あっという間に四月です。


お久ぶりにブログも更新!!




あっという間に4月になってました。平成最後の4月。平成最後のって使ってみたかっただけです。来月からは令和のはじまり~








春休みも無事終わり平穏な日々を取り戻した私です。




昨日は2連休いただいて温泉へ行ってまいりました。




長男5年生になりました。




画像は風呂上りのコーヒー牛乳早飲み競争中の様子です。




もちろんオジサンの完全勝利でしたが、美味しさを味わうことなく飲んでしまってもったいなかった。とオジサンは悲しそうでした。




八女は熊本県山鹿市と県境にあるため、ちょっと車を走らせれば平山温泉(天然温泉)に入ることができるという立地。わざわざ一泊することもなく最高のお湯につかることができます。とはいえ、温泉が最高すぎて一泊したいと思わせるんですよね。郊外から八女にお立ち寄りの際は是非とも。




さてカレンアッシュ バスクTシャツ( フランスのバスク地方の漁師が着用していたワークウェア)をご紹介。1枚でも様になるしっかりした生地で作られているのでこれからの季節重宝するんじゃないかな。




ボーダー(BK×WH RD×WH BK×WH)




無地(NV BK WH)




¥4000+tax




日本製












満足














昨日は小学校の卒業式で子どもたちがお休みだったのでふらふらと遊びに。




定休日の火曜は学校が休みになることなんてほとんどない。5人そろって出かけるのもこれから減るばかりだろう。たくさん撮った写真を見返すと、公園で遊んだり走ったりしているだけなのに子供たちの笑顔が溢れてて連れてってよかったと心底思った。いい一日だった。

みやざきタオルのマフラー


1896年創業の宮崎タオルのマフラーが届きました。








ご説明する前に、マフラーの着画をごらんください。




























まさに老若男女、それぞれがそれぞれの使い方でマフラーを使っています。








この画像に惹かれて入荷したようなものなのですが、本当に素敵。




例えば山に登るとき、肌寒い時、汗をかくような仕事の時、ジョギングの時、庭仕事の時、暑い厨房で仕事をしている時、いつものタオルじゃあれだけど・・・っていう時にすごく使えると思います。




なにより、店主がとても汗っかき。




子供か??ってくらいに後頭部に汗をかくんです。




夏なんてずっとタオルを首に巻いていたいくらいです。




でもね、首にタオルのベストコーディネートってジャージとかつなぎとか、思いつく限りではそんなもんじゃないですか。




ワンピースに合うマフラーをって言ってるわけじゃないのです。




デニムに合わせられるくらいのマフラーでいいんです。




それを叶えてくれそうなマフラーと言う名の今治タオル。




お洒落の延長戦でじわっと私の汗を吸い取ってくれそう。




例えば夫が使うとしたら・・・




ウメノ商店、夏になれば客席はエアコンで涼しいけれど厨房は地獄のように暑いんです。




ランチタイムともなれば店主自ら配膳することもあるわけで、ヘイお待ち!みたいなスタイルでもない限りタオルを首に巻いてお客様の目の前にってのもなかなかできないことです。そんな時とかね。




例えば子どもたちに…公園で遊ぶ=汗だく 日よけとして巻いていた今治マフラーをさっとほどいて、風呂上りの髪を拭くように汗を吸い取ってあげましょう。




お手入れもなんのその、普段のタオルのように家についたらぽいっと洗濯機にいれれば済む話。




薄手なのですぐ乾きます。




考え付いたら霧がないけれど、それぞれがそれぞれの使い方で。       




あくまで提案しているだけで、正解の使い方なんてないんです。




当店は10カラーのご用意がございます。                  




自分のお好きなカラーみつけてくださいね。                




価格は驚きの野口英世+TAXです。もとい1080円です。           




さきほどもホワイトデーのお返しにお選びいただきました。         




冒頭にも申しましたが老若男女お使いいただける万能ギフトです。      




お世話になった方々へのギフトとしても使えると思いますよ。







みやざきタオルさんのホームページも是非ご覧ください。https://www.miyazaki-towel.co.jp/

TO GO!!

展示会なんかで、説明を聞く前に衝動的に手に取ってしまったもの。

最近の似たような感覚だと、RIVERSのサーモジャグなんかがそうですね。

おぉ。これは素晴らしい、イイものつくったな。ってわくわくさせられるんですよ。

上から目線なのはさておき、そんなKINTOの新商品です。

KINTO【TO GO TUMLER】

TO GOとは持っていくという意味、つまり、店内でお召し上がりますか?それともお持ち帰りになりますか?の質問の際は、TO GOといえばテイクアウトになります。そんなテイクアウトタンブラーをご紹介です。実は、うちでお取扱いできるメーカーさんでKINTOを含む4メーカーがこの手のタンブラーを春商品として出しております。価格、デザインを考慮し、女性客の多い当店はKINTOさんを選びました。スペックはどこも差はなさそうです。

とりあえずご説明しますね。

まず飲むたびに蓋を開け閉めする必要がないため、仕事中や運転中、本を片手にリラックスしている時も、動作を妨げることなくドリンクを愉しめます。

当店にある類似商品としてはハイドロフラスクのタンブラーですね。

保温も保冷もきくため、我が家でもキンキンに冷えたビール1缶をそれに入れて飲んでました。

それ以外の使い道として珈琲を落とすピッチャーのような感じで毎日活躍してはおります。が、日々のお茶や珈琲にはちと容量が大きいなと思っておりました。水筒にも大小さまざまなものがあるように、タンブラーも容量って色々あった方がやっぱり便利です。
まず蓋があること。これによって、こぼれにくく保温保冷効果もUPです。

完全密閉ではないにしろ蓋があるのは持ち運びするときに便利です。

ガレージでバイクをいじるとか、家計簿つけるとか、オフィスでちょっとそこの会議室まで持ち運ぶ、とかが出来ちゃいます。

日本は衛生状態のいい国ですのでそんなに気にならないかとは思いますが飲み残した場合もなんとなく安心。

蓋が透明ってのも中の残量や飲み物の色が確認できていいですよね。もちろん蓋なしでもご利用いただけます。

そしてサイズ、240mlと360mlがございます。

小さい方は珈琲や紅茶など日常に飲む容量としては最適です。

ご家庭で使う時はこっちで十分な気がしますね。タンブラーはスタッキングもできるのでご家庭で2つくらいあれば家族で使いまわしできそうです。

タンブラーの内側に電解研磨を施し表面を平滑に仕上げているため、匂いや茶渋などの汚れがつきにくく、清潔にお使いいただけます。

電解研磨、最近よく聞くんですが、RIVERSのタンブラーにも使われていた技術ですね。

(´-`).。oO(最近のタンブラーではマストな技術なのかな。。。)

内底は丸みを帯びているため汚れが溜まりにくく、パーツが少ないためお手入れが簡単です。

また永く使っていただけるようボトル本体は錆びにくく耐久性に優れた18-8ステンレスを採用、タンブラーの表面には、傷がつきにくいようパウダーコーティングを施しています。

カラーも日本人好みだわ。

他のメーカーのはなんだかギラギラしていて苦手だったもの。

価格は360mlで3240円(税込)240mlで3024円(税込)です。

春のギフトに是非お選びいただければと思います。

長!!(読み返した後の感想)

APRON

とってもいいお天気で朝から洗濯、そして洗濯でした。

先日お気に入りのスカートを漂白剤でやっちまって、お気に入りの服で掃除はしちゃダメだなーって思ったのですが

お気に入りじゃない服なんて所有してないわよということで、エプロンのありがたみをとてもとても感じたのでした。

さて、大掃除の味方エプロンをご紹介です。

しっかりしたコットン生地で、メンズライクなVIRYのエプロン

ライトオンスのコットンキャンバスを採用し、首紐を背中でクロスし着用いただくフィット感の良いベーシックエプロンです。

着用時に金具のあたる違和感がないのも毎日使うものだからありがたいですよね。

また洗濯機へのダメージも心配ありませんのでガンガン汚して、ガンガン洗ってください。



こちらは首紐タイプです。楽に着脱できるのがいいところですよね。腰紐は柔らかいヘリンボーンテープを使用しております。

私が使ってるのはこの$のロゴがどかんとついたタイプです。

そして定番のfog linen work のリネンフルエプロン!!

もはやエプロンというより、ワンピースのような可愛さです。

リネン生地は値ははりますが、丈夫で衛生的です。

またfog linen workのこのフルエプロンは形がキレイで着けるだけで1ランクUPしたような気になります。

エプロンを着るとシュッと背筋が伸びたようになるというのは、制服を着たあの感じと似ています。

主婦の制服はエプロンだ!!

正月もせっせと働く主婦のために!!

クリスマスプレゼントとかすればいーやん旦那様たち!


KIKI 2018w

すっかりおなじみになりました。

KIKIのヘアターバン2018WINTERでございます。

いつもの自分に飽きたら、是非ヘアターバンを巻いてみて。

ハードルが高いと思っているそこのあなた。

ハードルは超えられる高さにあるから大丈夫です。

とりあえず着けてみる。

これだけでハードルは1段下がりました。

とりあえず買ってみる。

これだけで2段。

あとは3日続けてつけてみる。

もうハードルじゃないも同然。

あなたもヘアターバンマスターです。

そして追加でもう一個。なんてのもいいんじゃないでしょうか。

今はネット社会でなんでもボタン1つで手に入れられる時代ですが、これだけはどうか試着してからご購入いただきたいなと思います。

頭に巻くものです。しめつけがきつかったり、逆に大きかったりしたら、せっかくハードル超えようと思ったのに台無し!!

デザインはもちろんなのですが、楽に付けられるというのが一番のおすすめポイントです。












今ならめちゃめちゃ揃ってます。

リネンワンピース

上質な先染めリネンヘリンボン素材で仕立てられたワンピースです。

ウエスト切替のタックギャザー、ボリュームたっぷりな贅沢な一着。

ふわっと揺らしたくなるような女性らしい1枚です。

並んだ瞬間にお客さまが安いわね、こんなに反物使ってるのに。って。

そうそう。お洋服を作ったことがある方(生地を買ったことがある方)ならわかるんですよね。

こちらのメーカーは生地から作ってあるんですよ。とお話ししたら納得していただけました。

なんかね、こういうの着ちゃうと心がルン♪ってするのがわかるんですよね。

私もいっぱしの女性だったってことで・・・

この時期どのお洋服にも言えますが1枚だと少し心もとないのでインナーは必須です。

こちらはタートル、セーター、シャツと着方によっては何でもいけます。

1枚ならばタイツやレギンスを履いたり、更にはスカートをもう一枚下に重ねたり。

例えば全然違うチェック柄がちらりと見えたりすると上級者ですね。

前開きなのでライトアウターの様に羽織っても素敵です。

私はこの着方が一番やりそうな気がします。

ロングの羽織はなにより落ち着きますし、トレンドですからね。

ダブル仕様なのできちんと大人仕様、そして羽織でルーズに、どちらも対応しますよ。

ポケットはマストですね。







そうそう、モデルさんの画像も載せておきますね。



¥13500+tax

in taiwan

おやすみをいただいて台湾へ行ってきました。

久々の海外(15年前に行った韓国が最後)

とはいえ、自分で手配して行くのはお初。

福岡県からは2時間半くらいで行ける国なので、海外初心者にはちょうどいい国でした。

現地はというと、そこそこ寒い。

オーナー梅野は半袖半ズボン、ハイソックス、キャップ、謎のサングラスという出で立ちだったので寒い寒いと言っておりました。

台湾、なんだかエネルギーのある国です。

車&バイク社会で歩行者優先って言葉はこちらの国にはないかしら?ってくらいに日本よりゴイゴイです。

着いたのは15時くらいでしたが、日本より1時間早い台湾時刻。まだまだ時間はあるから街へ繰り出すぞと意気揚々と構えておりましたら、なんとチェックインできないトラブルが!!私達のツアーは空港へ現地のガイドさんがお迎えに来て、ホテルまで送ってくれるというもの。

他にも乗組員はいらっしゃるので、あなたはここで降りてくださいってのを完全に間違え、同じホテルの●●支店 別の場所へ到着してしまったというわけです。

ウメノサン、アタシイイマシタヨネ?2カイメノトコデオリテクダサイテ!!

電話口の向こうで若干怒っているガイドさんにごめんなさいごめんさない。と謝り、バスを待ちます。

ようやくバスが来たのが17時頃だったかな。

バスのお兄さんはとても優しくて、謝る私にダイジョブヨーと笑顔で答えてくれました。

台湾といえば夜市。沢山の夜市がある中で最大と言われている士林(シーリン)夜市というところへ出かけました。

台北市内は地下鉄が発達しており、3駅くらいなら80円で行けます。

外国人でもわかりやすいように路線ごとに色分けしており、路線赤の●●から路線緑の●●で乗り換えてってな感じで非常にわかりやすい。

何度か乗れば、すぐに覚えちゃいます。

夜市の活気ったらすごいです。

人混み大嫌いですが、衣類、屋台、バー、占い、食事処、玩具屋、日用品、ゲームができるところ2夜くらいなら余裕で楽しめます(実際私達は2夜連続でこちらへ行きました)

屋台もエリンギ、麺、ステーキ、タピオカ系飲料、巨大なウインナー、オムレツ、おでん。何でもあります。

せっかく来たのだからと色々なものをチョイスして食べました。


阿宗麺線(あそうめんせん)これは美味しかったなー。屋台なので頼んだらすぐ出てきます。

日本円でも300円くらい。希望であればパクチーもトッピングしてくれます。調味料系のもが3つ置いてあり味変もできます。



どれも美味しい!!と言いたかった。

グルメで注目されている台湾ですが、私達夫婦は八角という香辛料的なものが苦手のようで、大半のお料理にそれ系の味がします。

甘い、そして八角臭。簡単にまとめるとそんな感じです。

でもね

私はパクチー大好きですが、食べれない絶対無理って人もいるでしょ。

そんな感じなので、オイスィーと言う方も沢山いらっしゃるはずです。

現に、帰国して八角大好きという方もいらっしゃいました。

この後、少し離れた寧夏夜市というところへ移動し、屋台見学。

夜市は遅いところでは午前2時までやっているそうなので、夜市梯子も余裕でした。

翌日は朝市と問屋街へ

これが朝市!野菜や魚、現地の方々が食料を探しに来てるって感じでした。

朝市の定番でもあるお粥なども売ってましたよ。

そして問屋街。油の化ける街とかいて油化街(ユーカガイ)と呼びます。

布もの、漢方的な乾物、ドライフルーツ、雑貨屋など沢山のお店がところせましと軒を連ねていました。

比較的古い町並みのようで、すごく趣がありました。
一番テンションが上がったのは竹カゴのお店でした。

価格は日本のに比べ、ちょっと安いくらい。

中には破格もありましたが、時間もなかったので仕入はせずお土産だけでおしまい。

その日の夜も夜市へ!お腹を満たしてさっさとホテルへ帰りましたとさ。

こちら夫が買った子供たちと自分へのお土産。

藤子F不二雄もびっくりの衝撃的なドラえもんがそこにはいました。

私達の帰りの飛行機は朝8時だったため、6時には空港に。

両替やらなんやら終わらせ、11時には福岡に到着。

そのまま高速バスにのって八女に帰ってきました。

いやーなかなかの弾丸。

そして日本の良さを痛感。

また行ける時があれば行きたいぞ台湾。

結婚10年目の夫婦の貴重な一枚をみなさんへのお土産としますね。(いらねーよとか思われた方、気持ちはよくわかります)




9月のお知らせ

やっとやっと明日で夏休みが終わります。

昨年までは夏休みがこんなに面倒だと思ったことはなかったのですが、

今年我が家の小学生は2人に増えまして。

長男は寂しくなくなったかもしれませんが、まーにぎやかな日々が1か月と少し続くわけです。

そして仕事から帰宅すると家の中が見事に散らかっている。

毎日掃除機をかけるも夕方にはゴミが。

私も学童期こんなだったんでしょうかね。

子育ては親育てと言った人に拍手をあげたい。

本当その通り。

8月26日~28日はウメノ商店・雑貨店ともにお休みをいただきます。

夏の疲れをとりたいと思います。そしてノープランです。

さてさてもうすぐ9月が始まります。

9月は八女のお祭りがあります。

ちょうど雑貨店の裏通や歩いて5分ほどの物産館、伝統工芸館がある場所でも様々なイベントが催されます。

土橋市場でも恒例の土橋事変が開催されるようです。

チラシお預かりしておりますので是非是非ー

当店は、川原佳子さんの作品展を【9月22日より9月30日】いたします。

川原さんとの出会いは2013年頃だったと認識しておりますが、焼き物の町、波佐見町で出会いました。

心がニヤっとする作陶をされるんです。

例えば描かれている人物や動物たちが動き出しそうな、これアニメーションだったら面白いなって創造を私に与えてくれます。

じわじわ心に響いてくるというか、自分の元へと連れて来たくなるようなものばかり。

以前はシンプルなものを好んでいたのですが最近では派手なものやキャラクターものも許容範囲になってきました。

許容というとちょっと違うのですが、私の生活に必要になってきたという感じです。

日常にクスッと笑えるものとか可愛いものがあると安心できるんですよね。

ゆるきゃらがブームになったのも、今ならわかる気がします。

さてさて、川原さんの作品、ちょっとだけご紹介できればと思います。

以下、川原さんのFBより画像抜粋

【ユートピア】
自然や動物、人間が調和できる世界は理想だなって思う。










以上、画像でご覧くださったのは当日お持ちいただけるのかはわかりませんが、

こんな感じよーというのをご理解していただければ嬉しく思います。

みなさんお時間あれば八女散策ついでにお立ち寄りくださいましー

小さいお財布


CINQ 二つ折り財布 ¥17280



saranam 三つ折り財布 ¥15120

最近、クラッチバッグや巾着、籠バッグに入るように小さいお財布を探しに来られる方が多いような気がします。

当店では長財布が独占状態だったのですが、最近では売れているのは小さいお財布ばかりです。

私はここ10年くらいは二つ折りしか使っていないので、その不便さがちょっとわからなかったんです。

長財布のメリットといえば、収納力。

家庭のお財布を預かる女性たちは、男性に比べて多くのカードを所有してます。

クレジットカード、ポイントカート、時には家族分の保険証をも持っていたりします。

収納力がある長財布にもかかわらず財布パンパンってのも珍しくないんですよね(ウメノはみんなの財布をみている)

さて、長財布をご紹介したかったのではないのですが、二つ折り、三つ折りの最大のメリットはコンパクトだということ。

普段使いは長財布でもいいかもしれませんが、レジャーやアウトドア、旅行、運動会など人が多いところへ行く時は身軽がいいですよね。

海外旅行に行くのに、いつもの財布って持っていくんですかね?

私なら大事なもの、例えば免許証や保険証、いらないもの、日本のショップのポイントカードとかは持っていかないだろうなと思います。

だって盗難とか怖いじゃないですかーー

ご提案としては、長財布持ってるなら二つ目のお財布として小さいの持っちゃいなよーってこと。

CINQの二つ折りはアルプス地方で育った牛を使ったシュリンク仕上げのお財布。

コンパクトですが、収納力はなかなかのものです。私が愛用中の財布もこちらです。

二つ折りですがポケットが多いので収納力も抜群で、カードが11枚も入り、札入れと小銭入れには仕切りがあります。

私はこれにプラスでカードケースを持っておりますので、保険証や診察券はそれにいれてます。

もうひとつご紹介するのはsaranamの三つ折り財布。

掌に納まるサイズなのにお札を曲げていれないでいいという素晴らしさ。

サイズの割に実用性が高いお財布です。男性の方だと、これが主の方もいらっしゃいます。

うしろのポケットだけでなく、サイドのポケットにも難なく入るサイズですね。

そして見た目のエロサ(笑)←ほめ言葉

エロいというか、かっこいいんですよねー

プエブロという革になるのですが、はじめはマットですが経年変化により艶々のピカピカに変身していきます。

是非店頭にてご覧くださいませ。