in taiwan

おやすみをいただいて台湾へ行ってきました。

久々の海外(15年前に行った韓国が最後)

とはいえ、自分で手配して行くのはお初。

福岡県からは2時間半くらいで行ける国なので、海外初心者にはちょうどいい国でした。

現地はというと、そこそこ寒い。

オーナー梅野は半袖半ズボン、ハイソックス、キャップ、謎のサングラスという出で立ちだったので寒い寒いと言っておりました。

台湾、なんだかエネルギーのある国です。

車&バイク社会で歩行者優先って言葉はこちらの国にはないかしら?ってくらいに日本よりゴイゴイです。

着いたのは15時くらいでしたが、日本より1時間早い台湾時刻。まだまだ時間はあるから街へ繰り出すぞと意気揚々と構えておりましたら、なんとチェックインできないトラブルが!!私達のツアーは空港へ現地のガイドさんがお迎えに来て、ホテルまで送ってくれるというもの。

他にも乗組員はいらっしゃるので、あなたはここで降りてくださいってのを完全に間違え、同じホテルの●●支店 別の場所へ到着してしまったというわけです。

ウメノサン、アタシイイマシタヨネ?2カイメノトコデオリテクダサイテ!!

電話口の向こうで若干怒っているガイドさんにごめんなさいごめんさない。と謝り、バスを待ちます。

ようやくバスが来たのが17時頃だったかな。

バスのお兄さんはとても優しくて、謝る私にダイジョブヨーと笑顔で答えてくれました。

台湾といえば夜市。沢山の夜市がある中で最大と言われている士林(シーリン)夜市というところへ出かけました。

台北市内は地下鉄が発達しており、3駅くらいなら80円で行けます。

外国人でもわかりやすいように路線ごとに色分けしており、路線赤の●●から路線緑の●●で乗り換えてってな感じで非常にわかりやすい。

何度か乗れば、すぐに覚えちゃいます。

夜市の活気ったらすごいです。

人混み大嫌いですが、衣類、屋台、バー、占い、食事処、玩具屋、日用品、ゲームができるところ2夜くらいなら余裕で楽しめます(実際私達は2夜連続でこちらへ行きました)

屋台もエリンギ、麺、ステーキ、タピオカ系飲料、巨大なウインナー、オムレツ、おでん。何でもあります。

せっかく来たのだからと色々なものをチョイスして食べました。


阿宗麺線(あそうめんせん)これは美味しかったなー。屋台なので頼んだらすぐ出てきます。

日本円でも300円くらい。希望であればパクチーもトッピングしてくれます。調味料系のもが3つ置いてあり味変もできます。



どれも美味しい!!と言いたかった。

グルメで注目されている台湾ですが、私達夫婦は八角という香辛料的なものが苦手のようで、大半のお料理にそれ系の味がします。

甘い、そして八角臭。簡単にまとめるとそんな感じです。

でもね

私はパクチー大好きですが、食べれない絶対無理って人もいるでしょ。

そんな感じなので、オイスィーと言う方も沢山いらっしゃるはずです。

現に、帰国して八角大好きという方もいらっしゃいました。

この後、少し離れた寧夏夜市というところへ移動し、屋台見学。

夜市は遅いところでは午前2時までやっているそうなので、夜市梯子も余裕でした。

翌日は朝市と問屋街へ

これが朝市!野菜や魚、現地の方々が食料を探しに来てるって感じでした。

朝市の定番でもあるお粥なども売ってましたよ。

そして問屋街。油の化ける街とかいて油化街(ユーカガイ)と呼びます。

布もの、漢方的な乾物、ドライフルーツ、雑貨屋など沢山のお店がところせましと軒を連ねていました。

比較的古い町並みのようで、すごく趣がありました。
一番テンションが上がったのは竹カゴのお店でした。

価格は日本のに比べ、ちょっと安いくらい。

中には破格もありましたが、時間もなかったので仕入はせずお土産だけでおしまい。

その日の夜も夜市へ!お腹を満たしてさっさとホテルへ帰りましたとさ。

こちら夫が買った子供たちと自分へのお土産。

藤子F不二雄もびっくりの衝撃的なドラえもんがそこにはいました。

私達の帰りの飛行機は朝8時だったため、6時には空港に。

両替やらなんやら終わらせ、11時には福岡に到着。

そのまま高速バスにのって八女に帰ってきました。

いやーなかなかの弾丸。

そして日本の良さを痛感。

また行ける時があれば行きたいぞ台湾。

結婚10年目の夫婦の貴重な一枚をみなさんへのお土産としますね。(いらねーよとか思われた方、気持ちはよくわかります)




9月のお知らせ

やっとやっと明日で夏休みが終わります。

昨年までは夏休みがこんなに面倒だと思ったことはなかったのですが、

今年我が家の小学生は2人に増えまして。

長男は寂しくなくなったかもしれませんが、まーにぎやかな日々が1か月と少し続くわけです。

そして仕事から帰宅すると家の中が見事に散らかっている。

毎日掃除機をかけるも夕方にはゴミが。

私も学童期こんなだったんでしょうかね。

子育ては親育てと言った人に拍手をあげたい。

本当その通り。

8月26日~28日はウメノ商店・雑貨店ともにお休みをいただきます。

夏の疲れをとりたいと思います。そしてノープランです。

さてさてもうすぐ9月が始まります。

9月は八女のお祭りがあります。

ちょうど雑貨店の裏通や歩いて5分ほどの物産館、伝統工芸館がある場所でも様々なイベントが催されます。

土橋市場でも恒例の土橋事変が開催されるようです。

チラシお預かりしておりますので是非是非ー

当店は、川原佳子さんの作品展を【9月22日より9月30日】いたします。

川原さんとの出会いは2013年頃だったと認識しておりますが、焼き物の町、波佐見町で出会いました。

心がニヤっとする作陶をされるんです。

例えば描かれている人物や動物たちが動き出しそうな、これアニメーションだったら面白いなって創造を私に与えてくれます。

じわじわ心に響いてくるというか、自分の元へと連れて来たくなるようなものばかり。

以前はシンプルなものを好んでいたのですが最近では派手なものやキャラクターものも許容範囲になってきました。

許容というとちょっと違うのですが、私の生活に必要になってきたという感じです。

日常にクスッと笑えるものとか可愛いものがあると安心できるんですよね。

ゆるきゃらがブームになったのも、今ならわかる気がします。

さてさて、川原さんの作品、ちょっとだけご紹介できればと思います。

以下、川原さんのFBより画像抜粋

【ユートピア】
自然や動物、人間が調和できる世界は理想だなって思う。










以上、画像でご覧くださったのは当日お持ちいただけるのかはわかりませんが、

こんな感じよーというのをご理解していただければ嬉しく思います。

みなさんお時間あれば八女散策ついでにお立ち寄りくださいましー

小さいお財布


CINQ 二つ折り財布 ¥17280



saranam 三つ折り財布 ¥15120

最近、クラッチバッグや巾着、籠バッグに入るように小さいお財布を探しに来られる方が多いような気がします。

当店では長財布が独占状態だったのですが、最近では売れているのは小さいお財布ばかりです。

私はここ10年くらいは二つ折りしか使っていないので、その不便さがちょっとわからなかったんです。

長財布のメリットといえば、収納力。

家庭のお財布を預かる女性たちは、男性に比べて多くのカードを所有してます。

クレジットカード、ポイントカート、時には家族分の保険証をも持っていたりします。

収納力がある長財布にもかかわらず財布パンパンってのも珍しくないんですよね(ウメノはみんなの財布をみている)

さて、長財布をご紹介したかったのではないのですが、二つ折り、三つ折りの最大のメリットはコンパクトだということ。

普段使いは長財布でもいいかもしれませんが、レジャーやアウトドア、旅行、運動会など人が多いところへ行く時は身軽がいいですよね。

海外旅行に行くのに、いつもの財布って持っていくんですかね?

私なら大事なもの、例えば免許証や保険証、いらないもの、日本のショップのポイントカードとかは持っていかないだろうなと思います。

だって盗難とか怖いじゃないですかーー

ご提案としては、長財布持ってるなら二つ目のお財布として小さいの持っちゃいなよーってこと。

CINQの二つ折りはアルプス地方で育った牛を使ったシュリンク仕上げのお財布。

コンパクトですが、収納力はなかなかのものです。私が愛用中の財布もこちらです。

二つ折りですがポケットが多いので収納力も抜群で、カードが11枚も入り、札入れと小銭入れには仕切りがあります。

私はこれにプラスでカードケースを持っておりますので、保険証や診察券はそれにいれてます。

もうひとつご紹介するのはsaranamの三つ折り財布。

掌に納まるサイズなのにお札を曲げていれないでいいという素晴らしさ。

サイズの割に実用性が高いお財布です。男性の方だと、これが主の方もいらっしゃいます。

うしろのポケットだけでなく、サイドのポケットにも難なく入るサイズですね。

そして見た目のエロサ(笑)←ほめ言葉

エロいというか、かっこいいんですよねー

プエブロという革になるのですが、はじめはマットですが経年変化により艶々のピカピカに変身していきます。

是非店頭にてご覧くださいませ。



hacu *

hacuの春夏新作を一挙にご紹介します【長文になります】

出たばっかり!
BOATshoes in (limited color)
人気の無縫製(ホールガーメント)の5本指シューズインソックスの限定カラー2色、どちらも元気の出る色です。

内側に施された見せたくなるほど可愛いhacuちゃんの滑り止め。

実際は見えなくなりますが脱げにくく快適に履いていただけます。

しなやかで清涼感のある風合いで吸汗性、速乾性に優れた糸を使用。夏にピッタリです。

¥1512

こちらは5本指ではないタイプです。

親指部分を長めにとってあるオブリークタイプ(左右非対称)の靴下になります。

↑これが見えなくなってしまうけど、可愛らしくて良き働きっぷりをみせてくれるhacuちゃんの滑り止めです。


マジョリカ焼きのタイルのような、大柄の美しい模様を靴下に。

柄の部分は透かしになっていて 春夏にピッタリな軽やかさがあります。

履き口はゴムの上にすこしフリルをもたせましたので締め付け感が軽減した仕様になっています。

肌触りも優しく薄手ですので夏にはサンダルに合わせても◎

¥756

ホタルという名の靴下。

本当にホタルが飛んでるみたいですねー

肌触りのよい「フランスリネンコットン」糸を使い編立てています。

ポコポコした緩やかな弓状の柄は草原の草をイメージ。

凹凸が表情豊かな生地面ですが履いてみると肌に気持ちいいです。

¥864



ハイゲージのhacuのパイルショートソックス。 

クッション性に優れていますので足を通すと包み込まれるような安心感と履き心地の良さを感じていただけると思います。

2色の糸をひきそろえながら編立てており、履き口のゴム部分(かかとの上)に[h」の文字が入っています。

行楽に、スポーツに、お部屋でのくつろぎ時間に。

ご購入いただいたお客様からお褒めの言葉をいただく靴下でもあります。

¥648


さてさて、だだだーとご紹介しましたが、今ならhacu豊富にそろっております。

是非春夏靴下をお探しの方はご検討くださいませ。

毎度毎度言うておりますが、hacuは可愛くて丈夫で履き心地がいい。そして何より価格はお求めやすい方です。

オススメ中のオススメですよ。

ポルカワセリン再入荷です。

ポルカワセリン再入荷です。
毎年リピートしてくださる方も多いので、あれ?缶じゃない。と驚かれる方も。

ノルウェーからポーランドへお引越ししたことにより、容器が変わりました。

缶もレトロで可愛かったのですが、プラスチックになったことで開けやすくなりました。

北欧の厳しい環境から肌を守るため、長い間愛されてきた北欧のワセリンです。

小さなお子さまであれば、鼻の下のひりひりとか、おしりのかぶれとかにもOKです。

皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きに優れています。

家族みんなが使える万能保湿アイテムですね。

実際、ひび割れして痛いくらいの手荒れであれば尿素や抗炎症作用のあるクリームのほうがおすすめですが、それが落ち着いたら、低刺激のこちらへ移行されてもいいかもしれませんね。肌荒れしやすい方は日頃の保湿が大事なので頑張ってキレイな手を保ちましょう。

あと、花粉症の方は鼻の穴の周りに塗るといいんですって。

ワセリンは高い保湿効果の他に、肌に塗っても肌内部には浸透しにくいという性質をもっています。

そのため、肌にワセリンを塗ると肌の表面を覆い保護すると同時に、肌内部に花粉が浸透してしまうのを防いでくれるそうなんです。

実際、花粉症で悩んでいる方が毎年買いに来てくれるので効果はあるんじゃないかなと思っております。無香料タイプも出たので是非お試しください。

マスクにシュッとやるパーフェクトポーションのマスクスプレーもおすすめです。


●ピュアワセリン(青色パッケージ)
-無香料
ワセリン100%、無着色、防腐剤無添加

●ハーブエキス入り(黄色パッケージ)
-カモミールの香り
【保湿成分配合】トウキンセンカ花エキス

weaving wall hang

weaving(織物)という意味です。
ウィービングタペストリーの入荷です。

ここ最近、インテリア雑誌などでもちょこちょこ見かけるようになりました。

縦に貼った糸に毛糸で織り上げていく新しいスタイルのタペストリーです。

実はずっと欲しかったんです。私。

ただ、結構いいお値段するんですね。

出せる価格と出せない価格ってあると思うのですが、私が欲しかったのは小さなサイズで¥19000くらいで、うーんもうちょい考えようと保留にしておりました。

そんな時巡り合ったのがこちらです。
100㎝の大判サイズ、デザイン良し、価格ヨシのナイスコスパです。
インテリアというのは自己満足の世界なので、自分が好きなものというのが大前提ではないでしょうか。

もちろん独身でなく、家族がいる方はパートナーとの共通の好きが必要ですが、自分の好きなものに囲まれた暮らしをすれば、ちょっと嫌なこともプラスにはできなくとも、まーいいや。と思えるくらいになるんじゃないかなと。

自分の好き勝手できない世界というのが社会なので、社会で頑張って帰ってきた自宅くらい自分の好き勝手したいというのが私のインテリアの定義のようなもの。
タペストリーに関して言えば、無くったって全然困らないわけですが、あったら素敵だな、嬉しいな、にやにやしちゃうな。なんかいいな。って、そんな買い物の仕方はアリを優に通り越して大アリなんです。好きなら買っちゃえ!最近いつもそんな感じ。【私あまり物欲のないタイプなのでやれることですからね。マネしないでね。】

老い先なんて考えたこともないですが、年齢が増すごとに自分らしくという想いが強くってきました。他人の評価より自分の評価をあげていきたい所存です。
玄関先、寝室、リビングなど、壁の空きスペースがぐっと素敵になるはずです。おうちインテリアの向上にきっとお役にたてるかと。

お店さんにもぜひ。

↑裏返しても素敵でしょ。どれもリバーシブル可です。
¥4860~

展示会へ

展示会に行ってまいりました。

いつも早く巻いて(終わらせて)福岡の美味しいもの食べるぞーと思っているのですが、毎度5時間缶詰め。

今回はより長く…10時から15時までの6時間滞在となりました。

会場にはいつも一口サイズのチョコレートが用意してあるので、途中3つくらい食べるんです。

お腹がすきすぎて糖分不足に陥ると脳みその回転が鈍くなり、何も選べない状態になっちゃうので。

今回は5つは食べた気がします。

なぜに6時間もかかったかというと(それでも巻いた方)私の好みが沢山だったから。

やー、ほんと仕事なんですけど楽しい。そしてものすごく疲れる。これぞ展示会。

昨年大ヒットしたあの靴の予約もしてきましたよ。

ヒットすると価格も少しあがるけれど進化して(色もサイズも豊富に)よりイイものになっていくんです。

どうぞ9月入荷(すんごい先だけど)をお楽しみにしていただければと思います。

ぼんぼり祭りだよー

本日より八女ぼんぼり祭りです。
店内のピンク集めてみました。

今日はやけにコレが売れるなぁと思っていたら、1296円→410円 まさかの値段つけ間違いしてました。
やっちまいましたね。店主が気づいたのでセールは終了です(笑)暖かくなってきたのでぼんぼり祭りごゆっくりお楽しみくださいませ。

定休日

土橋市場にあるcicticの小川さん(画像1枚目)と私と夫で福岡市へ!!

久留米(大善寺)からなら西鉄特急に乗って40分くらいでついちゃいます。

西鉄は夫の元職場でありまして、久留米駅くらいでパイセンに遭遇。

さてさて旅の目的は福岡パルコであってる【超くっきーらんどNEO】へ行くこと



まるで美術館にでもいるような真剣なまなざし

このゾーンはもうなんていうか。

脳みそがボーンって・・・

本来、真剣に読むものではないです。

このゾーンは脳にも優しいよ。

これBOØWYを見てるとこね。

ご覧のとおり、笑みがこぼれております。

布袋さんのギターは段ボールギターでしたが、なんとなくちゃんとコード押さえてた気がします。

このあとGLAYと爆風スランプも登場。

夫はこれだけで800円の入場料の元を取ったと言っておりました。

映画鑑賞もできます。

画面も席数もちっさいです。

15時くらいに恵美うどん食べて、18時には梅山鉄平食堂にて夕飯。
美味しかったなー
あとで分かったのですが、私が牡蠣食べてみてーと小川さんのお皿に置いていたであろうこの時間帯に生くっきーが福岡パルコに来てたようです。

なんてニアミスなのかしら。
なんとなく情報は聞いていたのですが、ちきしょうの一言。

お腹いっぱいお店を出て、歩いてすぐのstreo coffeeに。
珍しくツーショット写真です。

小さな店内に若人がひしめいており、アラサーの私若干ひいている写真です。


プテラノドン

雪がチラついております。
寒いです。

プテラノドン入荷いたしました。






¥540
ノーライフノープテラノドン
キッズへのお土産に。
キッズみたいな心の方へのお土産に。