KIKI 2018w

すっかりおなじみになりました。

KIKIのヘアターバン2018WINTERでございます。

いつもの自分に飽きたら、是非ヘアターバンを巻いてみて。

ハードルが高いと思っているそこのあなた。

ハードルは超えられる高さにあるから大丈夫です。

とりあえず着けてみる。

これだけでハードルは1段下がりました。

とりあえず買ってみる。

これだけで2段。

あとは3日続けてつけてみる。

もうハードルじゃないも同然。

あなたもヘアターバンマスターです。

そして追加でもう一個。なんてのもいいんじゃないでしょうか。

今はネット社会でなんでもボタン1つで手に入れられる時代ですが、これだけはどうか試着してからご購入いただきたいなと思います。

頭に巻くものです。しめつけがきつかったり、逆に大きかったりしたら、せっかくハードル超えようと思ったのに台無し!!

デザインはもちろんなのですが、楽に付けられるというのが一番のおすすめポイントです。












今ならめちゃめちゃ揃ってます。

レトロなメガネケース


ハイタイドのレトロシリーズが絶好調です。

もうすぐ文具女子博が開催ですが、きっとまた素敵な文具たちが世にでるんだろうなー

こちらのレトロシリーズは昨年発売、そして文具女子博でも人気だったシリーズです。

確か、文具女子たちが選ぶ賞に入賞したんじゃなかったかな。

全カラー揃っております。

細々としたものをいれることができるのですが、お薬やイヤリングなどのなくしがちなアクセサリー入れとしてもオススメです。

一緒に入荷予定だったメガネケースもようやく入荷してきたのでこっちもご紹介です。

レトロな形が味わいのある形。THEとつけたくなるようなメガネケースですよね。

やや大きめなメガネやサングラスも余裕で入ります。

クラシックな雰囲気で、机に出しておいても可愛い。

ワンポイントで鳥のイラストと、内側にもメガネマークがかくれて、開けたときにも嬉しい気分になります。

眼鏡父さん、眼鏡母さん、眼鏡息子、みんなでお揃いなんていかがでしょうか。

1296円

磁石付きになりました

雨の日曜日です。

早いもんで、もう12月半分終わっちゃいましたね。

後は駆け抜けていくだけって感じでしょうか。

ようやく上の子二人のクリスマスプレゼントはゲットしたので

あとは末っ子のプレゼントのみとなりました。

ころころ、ころころ欲しい動物が変わるのですが、

【可愛いぬいぐるみ】というお題だけはぶれてないので

何であれ可愛いと彼が思ってくれれば納得しそうです。

さて商品紹介です。

クランピークリップが進化いたしました。

マグネット付きが登場!!

磁石をつけたら幅が広がるのでは?ということで磁石付きが発売されました。

実は、クランピークリップのみを販売していた時、お客様が自作で磁石付きを作っていらっしゃいました。

おおーすごい便利そうですね。といった数か月後にこちらが発売されましたが主婦の発明はあなどれませんね。

しっかり強力なクリップ力でA4コピー用紙なら60枚ほど保持できちゃいます。

こんなに大きなカレンダーもガッチリです。

冷蔵庫や玄関、様々な場所でお使いいただけます。

大事な案内の封書もしまうと、どこいった?どこだ?ってなりがちなので、是非ご活用いただけたらと思います。

made in USA

12/15 快晴

気持ちのいい土曜日です。

大掃除という言葉が頭をよぎりますが、みなさんはちゃんとやる派ですか?(笑)

思い起こせば、師走の日曜日は父が庭の手入れをし始め、母はお座敷にせっせと掃除機をかけていて、、、

掃除が終わった後の何も床に転がっていない部屋に何かしらスッキリした気分になったのを覚えています。

きっと散らかしたのは私達兄弟だったんだろうけども。

掃除すると心がすっきりする。という気持ちは、こういうところで覚えたに違いない。

なので、やっぱり休みの日は掃除やらなきゃな。(やるまいと思っていたのに、これを書いてやる気になってる不思議さよ)

さて商品紹介です。

先日のHERITAGE TOTE 遅れてバイカラーのTOTEとショルダータイプが入荷してきました。

先に入荷してきたTOTEはすでに旅立ちましたが、バイカラータイプもいいでしょ。








hello hello

時代はぐんぐん進んでいきますね。

来年は消費税もあがるし、年号も変わるし、ようこそ新しい時代へ!と迎えられても

首をひねりひねりしか前に進めないような気がします。

変わることへのワクワクよりドキドキが勝ってますね。

paypayだって話題になって知って数日してキャンペーンが終わってしまったので

くそー乗り遅れたという気持ちより、あら、意味も解らず終わってしまったって感じ。

そんなことを梅こぶ茶を飲みながら思う金曜日の午後です。

さてさて、商品紹介といきましょう。

AMPASAND 福岡のバッグブランドです。

何かとお役に立てれるバッグになるかと思います。

made in japanにこだわったソフトポーチバックはアウターコーディネートのアクセントや、ほどよいモード感を演出したい大人の女性にオススメです。

ちっちゃいバッグって可愛いですよね。

肩掛けにも、斜め掛けにも対応している長さ調節のできるストラップです。

牛革本来が持つナチュラルな風合いを活かす為、余計なコーティングは極力省かれています。

インナーはコットン仕様で小物を入れるためのポケットが1つ、ファスナー付きポケットが1つです。

長財布がちょうど入るよう設計されており、なおかつ柔らかい肌触りと軽さがあるので是非日常使いにも。

アウトポケットは、バッグのポケット仕様であまり見かけない玉縁仕様です。

スマホもきっちり収納できました。

サイズ(cm):w 25 x h 14 x d 3

ひとつひとつの縫製が丁寧で、ところどころ使われている真鍮のパーツが大人のカッコよさを引き立てていますね。

異素材の組み合わせってハマるとすごくカッコイイですよね。



ブラックとグレーの2カラーです。

暗くなりがちな冬の装いにはグレーがおすすめかな。

Ampersand(アンパサンド)

インターナショナルベーシックをテーマに、シンプルで機能的な商品に遊び心をプラスし、完成されすぎないモノ作りを意識して提案し続けます。

Ampersandとは人と人を結ぶ時に使われる言葉です。私たちが創るモノを通じて、多くの人が繋り、使用して頂いて「happy」になれるモノ作りを目指しています。

レシートホルダー

私の2018年買ってよかった雑貨をご紹介。

年間通してガンガン使っているので私の中で買ってよかった大賞!

おめでとう

HIGHTIDEのレシートホルダー!

領収書やレシートをまとめて整理できるものなのですが、先に申しますと756円です。

なめらかでやわらかなイタリア製PUレザーを使っており、まじまじと見ない限り紙だとは思わない気がします。

中身は7つのポケットの蛇腹式ホルダーになっており、私は主にお札を入れています。

ここは入金用、ここはレジ用、そしてお財布にたまった領収書やレシートをざっくり仕訳しています。

たくさん収集してもゴムバンドで留めておけるし、なによりスマートでカッコイイのです。

通帳も入るので銀行へ行く時はこれひとつ持っていくスタイルです。

たまにレジで現金を封筒から出している人を見かけますが、そんな方にも是非つかっていただきたい。

小銭も一応入りますし、こぼれたりもしません。

生活費を1週間ごとにわけて管理したり、目的によって仕訳したり、レシートをためて帳簿をつける人にも。
例えば旅行の幹事さん(経験アリ)とかは領収書とお金と持っておかなきゃならないし、後日整理もしないといけないので、このポケットの多さは役に立つと思うんですよね。

財布がレシートでパンパンですって方は2019年、これを使ってスマート財布を保ってほしいなと思う次第です。

それにしてもこのバッグの中身、ほぼほぼ私物ですが色味のなさがひどい(笑)

インスタ等で上手に使っている方がいらっしゃるので是非ハッシュタグ #レシートホルダー で検索をされてみてください。

あ、そうそう。私のレシートホルダーは実は2代目です。

お茶がバッグ内でこぼれて、蛇腹部分がフニャっとなってしまいました。

水没には要注意ですよ。

756円だからすぐ買い直しましたが、本来ならば2年くらいは使えそうです。

今回は

見た目もかっこよくて汚れも目立たないブラック
バッグの中ですぐに見つけられて可愛いレッド
不動の人気ブラウン、ナンバー2のカーキ
そして新色パープルも渋くて可愛いです。

リネンワンピース

上質な先染めリネンヘリンボン素材で仕立てられたワンピースです。

ウエスト切替のタックギャザー、ボリュームたっぷりな贅沢な一着。

ふわっと揺らしたくなるような女性らしい1枚です。

並んだ瞬間にお客さまが安いわね、こんなに反物使ってるのに。って。

そうそう。お洋服を作ったことがある方(生地を買ったことがある方)ならわかるんですよね。

こちらのメーカーは生地から作ってあるんですよ。とお話ししたら納得していただけました。

なんかね、こういうの着ちゃうと心がルン♪ってするのがわかるんですよね。

私もいっぱしの女性だったってことで・・・

この時期どのお洋服にも言えますが1枚だと少し心もとないのでインナーは必須です。

こちらはタートル、セーター、シャツと着方によっては何でもいけます。

1枚ならばタイツやレギンスを履いたり、更にはスカートをもう一枚下に重ねたり。

例えば全然違うチェック柄がちらりと見えたりすると上級者ですね。

前開きなのでライトアウターの様に羽織っても素敵です。

私はこの着方が一番やりそうな気がします。

ロングの羽織はなにより落ち着きますし、トレンドですからね。

ダブル仕様なのできちんと大人仕様、そして羽織でルーズに、どちらも対応しますよ。

ポケットはマストですね。







そうそう、モデルさんの画像も載せておきますね。



¥13500+tax

HERITAGE LEATHER

職人歴40年以上のキャリアを持つJose Munos氏とGustavo Gonzalez氏が2000年に設立。
培ってきた技術と経験をもとにMADE IN USAを貫き、アメリカの製造業の伝統を今に伝えています。
彼らの生み出す製品は見た目は無骨ですが頑丈な作りとリアルワーカー用に計算しつくされたスペックやディテールは定評があります。

ハードな現場で働くリアルワーカーたちが選ぶバッグですって。

アメリカ人はしゃれとるー

デニムにネルシャツにこのバッグとか、そんなんやろうなー(妄想は膨らむ もちろんイケメンが着てる)

メンズが使ってる印象をがっつり付けてしまいましたが、もちろんユニセックスです。

無骨なバッグをさらっと持つ女性ってどうですかー!よくないですかー?

私の営業さんたち(女性)も華奢な身体でたくさんの荷物を運んで持ってくるのですが、

梅野は使ってるバッグをちょいちょいチェックしております。

キャンバス地のトートは特に多い気がします。こちらのクラフト感満載のDAY TOTEは18onzの肉厚なキャンバスで頑丈な作りとなっています。

さらにボトム部分はスチールリベットを打ち込んでおり、これでもか!!!!!ってくらいのタフバッグ。

ですが、佇まいはとても品があるんです。持ち手のヌメ革が肉厚なキャンバスとのバランスをいい感じに保ってくれてますね。

使っていくうちにヌメ革がだんだん濃く変化していくのがニヤニヤポイントです。


マザーズバッグとしてはもちろん、打ち合わせ時の大量な資料や本などガンガンいれてガシガシ使ってもらいたいバッグです。

裏の店主が持つとこんな感じ。

真冬だというのに半袖で季節感なくてすいません
(いきなり外に連れ出され寒さでがっしり握っている様子がみてとれますねー)
出来る男なら鞄にもこだわってもらいたいですね。

あールンバ欲しいわ―(なにかにつけて欲しい発言)

土曜日は遅れてOPENとなります

今週の12/8土曜日は子供たちの発表会があるので午後からのOPENとなります。

発表会、息子たちの学年は手話をやるそうです。

私も小学生の時、自分の名前だけは覚えたんですが梅野に姓を変えたら う と のぞみ だけしかわからなくなりました。

私の名前は うのぞみ ですとなら挨拶可能です。

さて2005年にうまれたレザープロダクトDURAM FACTORYのご紹介。

「シンプルであること」「使い勝手が良いこと」「永く使えること」という基本的な要素を追求したものづくりを行っています。
それらはすべて職人たちの手作業によってつくられており、さらに実際に使ってみて細かな改良が何度も重ねられた結果、本当に使いやすいフォルムが導き出されます。

厚さ3mmのレザーを編み上げた個性的なキーホルダーです。

ワンタッチで着脱が簡単にできるのでベルトや鞄に取り付けておけば必要な時にいつでも取り出せる機能的な作りになっています。

フラップは編み上げているので可動性が良く自由に曲げることができます。

独特のシボ感とやわらかさが特徴の革は、使い始めから手になじむ肌触りの良さ。

金属部分は全て真鍮製、使い込むほどに鈍い色合いに変化します。

毎日のように手にするスマホ、財布、鍵。

私の想いを常に持ち歩いてちょうだいって方にとってキーホルダーはギフトとして最適かもしれませんね。

価格は¥3240です。

ちなみに私が欲しいものはルンバです。

ルンバが稼働している時は常にありがとうあなた。と感謝を述べることでしょう。

CINQ 長財布

12月に入りレザーアイテム(バッグや革小物、お財布など)がちらほらと動き出しています。

定番で置いているCINQの長財布も冬ギフト、春財布に合わせて在庫はしかっりめに確保しております。

有名なブロガーさんが愛用していることから、話題になり全国からお問い合わせをいただくお財布です。

アルプス地方で育った牛の原皮を、植物性タンニンで丁寧になめしてあります。

シュリンク仕上げの表面には独特のしわがあり、細かいキズが目立ちません。

昔ながらの方法でイタリアの職人さんが時間をかけて仕上げた素材なので、使い込むほど手になじみ、よい艶が出ます。

購入された方からも使いやすいとのお声を多数いただいております。

長く使うものだからこそ、毎日手にするものだからこそ、きちんと選んで後悔はしてほしくないなと思います。

シンプルな見た目ですが、中を開くと仕切りやポケットの多さに驚きます。

よく家庭用のお財布と自分用のお財布で分けていらっしゃる方もいますが、収納力が高いのでこれひとつで済むかもしれませんね。

価格は¥18500+tax!! ハイブランドだからといって使いやすいってわけじゃないですからねぇ。価格も半分以下の値段ですー。

来年のお財布を下す日として一番いいのは1/27だったような…

それまでに準備ですよー