はみれませんでした。

先ほど八女のロマンで撮影してくれた画像が届きましたのでご紹介。
みなさん、とてもいい顔をしてますね。










ビンゴ―!!で当ててね。


いよいよ明後日9/24(日曜日)ウメノ商店敷地内で開催『本町夜市vol2』名物のビンゴ大会
昨年も老若男女みんな大喜び。私も参加したかったのですが、なくなく断念。

今年も続々沢山のご協力頂きました。

今回のビンゴの景品がすごいことになってます。
昨年もすごかったんですが、ホントにすごいことに!!!
得しかしないものばかりで私ドキドキしております。

子供も大人も喜ぶ協賛品ばかり(私ひとり物色しました。素晴らしかったです。)

『協賛店一覧』
▪️西日本新聞エリアセンター福島様
▪️牛島幹様
▪️荒尾花火様
▪️メキシコ料理アステカ様 LINK
▪️本町大衆酒場鴻臚様 
▪️ウメノ商店様 LINK
▪️ウメノ雑貨店様
▪️和風ステーキハンバーグ秀屋様 LINK
▪️チキチキバンバン様
▪️ガレージTDC様
▪️高山企画様
▪️サンカクキカク様 LINK
▪️情熱焼鳥祭様(久留米店)
▪️情熱焼鳥祭様(鳥栖店)
▪️波平食堂様(田主丸)LINK
▪️FLAT様
▪️デリボーイブロスハンバーガー(うきは)様 
▪️八女動物病院様
▪️イートウェル株式会社様
▪️ブーニーズ(柳川)様 LINK
▪️サイフォンタツヤ(柳川)様
▪️みずいろ。様 LINK
▪️信玄酒店(薬院)様 LINK
▪️atelierリュバン様 
▪️atelierマロン様
▪️くろくも舎様 LINK
▪️蕎麦季里 史蔵様 
▪️片岡建築様
▪️エマニエル布陣一同様
▪️国武建設様
▪️楽園(久留米店)様 LINK
▪️楽園(八女店)様 LINK
▪️ナノツキ(久留米)様 LINK
▪️ちくちっく様 LINK
▪️八女のロマン有志様 LINK
▪️ラプア(筑後)様 LINK
▪️漆工房岩弥様
▪️美今人α様 LINK
▪️hairGarden様 
▪️ハレカフェ様 LINK
▪️錦ネーム(北野)様 
▪️サタデー太鼓フィーバーズ様 LINK
▪️ドライフルーツイチマル(久留米)様 LINK
▪️Flowerbird(筑後)様 LINK
▪️中村商店様
▪️謎のY氏様
▪️ハリカ八女店様 LINK
▪️サーティーワン八女店様
▪️大丸肥料様
▪️岩永健之・小百合様
▪️kashikiti(星野村)様 LINK
▪️古道具竜様 LINK
▪️+10様 LINK

おかげさまで今年も盛大なビンゴ大会景品となりそうです。
本当にありがとうございます。
子供達のドキドキワクワクの表情が目に浮かびますね☆
あとは当日素晴らしい天気になってくれれば最高ですね。
是非是非家族みんなで遊びにおいでくださいませ。
『本町夜市』
@ウメノ商店敷地内
12:00〜21:00(20:30〜名物ビンゴ大会)
画像に含まれている可能性があるもの:室内

本町夜市 Vo.2 開催

なんてわくわくするポスターだこと。

この町屋にウメノ商店、雑貨店が移転し2年目。
2017年9月24日(日)は本町夜市Vo.2 開催です。

幼少期・学童期におまつりに連れてきてもらった時のあのワクワクとした高揚感を覚えていますか。

ソースが焦げるイイ匂い(たこ焼き、イカ焼き、焼きとうもろこし)
買ったばかりのソフトクリームを落としたあの子のこと(私だ)
一生懸命削った型抜き(一度も成功したことなかったなぁ)
ジャニーズのポスターが当たるくじ(友達に付き合ってやったら堂本光一のポスターが当ってしまったな。もてあましたな。)
提灯行列の番号くじで当てたヘアアイロン型ドライヤー(火をつけた提灯を持って八女公園から岩戸山古墳まで歩くのです)

死んだおばあちゃんのことも思い出すし、片手にあったはずの500円玉がいつの間にかなくなってたことも、もれなく思い出す。
そんな記憶が20数年経った今、それはそれは、ほっこりと胸を温かくしてくれます。
私達は未来の子供たちを温かい気持ちにしてあげなくてはいけない義務がある。
たいそうな義務なんです。


ポスターに書かれている

家族や友達とヨアソビした思い出。
幼き記憶にインプット!
俺達大人はアウトプット!


これは主催の夫(ウメノ)がいつも言っている言葉。
こんなにHEY!!YO!的な感じでは言っておりませんが、親にお金を貰ってやったクジが1等だったりしたら、自分よりも親がワ―――!!!って喜ぶだろ?それが子供は嬉しいんだよ。それが思い出になるんだから。って。

一緒にやりましょう。
子供の手を引いて、この匂いを感じさせてあげるだけでいいんだから。

今回はななななんと、夜市だけれどスタートは昼から夜まで。
出店者はかなりの長丁場になりますが、昨年までバラバラに開催されていたあかりの祭典と燈蝋人形が合体し9月22日23日24日の3日間となったので、がんばりましょう。

また昨年にひきつづき、ビンゴ大会景品の協賛をお願いしております。
&フライヤーを置いてくださる店舗さまも募集しております。

どうぞご協力よろしくお願いいたします。

雑貨店からももってけドロボーばりに色々出すのでお楽しみにねー。
それにしてもいいポスターだ。
はやくもグッと来ている私がいます。

さて、同日、土橋市場では『土橋事変』も開催。

まーこちらもなんて素敵なポスターだこと。行きたい行きたーい!

出店者としては同日開催は喜ばしいことでもありますが、買いに行くのが絶望的。
そしてこちらも魅力的すぎる出店メンバーですね。見ているだけでよだれものです。(誰かおつかいプリーズ)

土橋事変に関わってきた私達ですが、土橋-白壁をつなげるイベントができたらいいね。なんて話しておりましたが、早くも実現。
あっち行って、こっち行って。
きっと楽しいですよー
絶対楽しいですよー









ガラス展

ガラス展、たくさんのお客さまにお越しいただきまして誠にありがとうございました。

よろしくお願いします。と、ありがとうございます。
この写真を撮ったのがもうずいぶん前のことのような気がします。

かご展から1か月後のガラス展、刺激刺激の毎日でした。
無事終わることができて、安心しすぎてブログ更新が今頃に。
スイッチOFFになったまま数日…。
同じくglass art nano-tsukiさんもOFFになったままのようで(笑)
でも楽しかったね。来年はこうでこうで…と未来の楽しみの話もできたので、やってよかったなと思います。

今年5年目を迎えるウメノ雑貨店ですが、
常連さんや作家さんたちから

いくつになった?
35です。
あら、もう35になるの?

っていうお言葉をよくいただきます。
立派な中年らしいです。アラサーともいいます。

中年な私ですが、今年PTAとか地区委員とかいう役職(もちろんヒラ)がつきましたが、全くもって役立たずだし、出来ると思っていることが全然だったり、35年いっしょにいる自分を客観視すると、まだまだひよっこです。いつになったら鶏になるのか謎ですが、きっと60くらいには・・・と思っています。経験値を増やしてラスボスに勝つのが好きなので(RPGの話です)これからもどんどん挑戦していきたいと思っています。みなさまよろしくお願いいたします。




ガラス展 7/8-7/17

7/8から始まるガラス展
かご展とは違った雰囲気で、わくわくが止まらないです。

昨日は参加メンバーたちとの撮影会。







筑後の花屋La puaさんの場所をお借りしての撮影。
店内お花のフレッシュな香り、マイナスイオン的なものがふわふわと身体にまとわりつくのがわかるんです。
&この時期お花屋さんってすごくキンキンに冷房が効いてるんですよー(笑)
お花たちの為でしょうが、我々もものすごく涼しくて最高でした。

そんな涼しい店内で、今回展示販売するガラスたちと一足早く対面いたしました。
ちらっと、ちらっとご覧くださいね。

【glass art nano-tsuki】
今回展示販売してくださる硝子についてご紹介。

フランス語で「ガラスの練り粉」を意味するパート・ド・ヴェールという手法。古代メソポタミアまで遡りますが、行程が多く、作業時間もかかる為、量産出来る吹きガラスの登場とともに衰退しました。一度消滅してしまった古い技法は幻の技法と呼ばれるようになります。

今回特別にnano-tsukiさんから工程の画像を少しばかり見せていただきました。本邦初公開でございます。

天然石のような、お菓子のような、この集合体可愛すぎます。
一般的な硝子の透明感、硬質なイメージと違う、やさしい色合と柔らかい透過性は見るものを一瞬にして惹きつけます。ガラス展メンバーもふぉぉぉぉぉー。とかファァァァァァァーとか、言葉にならない声をあげておりました。

世界最古の技法。
…あぁ、なんかロマンですね。

天然石のようなマットな硝子と、その天然石を丹念に磨いたような宝石のような硝子。
どちらも欲しい!!
単純にどちらも欲しい!!(笑)
ロマンを通り越してしまった私の物欲。(サーセン)



ひとつひとつが一点ものです。
夏の装いに是非。きっとお気に入りの一つになるはずです。

ここですべて披露してしまうのは楽しみがなくなってしまうので、ガラス展でご覧になってくださいね。
次回はLa puaさんのガラスをご紹介いたします。

photo by glass art nano-tsuki
model by yosinaga